新宿ACB -FINE FIELD TOUR2009 FINAL-

091113_0033~01.jpg朝起きて部屋の掃除、洗濯なんかをやって昼飯を食べてから14時に家を出る。毎度ながら近いって良いなぁってつくづく思う。
15時に箱に到着したら既にHIDETAも到着。と、そこに既に並んでいるお客さんが…いやいや別に売り切れてるわけじゃないのに・・。でも、ちょっと嬉しかった。
リハも難なく終え、楽屋でスタンバイ。ACBは一度楽屋に入っちゃってオープンすると本番まで出れないからね・・。楽屋でASTRAL MESSのタクマと一緒にドラクエ。すれちがい通信やってたらどうやらex.SUGAR HILLのエガちゃんが来てたのを発見。
そして間もなく本番スタート。
今回は絶対に酸素がなくなることは分かっていたけど、完全にその想像を超えていました。
途中で完全に息が出来なくなって、記憶も断片化しちゃって何弾いてるか歌ってるかすら分からなくなっちゃった瞬間もあったくらいギリギリのラインを超えていました・・。でも、ずっとやってきたアシベのライブの中で間違いなく一番なライブになった。ワンマンをアシベでやれて本当に良かった。
今回のワンマンツアーの全てのPAをやってくれた林さん。各会場の箱のスタッフさん、イベンターさん。そして、そのライブに足を運んでくれたお客さん。全ての人たちへの感謝の気持ちがあふれすぎてて、何か気のきいたコトバなんて出なくて、「ありがとう」しか言っていなかったかも。
でも、本当にそんな気分だった。「嬉しい」ライブって良いよね。
あ、アンコールの時にもらった15周年のフラッグが半端じゃなかった。ぶっちゃけあんなのもらったら素に戻っちゃうよ。でもホント嬉しさを通り越してよく分からん感覚になっていた。終わってからもらったお客さんたちの写真が詰まっているファイルとか、ほんとに宝物になった。バンドやってて良かったなぁ・・・って。
打ち上げはダラッバン。今月の20日で閉店と言うショックなニュースが入ってきてしまったけど、最後の最後で打ち上げで使わせてもらうことも出来たし、本当に良かった。ママも相変わらず元気にしゃべってたのを見てたらちょっと安心すらしちゃったけど。
この歳になっても、新しい出会いなんてものはひょんなところから生まれてきたりする。
まだまだワクワクする人生を楽しんで行こうと思う。

名古屋APOLLO THEATER

091107_1042~01.jpgいよいよファイナルが近くなってきたわけで、朝の9時に起きて、10時くらいに家を出発。高円寺駅前では、お祭りの準備が始まっていた。そのまま東京駅から新幹線に乗って名古屋に向かう。普段の生活リズムと変わらないくらいの感じで名古屋に迎えるってのがすごいよね。相変わらず先に運転して機材を運んでくれているHIDETAには感謝ですわ。
新幹線~東山線を乗り継いで新栄町まで迷うこともなく、すんなり行ける。日本の主要都市(含む酒田)の地図は頭にインプットされているわけだ。
前日の夜なべして作った本日の曲順リストを自分たちの分と、みんなに配るようにとの分を上のローソンでコピー。そんなこんなしているうちにHIDETAも到着して搬入。
行きなれたライブハウスだから、いろんな段取りがスムーズだ。そんなところも自分たちがアポロをチョイスするところかもしれない。野口さんとも挨拶をし、今回の解散の件もあるけど、後何回くるんだ?的なことも聞かれる。ぶっちゃけうれしい。
さすがに4本目のワンマンのリハーサルは段取りが早い。それぞれのメンバーが個々に役割もできてきているわけで、スムーズに事は進み、あっという間に本番前の楽屋。
今回はショウゴが今度の金曜日に手術なのにもかかわらず、物販スタッフで病院を抜け出して、手伝いに駆けつけてくれた。ってか、手術も大丈夫だよな・・。ニコニコしてるけど、ホントはそんなことないくせに。
っと、あっという間に本番スタート。
今回はSHACHI史上初、本編35曲。
本気で酸欠を体感しました。しかも、35曲ぶっ続けで2時間踏ん張って歌っているわけで、足がプルプル・・。それも周りの人にばれないように・・。ってばらしてるか・・。
それにしても良くやるよな・・・俺ら。
でも、それが良いんだって。他のバンドよりもたくさんの曲数やったり、誰よりもサポートしてくれているみんなとのコミュニケーションを密に取れる瞬間がワンマンだと思うし、それを相性の良い場所でやれることが本当に幸せだということ。できることならもう10曲くらいやりたいし。ま、体力的にはかなり厳しいですが・・。
2時間半くらいのステージだけど、実際はあっという間なわけで、終わったら「疲れ」だけがどっと押し寄せてくる。
打ち上げは近くの食堂でご飯+生くらいの軽い感じで、12時前には宿に戻ってそのまま風呂入って寝てた・・・。
相当疲れたんだろうな俺。

