渋谷QUATTRO ~ENDING ROLL

ついにこの日がやって来た。
1年かけて、ENDING ROLLにつながる道を確実に歩いて来た。
16年の集大成をやろうと思った時もあったけど、朝気づいた。16年かけて、それはやって来た。今日は今日のライブを全力投球しようと。
そうやって考えたら肩の荷が急に軽くなった気がした。
ぶっちゃけ渋谷という街はゴミゴミしていて好きじゃない。でも、渋谷クアトロは大好きだ。山手線を降りて、そのゴミゴミしたクリスマスな渋谷を突き抜けてクアトロまで行く。みんなよりちょっと早めに入ったが、一緒にスタッフのタケシも到着。タケシは2日前くらいに直接電話があって、最後のライブを手伝いたいと言ってくれた。ありがたいかぎり。そして、中に行くと既にカッシーが動いていた。
カッシーもまた何かしたいと言ってくれて手伝ってくれた。
PAチームはメインPAが恭平。モニターPAがアンドリュー、レコーディングオペレーターがACBの林さん。そして、照明にはACBの金澤さんが入ってくれた。これ以上ない最強メンバーなのだ。
今回はオープニングVJで、SHACHIのPVやDVDの編集をやってくれていた飯島くんが入ってくれて、エンディングVJにdustboxとかHOLSTEINの映像をやってるよっちゃんが入ってくれた。これまた豪華な訳だ。
それぞれみんなのパートが本気で全力投球してくれているのをひしひしと感じていた。
そういえばロリクレの渋谷店で先行物販を行った訳だけど、人が来すぎちゃって、警察まで来ちゃったとか・・。ってか、前日からTシャツのタタミとかいろいろ手伝ってくれた岡田ホントありがとう。
リハは何気にさっくり終わったけど、楽屋の中がすごい事になっていた。みんなみんな集まってくれた。
ぶっちゃけ、SHACHIのライブってあんまり関係者が来ないので、こうやってたくさんの関係者に囲まれる事ってあんまりない訳だ。だから逆に緊張しちゃう。
本番開始までは本当にあっという間だった。6時過ぎにオープニングVJが流れて、SEと共にステージに上がる。そこに見た光景がすごすぎた。
隙間なく人で埋め尽くされているクアトロ。他の箱でやる事とかも上がったけど、やっぱりSHACHIにはクアトロに思い入れがあってそこでやる事に決めたのだ。そのクアトロが超満員という訳だから本当にすごかった。
ライブは始まるとどんどん進んで行く。今回はSHACHI史上最初で最後の本編41曲。去年のFINE FIELDのツアーファイナルワンマンで35曲だったから、それよりもさらに多くって訳だ。
20曲くらいまで本当にあっという間にすぎて行った。途中サンタクロースのダイブなんかあったりと、すげーアットホームな感じが最高すぎた。
そして、SUBEちゃんの登場。本人もまんざらでもなかったみたいで。VOICEとトンネルをやってもらった。テンポうんぬんとかじゃなくて、SUBEちゃんがプレイしてる事がアガル。贅沢な感じだよね。ぶっちゃけ、SUBEちゃんの最後のライブ以降一緒に合わせた事なかったから、ホントにちゃんとできるのか不安だったけど、やっぱり10年一緒にやってたのはすごいのかもね。
そして再びhanknに代わって、最後まで突っ走る。久しぶりにやる曲から、今までずっとやって来た曲までホントにたくさんやれた。
何よりも、最後の最後までお客さんの顔が笑顔だったのが本当に印象的だった。そして、それこそが自分が望んでいた最高の状態だったと思う。
本編が終わってはけたところに、本当にたくさんのバンドマンが見に来てくれていた。ありがたい限りだ。
ダブルアンコールを終えた後で、エンディングVJを流す。こないだの名古屋のライブの後で撮ったコメント。言いたい事はたくさんあったけど、整理しながらゆっくりこれからまた伝えていければいいかな?なんて思う。
本当にVJで終わるつもりだったんだけど、最後の最後のアンコールがかかってステージに上がる。そこで少しだけ実感した。これが本当に最後の音なんだって。
全部出し切った後の残り汁まで全部出した感じ。感無量。
これ以上の満足感はないし、これ以上のライブもないだろう。16年SHACHIをやって来て、一番気持ちのいいライブができた。
終わってからフロアで軽い乾杯をしたんだけど、その時の写真はまた後日アップします〜。
本当にスペシャルサンクスな感じです。
結局打ち上げをやらなきゃ終わらない感じだったので、2次会へ。
とにかく身体の疲れが本当にMAXだったので、自分は3時過ぎには上がらせてもらった。
なんか余韻がありすぎて、頭の中が整理できないから、これから時間をかけてゆっくり整理して行こうと思う。
とにかく言葉じゃ言い表せない最高の極上の一日だった。
SHACHIやってて良かった。
HIDETA,hankn,SUBEちゃんホント今まで一緒にやってくれてありがとう。
そして、16年間聴き続けて来てくれたすべてのみんなにありがとう!

