弾きたがり東京支部会 〜 hopesign TOUR2018

昨日は仕事を16時半に早上がりさせてもらって高円寺に向かった。hopesignのツアーで東京高円寺公演を自分が主催で組んだイベントだ。

普段やってる弾きたがりでは持ち時間が短いので1〜2曲なんだけど、こういう日は弾きたがりの看板でも30分近い時間があったりするので、いつもより曲数がプレイできる。そんな日をちゃんと作りたいなって思って開催。

今回は北海道からhopesignが東京にツアーで来るって話で、これはやりたいってなって組んだ経緯。hopesignのツアーサポートは何度かやってるし、個人的にも好きなアーティストなので。

ここに弾きたがりで一応良心枠に属するミカシュンこと三上隼を誘って弾きたがり色を出しつつもイベント全体のクオリティをグッと上げてみた。

さらに弾きたがり色だけだといつもと変わらないなーと思って、SPLASHのコイケと3SET-BOBのアコースティックセットに声を掛けてみた感じた。

開場は金曜日だったので18時半と少しだけ遅めに設定して、仕事帰りの人でも来れるように考えてみた。で、19時にまず自分が出番。集客的にもきついところは自分が頑張るしか無いので・・。

昨日は、

1.ゴミ
2.ONE
3.Magic Hour

の3曲。もっとやるつもりだったけどタイムを見てたらあっという間にそんな時間だった。喋りが多かったのかなー…。色々反省点はあったな・・・。ゴミで初めてカポを使ってみたんだけど、やっぱもっと練習しなきゃだめだなー。

そう言えば演奏中にチューナーを落としてしまったんだけど、遂にご臨終っぽい…。カツンって落ちただけなのにだめっぽいわ…ショック。

SPLASHのコイケはギターのケンタを連れてきて2人でのプレイだったけど、さすがのヴォーカル力は良かったなー。終わってからコイケもケンタも一人でもやってみたいっぽいこと言ってたのはいい影響なんじゃないかな。弾きたがりの本編にも誘ってみようかなw

ミカシュンは相変わらず耳に残るナイスメロディ。そう言えば年齢の話で若いのは知ってたんだけど、まだ25歳?って焦り。というか出会ったのが20歳くらいの頃だったわけかー。時が立つのはえーなー。

で、サンボブのアコースティックセット。考えてみたらちゃんと見たの初めてだったけど、このスタイルで最近ちょこちょこやってるらしくて場慣れした感じはあった。まだ課題はありそうだったので終わってからアドバイス。まぁ俺がとやかく言えるようなレベルではまだ無いけどw

そしてhopesign。ホントはもうちょっと演奏時間あげたかったんだけど、出演数とか全体の流れを見てたら申し訳ない感じになってしまった。それでもきちっとやることやっていってくれるステージは良いよね。ケンタが結構刺激受けてたのは嬉しかった。こういうアーティスト同士の科学反応とかも主催者の楽しみなんだな。

終わってからくらいのタイミングでOWEAKのダイスケも顔出しに来てくれたり何やかんや金曜の夜は満喫してたなー。こんな感じでワイワイやってる雰囲気がもっと伝われば遊びに来てくれる人も増えるのかなー?なんて思うけど、如何せん知名度がまだまだ低いので…。がんばります!

反省点は多かったけど、こんなのもちょこちょこやっていきたいなーって次に繋がればと強く思った。

ありがとうございましたー。

黄金!アコギ大会 @府中Flight

昨日はnotyetのマサシに誘われてブッキングしてもらったアコースティックのライブに参戦してきた。ど平日という事もあって仕事終わりでの参戦だったので19時の満員電車でギター抱えて府中へ向かう。マジ京王線の満員具合が悲惨過ぎた…あんなので毎日通ってたら頭おかしくなりそうだ。

開演自体は19時半だったけどギリ遅刻くらいで到着。一発目はびうら(MY CONFIDENCE SONG)。後から聞いたらWALLとかでも会ったことはあるらしいけどこうやってちゃんと認識したのは初めて。