天神graf

091101_2356~01.jpg朝8時過ぎに起きて、仕度をして家を出る。羽田空港から10時過ぎの飛行機に乗って、12時過ぎに博多に到着。ココまでの流れがスムーズすぎると本当に自分が今どこに居るのかが分からなくなってくる。間違いなく博多に居る。
乗りなれた地下鉄で天神まで行き、降り出した雨を避けるため、地下道を使ってビブレの裏の一蘭を目指す。地下道とか自由自在に歩ける自分がたまにすごいと思う。
いきつけの一蘭で食べた後、grafに向かう。入り時間が15時だったんだけど、着いたのが13時半くらい。そりゃだれも居ないだろう。ってことで、最近親孝行?な感じの親不孝通りに行って、ビデオボックスで軽く1時間くらい睡眠。
そしてライブハウス入り。今回はメンバー&林さん全てみんなばらばらでの集合だった。ヒデタは2日掛けての移動ホントお疲れだ。そしてリハーサル。さすがにワンマン3本目ってことで、段取りもなんとなく出来上がってきている。チケットに書いていたオープンの時間とホームページに書いていたオープンの時間が違っていてちょっとばたついちゃいましたが・・。
初めてのgraf。GENERAL HEAD MOUNTAINのカイタとコーキから結構いい感じの箱だって聞いていたけど、ホントそんな感じだった。キャパとかもちょうどいい感じだったし、なんで今までこんな箱が博多には無かったんだろう?って思ったくらい。
ライブは男客がスゲー多かったのにアガった。ま、何より九州で、博多でワンマンができる事が本当にうれしかった。俺の人生の中にSHACHIってバンドが居て、そのバンドは九州でもワンマンライブやったんだぜって言えるんだ。
本編33曲もやってたらホント自分らもいろんなことを考えてたりする。スゲー昔の曲から最新のアルバムの曲とかSHACHI15年の歴史が頭の中を巡りまくっている。
終わってから、箱で少し打ちあがった。今回はPROJECT FAMILYっていう九州のイベントチームが手伝ってくれた。ホント色々動いてもらって助かった。九州のライブハウスは黒霧島が置いてあるからちょっとウレシイ。
そこから林さんたちと一緒に中州の屋台まで歩いて、ラーメンを食べてお別れ。
なんだか長くて短い一日はあっという間に終わった。二日分くらいを一日に凝縮したような濃さがあった。

京橋ISM

DSC03884.JPG朝10時くらいに家を出て、そこから新幹線に乗って大阪に向かう。なんだか毎月こんなことをしているような気がする・・。
実は京橋と言えば自分の生まれたところで、うちのおばあちゃんの家があったので毎年年始に遊びに行っていた。
だから、どこに何があるかとか地理は完璧に頭に入っている街なのだ。
あのグランシャトー辺りのメシ屋のにおいとか、本当に好きなのだ。
仙台と同じ時間にライブハウス入り。京橋は自分とhanknは初だったけど、箱の作りとか楽屋とかもスゲーしっかりしてて、リラックスも出来た。
リハーサルも順調に進み、ドラムセットは通常よりも前に出すセッティングにした。
スリーピースではちょっとたてに広すぎたステージだったので・・。
今回は照明でMUSHAxKUSHAと一緒に廻っているサーフさんという人が入ってくれた。
そのサーフさんの照明セッティングでhanknを照らす照明があったんだけど、そいつが結構まぶしすぎたみたいで、hanknがそれを控えめに・・とか言っちゃったが故に、実際のライブではhankn真っ暗じゃん・・。残念。
本番はぶっちゃけ、最前3列くらいしか見えなかったです。ステージからも。
後ろの人たちは本当に申し訳なかったです・・。
俺の身長がもう少し高ければ・・。
無理か・・。
今回も30曲オーバーの曲数。
ぶっちゃけ腰が痛くもなってくる。
ま、何よりそれを見てくれているお客さんたちのほうが辛いはずだ・・。
でも、みんなニコニコしてくれているのが本当にうれしい。
こっちだってニコニコするわけさ。
打ち上げは大阪王将で、G4Nのタニーと恭平、酒ちゃん(ふせちゃん?)とかが駆けつけてくれた。ex.SQUEEZEのケンスケとも色々話ができたし。なんかまた新しい出逢いが出来た。
ラストに向けて確実に思い出を作れている気がする。
あと3箇所!
ガッツり楽しんできます~。

仙台MACANA

091011_2354~02.jpg朝は9時過ぎに起きた。
やっぱりちょっと寒かった。
起きてから車の中で、曲順の紙とかなんやらをパソコンで作る。
その後仙台の街に繰り出す。
外出用のノートパソコンを使ってたわけだが、スピードの遅さを最近感じたので、メモリを探しにいった。
ぶっちゃけ遠くの地でパソコンのパーツ屋さんの場所なんて分からんわけだ。
と言うことで携帯のインターネットを駆使しながら検索。
そして発見。
どうやらZEPPの方にあるらしい。
とまぁ行ったわけだが東京の価格より全然高いわけで買うのをやめる。
そしてマンガ喫茶でシャワーを浴びて、曲順をプリントアウトしてコピー。
ライブ当日と言うのに雑用が多すぎる。俺。
それでも箱には1時間前くらいに到着しちゃって少しだけのんびり。
今回のツアーエンジニアの林さんもちょっと早めに合流できて雑談。
そしてリハ。
リハではそこまでガッツりやらず体力を残しておこうって作戦。
そんなにうまくいくもんか?
そして本番。
考えてみたらスゲー久しぶりのワンマン。1月以来ぶりだね。
ってことで30曲オーバーの体力配分なんて分からんわけで、今回はちょっと様子を見てしまったかも・・。
ま、それでも全37曲?はマジハード。
それよりも見ててくれてる人たちのほうがハードなはず。
みんな元気だよな・・って。
でもね、ホントワンマンってうれしいんです。
何がって?
全部です。
考えてみたらレコ発とか言ってCDに収録した曲全部をやったツアーはSHACHIは初めてかも。
ワンマンならではの醍醐味かもね。
来てくれた人、遠くから駆けつけてくれた人、ずっと見ててくれた人、力を貸してくれた人たち。
本当にありがとうでした!
そんな気持ちで打ち上げに行けば、そりゃ上がっちゃうわけですわ。
気がつけば2時過ぎくらいまでやってた・・。
でも、いろんな旨いものも喰えたし、幸せでした。
まずは仙台!
楽しみました!