名古屋DIAMOND HALL ~ENDING ROLL

まさかダイヤでイベントなんてやれると思ってもいなかった。
101219_1703~01.jpg初めて名古屋でやったライブは藤が丘のMUSIC FARM。お客さんなんてほぼ皆無だった。それでも絶対にがんばるんだって気持ちだけで突っ走った。
最後の最後にダイヤモンドホールでイベントを打てた事は偶然とかじゃなくて、もしかしたらこれが結果だったのかも知れない。
そして、そのダイヤモンドホールをこのタイミングでおさえてくれた野口さんに本当に感謝している。
前日3時くらいまで打ち上がっちゃったけど、ダイヤのすぐそばのホテルだったので、何気にちゃんと寝れたし、スッキリ起きれた。
11時入りでリハをやって、それからサウナに行って前日の酒を少しだけ抜いてきた。
楽屋ではストンピンのホリとかホスコのドーメンとかみんなでモンハン3。完全に乗り遅れてる感を感じてしまったので、栄まで繰り出してモンハンをゲットしに行った。
最初の店は完売で次回入荷未定って書かれてたので、もしかしたら全然手に入らないのかな?なんて思ったけど、次ぎに行ったTSUTAYAでサクッとゲットできた。ま、ぶっちゃけゲットしたところで初期設定してたら一緒にやる時間すらなかったんだけどね・・・。
そんなこんなしているうちにあっという間に開場。そして開演。
一発目はTHE BOOGIE JACK。個人的にすごく思い入れのあるバンドなのだ。初めて一緒にやったのは中部TRACKの紹介だったかな?名古屋のロックンロール。その前に実は音源をもらってて、聞いたら打ちのめされた。それでJUNK2に誘ったわけだ。しかもこの日はJUNK2な感じのセットをしてくれた。ホントに涙が出そうになった。そして、ブギーからの「復活宣言」。2階のゲスト席から見させてもらったけど、みんなの待っていた感が半端じゃなかった。すごく良いものを見せてもらった。やっぱり好きだな〜って。
そして二番手がHOTSQUALL。まさかのROCK’NROLL SUPER STARのカヴァー。しかもすげーきっちりやってるからびっくりじゃん。それにしてもホスコのセットも完全に黄金パターンの攻めモード。すごかった。横で見てても目を離せない感じだった。ちょうどhanknが加入したくらいから一緒にやる事が多くなったバンド。実際は前からDOACOCKとかと一緒に絡んでたんだけどね。hanknにとっても思い入れのあるバンドなんだと思う。
そしてSTOMPIN’BIRD。本当に同期と言えるバンドだろう。お互いがファーストアルバムを出すか出さないか位のときに知り合った。考えてみたら初めてツーマンやったのもストンピンだった気がする。関東近辺は結構ストンピンのほうが動いていたので、いろいろとツアーのサポートをしてもらった。前のドラムのネギが抜ける時とか、レコーディングに遊びに行ったときにまさかのコーラス参加とか、何気に思い出もたくさんある。ヤスが感情的になってたのもすごく響いた。でも、結果すげー良いライブをしてくれた。本当に今までありがとう!