二番手は元気堂の田中。去年末に呼び出して今後どうするんだ?的な話をした時にそう言えば一人でもアコースティックとかやればいいじゃんって話をしてたような気がする。ようやく実行に移し始めたって感じだったけど改めてアコギ一本で自分の歌を歌ってみると気づくことって多いから絶対に勉強になると思う。

いとしゅう(Negative Campaign)はハジメマシテだったけど、バンド名のまんま超ネガティブなやつで面白かったw自分とは違った独自のものの見方って言うのかな?めっちゃ興味深いやつだったなー。

そして塩田竜平(Material)。ex.forestribeって言われてあー・・って感じだった。本人たちもわかってなかったらしいけど、田中からの3人はみんな同い年で三十路に入ったばかりの連中だったみたい。それぞれバンドやりながら色んな葛藤とか持ってやってる世代っていうのかな。共通点が多かったんじゃないだろうか。

それにしてもみんなおしゃれなコードたくさん知ってるよなー。勉強になるw

そして自分の出番。昨日はエピソードを喋りながら曲に持っていくスタイルでやってみた。自分にはそれが向いているような気がする。

1.ゴミ
2.のら犬
3.ONE
4.Magic Hour

以上4曲。もうちょっとやれるかな?なんて思ってたけど案外時間ってあっという間なんだな。FlightはPA席の後ろに電光の時計が付いているので自分のプレイ時間がひと目で分かるのは助かるw

そしてラストはユタ州ののぶと。3月のSTUNNERのツアーでググッと距離が縮んだユタ州。まぁ今までなんで知り合ってなかっただろう?ってほうが不思議なくらい。それにしても説得力のある歌を歌うよなー。めっちゃ勉強になる。

打ち上げは出演者で丸くなって色んな話ができて良かった。グイグイ来るところはマサシがしっかり育ててるって事かな。実のある話が結構できたような気がする。終電ギリギリだったけど良い時間を過ごせた。

まぁとにかく今回もまた自分が客を呼べないのが一番の反省点。色んな角度から自分を見直して行かなきゃな。もっと練習して、もっと場数踏んでやってかなきゃな。

がんばろー。お疲れさんでしたー。

弾きたがりJAPAN TOUR2018

朝5時のアラームで起きれず6時起きで支度
トモヤから聞いたスポットを目指す
魚は肉眼で見えるところにたくさんいるんだけど、全然興味を示すそぶりもなく、8時くらいで諦めかけた時にようやくヒット!
小さい見覚えのあるカサゴが
1匹釣れて満足しちゃって、それ以上の欲もなく宿に戻って洗濯。服はそれほど一杯持って来てなかったので洗わないと帰りの服が無かったし。宿のランドリーで十分。
昼メシは近くにあった「波布食堂」と「しろま食堂」ってのが気になってたんだけど、どちらも営業してないみたいだったので逆方向にあった「高良食堂」って方に行ったんだけど、ここが大正解!沖縄で初めてちゃんぽん食べたー。うまいさー。
天気は相変わらず快晴だったので、そのまま波の上のビーチまで歩く。月曜って事で全然人気のない砂浜だったのでここぞとばかりにドローン練習。めちゃ爽快!
ただ、ドローン終わった後で砂だらけでしたがw安物だから全然痛くない。それよりもドローンって物を肌で覚えるには格好のロケーションすぎて最高。
お腹は満腹MAXだったのでまた一旦宿に戻ってひとっ風呂浴びてオリオンビール片手に少しお昼寝。完全にリゾート気分満喫な自分に酔うw最高すぎる休日。
いや休日じゃない。
16時にoutputに行ったらHICだけしかいなかったので急接近。お初だったけど共通話題が多かったので話してておもろいやつだった。マーくんの紹介だから大丈夫か。
リハは飛行機が遅れてた組とかが居たためその場に居たメンバーだけでこじんまりとやってたけど去年に引き続き1000ベロな良いお店に満足。
程なくして開演。一発目がHICだったけど思った以上にしっかりした歌でよかった。バンドで見てみたいなー。
沖縄支部長のヒーロも気付けば子供産まれて家族3人でステージ上がってリハやってるのとか想像つかなかったなwそんな彼らをずっと弾きたがりは見てるんだーって思うと中々捨てたもんじゃない企画だよなこれ。
少年レジスタンスのミナトと翔は声聴くだけで安心というか。ホントは終わってから色々話できるかなー?なんて思ってたんだけど、お迎えが来ちゃったみたいですぐ帰ってたんだね…くぅーもっと喋っときゃ良かった。てか早く対バンしたいなー。
自分の出番。全然練習できてなかったけど、
seasky
Magic Hour
以上二曲。イベント自体も押してたけど、そこはウチナータイムだから特に気にせず、年に一回しか行けてないんだからキチッと置いていけるものは置いて行く。
そういえばサルーンさんが連れてきてた台湾人のカップルの彼氏の方も飛び入り参戦で、まさかのそのステージから歌でプロポーズとか!感動して涙出ちゃったわw弾きたがりでいいの?って感じだったけど、結果弾きたがりで良かったんかなあのゆるい感じがw
打ち上げは例年の居酒屋、シメは沖縄そば。完璧なコース。自分以外の内地組は翌日離島に行くとかのプランだったみたいだけど、結局2時くらいまでやってたからなー。みんな大丈夫だったのかな?
宿帰ってアラームだけかけてそのまま爆睡だった。長い1日だったけど充実してたなー。
おつかれさんでしたー。

神田SHOJIMARU ~魂圧vol.10

18:30定時で仕事を終えて神田に直行。丸ノ内線で一本の淡路町の駅で降りて徒歩2分ほどのライブハウス神田SHOJIMARU。

今回は前に北海道から来てたhopesignのアコースティックイベントの時にハンサム判治さんからまたやろうって誘われてたあイベントがまさかのライブハウスが無くなるという流れで急遽こちらのSHOJIMARUになった経緯。

結構ギリギリだったのですでに一番手のTHEだいじょうぶズのコウスケのプレイ中。最初からいたかったけどさすがに19時スタートでも間に合わなかった…。終わってから少し話したら、どうやらTHEだいじょうぶズはex.藍坊主のドラムの亀井が叩いてるらしいじゃんw何かめちゃ繋がってるし!

2番手はhidavicious。相変わらずのクオリティと鍵盤がマジ羨ましい。やっぱ歌が上手いやつはいいよなー。自分は自分なりのことしか出来ないけど、表現力ってのはあればあっただけ色んなこと伝えれるだろうし、やってて楽しいんだろうなーって思う。勉強になるわ。

その次に出た赤塚テレビさん。どう考えても自分の後にやってほしかった先輩だったけど、多分自分の仕事終わりの時間を考慮してくれての出順だったっぽくて・・。いやしかしインパクト最高。hidaviciousが誘ってきてくれた方なんだけど見た目とは裏腹終わってから話をしたらメチャメチャいい人だったw

そして自分の出番。今回はリハも無かったし、久々に自分の安物のギターとピックアップでの挑戦って事もあって焦らないように落ち着いて…って感じだったけどやっぱ舞い上がっちゃうねステージ立つと。

普段のエレキ持ってる感覚と全然違うし、勢いでどうにかなるものでも無いからとにかくきっちり自分の伝えるべきものを伝えに行かなきゃならない。冷静に熱くってのが一番ハードル高いよな。昨日の4曲はこちら。