スタンスパンクスとは何気に名古屋で一緒にやる事は多かったかも。解散を発表したときに真っ先に電話して来てくれたのがツルだった。そして、今決まっているライブで一緒に行けるところ行こうって言ってくれた。こいつらは本当に何も変わっていない。ドストレートなバンドだから大好きだ。今年はずっとライブに誘ってくれたんだけど、最後の最後でこうやって自分らのイベントに声をかける事ができて良かった。カッキーが脱退してしまったのは残念だけど、本人たちはまだまだがんばって行くって言ってたので心配はなさそうだ。俺も応援している。
そしてホルモン。
大きくなりすぎちゃって、簡単に一緒にやれなくなっちゃったけど、本当にすぐそばにいたバンドなのだ。一時期月間対バン回数ナンバーワンだった頃とかもあるくらい。それにしても本当に圧巻なステージ。持ち時間が短かったので、本当にあっという間のライブに感じたけどその中にガッツり詰め込んでくれていた。メンカタこってりの昔バージョンとかもくそアガッタ。
そして自分たちの本番。のどの調子はちょっと良くなかったけど、歌い始めたらなんとかなったかな?て感じだった。今回はメインエンジニアでアンドリュー。モニターエンジニアで恭平だった。アンドリューの広いホールでの「爆音」がホント気持ちいい。アガル要素がたくさんある訳だ。
超久しぶりの「29時」はファイナルでの曲から漏れてしまった曲だった。「さくら」もファイナルからは漏れてしまったけど、こうやってギター持って最後にやれたのは良かったと思う。
アンコールは予定外のヒマワリまでだったけど、気持ちをぶつける事ができたと思う。これがSHACHIなんだなって改めて思った。
あの空間を共有してくれたすべてのお客さんと、バンドマン、スタッフさんに本当にありがとう。言葉じゃ言い尽くせないくらいの感謝。
とにかくイベンターとか一切使っていないのに、あれだけのイベントがきちんと運営されていた事が本当にすごいと思う。ダイヤモンドホールって、「ライブハウス」なんだ。
打ち上げはまさかの二日連続同じ場所。中華。打ち上げにすげー豪華なメンツがそろってくれるのもこのENDING ROLLだからこそだろう。
ありがとう戦友。ありがとう仲間。ありがとう同志。

名古屋APOLLO THEATER ~ENDING ROLL

20101218.JPG朝6:30起き。そこから支度して7:00過ぎくらいに家を出る。8:00前くらいの新幹線に乗って名古屋に10時半くらいに到着。
東京~大阪間の新幹線に乗り慣れたから、名古屋なんてホント近く感じる。
いまさらになってまた触り始めたモンハン2Gをやりながらあっという間に名古屋。
11時入りだったのですぐにリハが始まる。リハをしながら続々とバンドが到着。今回のこのENDING ROLLは何と言っても全会場メンツが濃すぎる!
リハ後に楽器屋さんに行こうと栄のパルコを目指す。中に島村楽器が入っていることは知っていたが、他の楽器屋さんを知らないと言ったほうが正しいだろう。
パルコではニューロティカのファッキンクリスマスのイベントでPANやGELUGUGUが出演だった。完全に裏番組になってしまった・・。
でも、アッちゃんはじめロティカのメンバーにも挨拶できたし、GELUGUGUのメンバーやREAL REACHのメンバーの顔も見れて良かった。
で、弦を買ってからその辺をふらふら。何気に一人で土曜日の昼間に入って食べれるところなんて少ないんだよね・・。
ホントはPANのメンバー捕まえていっしょにご飯食べに行けるかな?なんて思ってたんだけど、twitter見てたら時すでに遅しって感じ・・でした。
しょうがなくふらふら歩いてたらビルの地下に「矢場とん」発見。矢場とんって言えばツアーバンド御用達のあの味噌カツ屋さんじゃありませんか!
何気に自分まだ行った事が無かったので、迷わず入る。どれだけうまいんかい?ってね。
ところが、メニューの1P目の左上にあった「鉄板味噌カツ」の定食(1700円)を頼んで食べてみたのですが、脂身だらけで食べれたもんじゃない。しかも味噌が味薄いし・・・。
実際結構ショックだった。やよい軒の味噌カツ650円のほうがぜんぜんおいしいと思う。
ま、そんなこんなで微妙に胃がもたれそうな感じだったので、またさらに新栄まで歩いて戻る。
ちょっとしてライブが始まる。
PANのごっちがライブ前に軽く顔を出しに来てくれてた。
そしてライブが始まる。一発目はGOOD4NOTHING。もう言葉は要らないんだな。本当にたくさん思い出を作ったバンドだ。今回のセットリストはHIDETAのチョイスでやってくれたみたいなんだけど、それは俺も同じものを聞きたかったわけさ。本当に「ありがとう」なライブをしてくれた。やっぱりGOOD4NOTHINGが一番目をやってくれて良かったと思えた。まさかスネのドラムで「宝」を聞けると思わなかったし、アガった。