  1. ゴミ
  2. のら犬
  3. hand in hand
  4. Magic Hour

今回はハンヂさんもヒダも居たし、何となく昔の曲引っ張り出してこよう・・って思ってのら犬って曲をやってみた。昔に参加したオムニバスのSmileSmileに入ってる曲。特にアルバムで再録もしなかったからミニアルバムを出していってだんだんやらなくなっちゃった曲かな。20歳くらいの頃に作った曲だけど当時の気持ちがすげー蘇って新鮮だった。

ホントは持ち時間的にもうちょっとやらなきゃ行けなかったんだろうけど進行時間を見てたら結構押し気味だったのと自分がまだ半人前感が強かったのでそこで終了。こんな感じだけど、次回はもっとちゃん曲数やれるように練習しておきたい。

そしてラストはハンヂさん・・・のハズがドラマーが入って2ピース。箱の店長さんっぽいのはわかったんだけど、ヒダが教えてくれて判明。事前に下調べしてなかったのですが、ドラム叩いてたしょーじまるさんはなんとあのデイドリームビリーバーを歌ってるタイマーズのドラマーの方らしいです。セブンイレブンでエンドレスに流れてるやつね。

というかメチャメチャ良いドラムってこういうドラムなんだって改めて思った。ドラムのビートでお酒がススム。最強でした。もちろんハンヂさんのメッセージ力もスゴイし。

終わってから箱で少し乾杯して交流してTHEだいじょうぶズのコウスケとも話ができたりと自分的な収穫はあったけど、やはり告知不足だったりとか集客の面では何の足しにもなっていない自分が不甲斐なかった。色んな意味で課題が満載だったな。

終電ちょっと前にはみんな終了な感じだったので自分もその流れで帰ることに。翌日の事もあったし。

とりあえず凄くまた勉強になった一日。また次の弾きがたりも決めたし。弾きたがりもあるし。

2018年はアコースティック頑張ろう。

おつかれさんでした。

アコギの練習

昨日は個人練でアコギの練習。今週末は神田でアコギのライブ。

弾きたがりを始めてからアコースティックのライブをやる機会が増えて、SPREADのタクヤさんに大阪喫茶部に誘ってもらったり、今回はハンサム判治さんに呼んでもらったアコギイベント。

たぶん自分以外はみんなアコギのライブを実際にたくさんやっている人だろうから俺みたいなにわか仕込みは相当頑張んないと一緒にステージに立つことすら申し訳なく感じてしまう。

そもそもアコースティックギターはエレキとは全然別物。弦もエレキは4~6弦の3本が巻弦なのに対しアコギの方は3~6弦までの4本が巻弦。これは要するに「太い弦」って事を意味する。ホント0.1ミリ違うだけで全然感覚変わるからなー。弦を押さえる左手の握力とかも特に。こんだけエレキ弾いててもやっぱり勝手が全然違う楽器。

さらに歌い方もエレキの時みたいに爆音の中で歌うわけでなく、すごく繊細な音の分しっかり気持ちを伝えなきゃならない比重が大きいのでレンジの広い辺りのコードのメロディに変更したり。だから普段身体に染み付いているコード感と全然違う曲を演奏するくらいのハードルはある。

という事でアコギのライブってそんなに容易なことでは無いんだけど、その分バンド形態とはまた違う楽しみ方もできるので最近ハマっている。醍醐味はやっぱりちゃんと聴いてもらえてる感かなー。弾きたがりなんかは特にそう言う力が試される。

ぶっちゃけ歌唱力とか上がるならもっと修行したいし、一人でツアーとかも回れるなら更に色んな所行けたらいいなーって思うし。

まずはそんな修行の第一歩の神田でライブ。いよいよー。がんばりますー。よろしくどうぞー。

弾きたがりJAPAN TOUR2018〜沼津公演

朝は10時過ぎくらいに目が覚める。5時前くらいまで打ち上がってたからそんなに睡眠が取れてなかったっぽい。ホントはもうちょっと余裕持って起きれたらサウナでも行って汗でも流して…みたいな感じだったけど全然時間ナシ。

とりあえず朝飯的な感じで11時オープンのラーメン屋に入ってサクッと食べて前日ギターを預けさせてもらったGREENスタジオへ。そこからアリアプロの事務所へギターを持って行ってメンテナンスに出す。ちょうど大阪にいるタイミングだったし、次のライブまで暫く時間が空くのでオーバーホール。

心斎橋から新大阪まで御堂筋線で上がって、新大阪駅で551の豚まん買って新幹線にライドン。昼時の新幹線の豚まんの匂いなんてかわいいもんだぜ。

新幹線は「ひかり」が京都・名古屋・浜松・静岡で停まってくれるので、静岡で下車からの東海道線で沼津に向かう。静岡から沼津までは大体1時間くらい。駿河湾を望むぶらり旅的な平日の午後はいいねー。

16時集合の沼津駅に続々と弾きたがりメンバーが集まって、マスターの車でリハーサル会場の寿司屋へ。弾きたがり史上一番静かだったんじゃないか?ってくらいのガチ寿司にテンション上がってましたw

帰り道で宿にチェックインして19時スタートのQuarsへ。昨日はレギュラー勢と同じくらいの数の地元勢でなかなかいい雰囲気の会場。自分の出番は結構遅めだったんだけど、体調的なものがあまり宜しくなくて不甲斐ないライブだったのが反省…。

  1. hand in hand
  2. Magic Hour(途中リタイヤ)

気持ちのスイッチがきちっと入らないとダメだなーって反省。今週の金曜日はそのへんもきっちり詰めておきたいかな。

尻上がりで体調が戻ってきた感じがあった夜だったかな。気づけば2時前くらいまで打ち上がっちゃってたりとかマジバンドマン生活モード。沼津には遠藤さんを慕って集まってる若い連中が多くていいよね。SHACHIでもまた沼津は行きたいなー。その時はグーフィーと一緒にやれたら面白いなーなんても思った。

沼津は俺の弾きたがり人生のスタート地点。また今年もちゃんと拝むことが出来たQuarsの看板。

おつかれさんでした!

弾きたがりJAPAN TOUR2018 〜大阪編

宿が2連泊出来なくて11時にチェックアウトだったので10時前くらいに起きて街に繰り出す。

とりあえず風呂に入りたかったんだけど行きつけの先頭が月曜定休でいきなりノックアウト。いきなり流れを変えられちゃったけど朝食のラーメンは道頓堀の東大へ。すげーイマイチだったのがショック…。

そこから身体のリフレッシュをしに前回も利用したマッサージ屋さんへ。全身もみほぐしてもらってだいぶスッキリで一旦宿に戻り再チェックインしてようやく荷物を下ろす。

なんやかんやでウロウロしてたら結構良い時間になってしまったけどアメ村に出てとりあえずGREENスタジオで弾きがたりの練習。ちょうどみさこのギターを弾きたがりで借りる話になっていたのでそれを受け取りに行く当番。

時間が無くて30分だけのスタジオだったけど、実際に当日使うギターで軽く練習できたのはすげー良かった。相性みたいなのをチューニング出来た感じ。

そこからギターを担いでWAXXまで。歩いて20分弱くらいあるかな。駅でも一駅以上の距離だからな。かと言って歩けない距離でもない感じ。ただ天気はあいにくの雨…。心斎橋のアーケードを通ってクリスタ長堀って言う地下道を通って…って雨を避けるルートはすぐにひらめいたけど考える事みんな同じなわけで超混雑。平日の16時過ぎで日曜日の昼かよ?ってくらい人で溢れてるんですけど大阪。

16時半前に到着で俺が一着だったのでぐっさんと軽く前日のミーティングの報告をしてるうちに人がちらほら集まりだしたので近所で弾きたがりのリハスタート。

昨日は個人的にちゃんと絡んだのが初めてのRADの長尾が居たんだけどだいぶごきげんなやつだったなwリハ会場に続々と登場のメンバーでいきなり打ち上げみたいな盛り上がりをそこで見せる。