そしてUNLIMITS。まさかのベースのジマ歌いの「あかし」。これにはホントびっくりした。ジマといえばhanknの前にやっていたバンド「ブリキンホテル」のベーシスト。そしてHIDETAと同じ高校っていう地元の後輩なわけだ。そういえばhanknはツッキーとの事でもいろいろとバンドに迷惑かけたな・・。hanknが加入してからどんどん一緒にやる機会が増えたバンドでもある。何か勝手に縁を感じてたんだよね。
三番手は大先輩BOMB FACTORY。本当に10年以上前からお世話になっている大先輩のバンド。芯が全くブレない。さすがの貫禄。このへヴィな音の中にあるメロディアスな部分がマジでつぼなんです。そして、メンバー全員が超優しい。SHACHIにとって兄貴的存在のバンド。今回のこの誘いもすぐに快諾してくれた。めちゃめちゃうれしかった。
そして最若手のGENERAL HEAD MOUNTAIN。ドラムのカイタが高校生の時からの付き合いだね。宮崎に行くときはほぼ必ず一緒にやってもらってた。宮崎の旨いものもたくさん教えてくれたし、SHACHIが宮崎を好きな理由のひとつでもあるバンドなんだね。そんなジェネもめきめき力をつけてきて、すごくベースの固いバンドになりつつある。なんか親心かわからんけど、こいつらがどんどん有名になるのがうれしいんだよね。新しい曲とかもどんどん深みが増してきてるし、聞けば聞くほど、噛めば噛むほど味が染み出してくるバンドだ。
そしてSABOTEN。先日宇都宮でAFRICAN MARTENSのファイナルを終え、そして今回はENDING ROLL。同じ日本語で歌うバンドとして、一緒にシーンを作ろうって話とかもしてたし、実際にアフリカンマーチンを通していろんなチャレンジができたと思っている。特にうちらとの間にいつも入ってくれていたカッシーにはホント感謝している。自分の仕事も忙しいはずなのに、アフリカンマーチンのことになるといつも先頭に立っていろいろと動いてくれていた。不器用なメンバーの潤滑油的な存在。それにしても、今回のSABOTENのセットは完全に「攻め」だった。キヨシっぽくてよかった。ヤッソーの手も早く治るといいね。
そして自分たちの本番。今回もまた大阪と同じく「ボーリングシャツ」で揃えてみた。これをすると気持ちが引き締まる。今回のアポロのセットはうちらも同じく「攻め」だった。やっぱりライブハウスは好きだし、あの感覚の中の「最高」の状態を作ってラストのアポロを飾りたかった。
予想以上に空気は薄かったけど、完全にランナーズハイな状態で意味がわからんくらい楽しめた。見る顔全部が笑ってくれていた。本当に「ありがとう」しか出てこない。
アンコールが終わって楽屋でくたばってたら、ボムのしらさんに楽屋からアンコールをあおられて完全に予定外の更に一曲・・・。外してたメガネをかけ直す・・。
でも、終わってみたらやっぱり「最高」の二文字。
本当にありがとう。
お客さんが全然いない名古屋のライブから始まって、最後はアポロとダイヤのツーデイズとか面白いくらいサクセスじゃん。
これ以上の幸せは無いだろうと思う。
打ち上げはそのテンションのままみんな参加で大宴会!
ボムのカズヤさんに「帰さないよ」って言われたら帰れるわけ無いじゃないですか。
びっくりするくらい打ち上げになると喉の調子は良くなるんだよね。前日の忘年会がうそみたい。
楽しい夜は4時前まで続いた。

心斎橋QUATTRO ~ENDING ROLL

101210_2047~02.jpgいよいよやってきた。
先週の土曜日の熊谷でオープニングアクトにPANの出演が決まって、タイムテーブルが1時間前倒しになった。
ということで、朝6時半には家を出発。7時過ぎの新幹線に乗って大阪に向かう。
よくよく考えたら平日の昼の新大阪駅なんて始めてかな?ってくらい修学旅行生とか旅行客とかで込み合っていた。それにしても新大阪駅はうどんのダシのいいにおいがプンプンする。お腹が空く駅だ。
そこから御堂筋線に乗って心斎橋に向かう。個人的に早くSuicaで大阪の地下鉄くらい乗れるようになって欲しい。あと、名古屋と福岡の地下鉄も。
到着して間もなく10-FEETも到着。続々とメンツがそろう。
今回のツアーPAは恭平にお願いした。段取りもカナリ早い。恭平自信もともと心斎橋のクアトロで働いてた時代もあったからね。
リハ終わりで外に出たらex.FIRST SOUPのキンちゃんがチャリでやってきた。昼飯時だったらしかったので、PANのカワさんと一緒に便乗してランチを食べに行ってきた。妙な組み合わせかも知れんけど、そんなに妙でもないんだよ。
そして楽屋に戻る。とにかく楽屋の中がにぎやかだ。ホントあのメンツが豪華すぎた。
そして本番がスタート。
一発目は30分前倒しのオープニングアクトとして、PAN。ってかいきなり会場が熱気に包まれる。ハジメちゃんも今年一杯だし、PANとは10年くらい付き合ってきたけど、ファイナルで一緒にやれないと思ってたのに、まさかのこのクアトロで一緒にやれたことがホントに嬉しかった。あふれんばかりのパワーを一発目からガッツりぶちかましてくれたPANありがとう!