結構ギリギリの時間まで呑んでからの箱に戻って開会宣言。昨日は集客的にすごく渋い感じだったな…。やっぱり告知とかそういったものをもっとしっかりやっていかなきゃ駄目だよなーって反省。

昨日のセットは
1. hand in hand
2. Magic Hour
の2曲。

何かみんな1曲とかでサクサクやっちゃう感じだったけど、出演者的にもそんなに多くなかったし、もう一曲やればいいのにーって思う出演者多かったので。こないだのヒデタの弾きがたり見た影響もあったかなー。今回は結構しっくり来る感じでやれた気がした。

そう言えば昨日は飛び込みでSOUTH BLOWのせきしんとOVER LIMITのマサヤも入ってくれて実は豪華なメンツだったかな。

打ち上げ会場は心斎橋のいつものモツ鍋だったので雨も降ってたしWAXXからタクシーで移動。思ったより雨が強くなって寒くなってた。春っぽいよなーこんな気候。

最初の席はSPREADのタクヤさんとサルーンさんが一緒の席だったので結構大人なトークしてたかな。

その後は隣でNorthern19の打ち上げでBUZZ THE BEARSのメンバーも居てテンション高めの越智とテンション高い話してたわー。SHACHIでも対バンとか出来たら良いのになー。

気づけば1時過ぎくらいで結構体力の限界だったのでみんな引き上げるタイミングで俺も終了。

今回はオバリミのグッサンが店長やってる大阪のライブハウスでこのイベントが出来たのがまた新しくてよかったんじゃないかな。こうやってまた新しいパイプが繋がっていくことに自分が少しでも力になれるなら良いな。

弾きたがりってただの呑み会みたいに言われるけど限りなくそれに近いかもしれない。でもこれが交流会であって、これをきっかけに色々なライブハウスやバンドマンと繋がって行ってくれればと思って自分は活動に参加している。普段の自分達のバンド活動だけではやりきれない部分をこのイベントで埋めていければ良いなと。

参加している人たちそれぞれにそれぞれの考え方があるこのイベント。あまり美化するとマスターから怒られてしまうけど、俺は意味があると思ってやってる事なので。

課題もたくさんだけど、また2018年の弾きたがりもちょこちょこっと決まり始めてるので1つずつしっかりやっていければいいかな。今年はアコースティックも頑張ってみようかと思う。

高円寺AMPcafe 〜hopesignツアー

前日は遊ぶ事なくちゃんと寝れたので結構良い時間に起きれた。ほんとは午前中に美容院に行こうかと思ってたけど、溜まってた家のやる事片付けてたら時間がなくなっちゃった。まーしょうがない。

とりあえず入り時間が16時半前だったのでちょっと早めに向かったんだけど、思ったより早く着いてしまったので軽くチューニングしに近所の串カツへ。

昨日は北海道からhopesignがやってくるって事でツアーサポートでサルーンさんから声をかけてもらって出演が決まったんだけど、気づけばACBで若手のバンドたちがこぞって集まるイベントだったり、弾きたがりの関東チームたちはアコースティックのサーキットに駆り出されてたわけ。おかげで若い出演者に声をかけたものの全然捕まらず、結構出演依頼が難航しちゃった感じ。

それでも快諾してくれたhidaviciousとハンサム判事さん。そしてついにサルーンさんがNUDGE’EM ALLで出演と蓋を開けたらだいぶ贅沢なイベントになったわけ。

オープンして一発目が自分の出番。さすがにこのメンツだし自分が声をかけた手前もあったので買って出る。というより先に終わってゆっくりみんなの演奏を楽しみたかったってのもあるかな。昨日のセトリは以下。
1. Smile
2. ゴミ
3. ONE
4. hand in hand
5. Magic Hour