そして、SMASH RAID。アキがさ。ホント不器用なんだけど言いたいことはすごく伝わったよ。R&R BUSTERのカバーとか思い出がありすぎるね。うちらの初めての大阪はベイサイドだったけど、まともに大阪ツアーしたのはSMASH RAIDと一緒に行った千日前のクラブウォーターだったかもね。最初と最後を一緒にやれたのは本当に運命だよ。ありがとう。
そしてGELUGUGU。まさかのR&R BUSTERのカバー。しかも超かっこよく仕上がってた。さすがのキャリアを感じる。それにしてもゲンさんのMCが本当にノリまくってた。たくさん笑顔をもらった。GELUGUGUは自分の中ですごくハッピーなスカバンド。たぶんこれからもずっと見ていくと思うし、本当にすごく良くしてくれる兄貴でした。ありがとうございました!
爆音と共に出てきたROTTEN GRAFFTY。新しいアルバムをリリースしてから更にパワーアップを続けている。フロント二人が同い年って言う完全に同期のバンドなんだよね。豊田のWAONで始めて見た時にすごく衝撃を受けたのを今でも覚えている。ナオキのパンク思想的なところとか、ノブヤの思った以上に人間臭いところとかホントこのバンドは誰よりもインディーズの臭いがプンプンする。そんな音楽のスタイルも形も全く違うバンドなのに中身で繋がれたことは本当に誇りに思う。力強いライブを本当にありがとう!
そしてJr.MONSTER。SUBE時代メンバー全員同い年だったのがうちとジュニモンだったんだよね。SMILE SMILEってオムニバスのレコ発ツアーの健康ランドで意気投合してからだから10年以上の付き合いだ。お互いが東京のバンドだったのと、初期の頃はそんなにツアーに回らなかったジュニモンだったので、そこまで一緒にやる機会は少なかった。でも、要所では必ず一緒に居た。それが同期ってものなんだろうね。先日リリースしたばかりのジュニモンだし、これからもまだまだマイペースにガッツりやっていくと思うから、俺もずっと見ていこうと思っている。ありがとう!
そして10-FEET。本当にずっと頑張り続けてどんどん大きくなっていった同期。雲の上まで行っちゃってるのに、いつもすぐそばまで降りて来てくれる。そんな存在。タクマもコウイチも同い年。10-FEETが東京に出始めの頃にCYCLONEでブッキング出てた頃とか今でも憶えている。RiverのツアーでUZUMAKIを紹介してくれたり、ロットンと一緒に回ったツアーとかすごく楽しい事をたくさん与えてくれたバンドだ。そういうことが好きな連中なんだろう。更に挑戦を続けている奴らのスタンスを本当に心から応援している。そして、何よりあの「当時」の曲を連発してくれたセットリストに感謝。ありがとう。
そして本番。
裏には出演してくれたメンバーの他にも、GOOD4NOTHINGやSUNSET BUS、ナルシスト侍アヒルとサカチャン、EGGBRAINウッチー、HEY-SMITH、SMASH UP、カワジンなどなどみんながこの日に顔を出してくれた。
今までやってきたことが、本当にすごくいい形で完成したんだなって思えた。
ライブ中たくさんの事をしゃべりたかったけど、言いたいことが多すぎて上手くしゃべることが出来なかった。
総括すれば「ありがとう」なんだけど、一言じゃ言い終われるわけがない。
なんかそんなもどかしさすらあった。
与えられた時間は一瞬で、ボーっとしてたらあっという間に過ぎ去って行く。
だからこそ、その瞬間に詰め込めるだけ詰め込みたい。頭を使ってる暇なんかないかも。
考えるよりも先に動く感情でその瞬間を満喫するのだ。
最高すぎるメンツ。
最高すぎるホールに集まってくれたお客さん。
みんながいて、「SHACHI」がファイナルをやれた。
それが事実。そして現実。
今までやってきて良かったと思えた1日だった。
日を改めてまたこの気持ちを言葉に代えたい。