みたいな。順番はちょっと違うと思うけど、こんな感じでプレイ。持ち時間は25分くらいだったからこんなにやっちゃったけど、もうちょっと流れとかも考えてやったほうが良いなーってのは反省。終わってからハンヂさんに褒められたのはまじで照れたw

そう言えばhopesignも共通の知り合いのex.BE GREATの山ちゃんが遊びに来てくれてた!今は大阪と東京を行き来してるみたいだけど、タイミングが合ったみたいで。なんか昨日の箱にいたメンツが懐かしすぎてちょっとタイムスリップした感覚だったな。

サルーンさんのNUDGE’EM ALLは初めてちゃんと生歌聞いたけど良いっすね。ナイスメロディと、あーこういうのがモテるんだーって思ったw勉強させてもらいました。

そして誘ってすぐに快諾してくれたフットワーク最高のhidavicious。相変わらずアベレージの高いパフォーマンスをするんだな。ボーカル力っていうか歌の説得力はピカイチ。ずっと真ん中に立ち続けてるやつだからできるプレイってやつだよな。

トリ前はハンサム判治。メンツを見回した時に「は!」っと思いついて声をかけたらまた快諾してくれた先輩。昼は別のところで講演会みたいなのがあったっぽいけど、それを終わらせてからリハなしで駆けつけてくれた感じ。いやーしかし好きだわー。20歳くらいの頃に初めてハンサム兄弟を見た時の気持ちにいつでも戻らせてくれる。激しさの中に溢れんばかりの優しさがある判治さんの独特な世界観は本当にオリジナル。当時は北海道も結構な頻度で行ってたハンサム兄弟だし、hopesignに紹介したい人の一人でもあったからこのブッキングはほんと嬉しかった。

そしてhopesignの出番。メインなので持ち時間も他よりは長く、がっちり掴むパフォーマンスで良かった。見るたびにキャッチーになって行くような気もするけどそれがこうやってギターだけ抱えて全国を渡り歩くスタイルで得た経験値なんだろうな。自分はクラシックギターのあったかい音って昔から馴染みがあるから惹かれやすいってのもあるかもしれない。竹原ピストルとはやってることは全然違うけど、スタンス的には近いものを感じるなー。このまま頑張り続けて欲しい。

打ち上げは軽く箱で乾杯した後に最近高円寺だとだいたい使わせてもらってる嵐坊へ移動。ハンヂさんは来れなかったけど気づけば1時くらいまで熱い話してた。これまた昔の高円寺っぽい雰囲気だったなー。GEARからの鬼無里の流れ的なw

さすがに翌日が早かったのでそこで終了でタクシーで急いで帰って寝るwhopesignはうちに泊まりだったので隣の部屋へ案内。帰宅後あまり相手できなくて申し訳なかったけどとりあえずたくさん寝てくれれば良いかなと。

次回アコギ日程も決まったし。勉強も多かったし、懐かしい気持ちにもなれた1日。お疲れさんでしたー。

弾きたがり JAPAN TOUR 2017 FINAL 〜東京編

今年もたくさん参加した弾きたがりJAPAN TOUR2017もいよいよ昨日の高円寺HIGH公演でファイナル。

1月18日西荻窪ARTRION
2月27日四日市CHAOS
3月22日アメ村新神楽
3月23日神戸KINGSX BASE
4月19日沼津Quars
5月8日那覇output
6月5日駒ケ根NIRVASH
6月6日甲府KAZOO Hall
7月10日名古屋HUCK FINN
9月20日熊谷モルタルレコードストア
9月21日秩父ladderladder
11月14日高円寺Amp cafe
12月5日高円寺HIGH

実に13本も参戦してた。岐阜と札幌と「焼きたがり」以外は参加。こうやって考えると毎月弾き語りやってるくらいのペースだったよな。…言うほど曲数はやってないけど。

こうやって色んな場所に毎年挨拶に行けるきっかけを作ってくれている弾きたがりが自分にはすごくありがたく大切な場所。

そう言えば昨日は花団カズが出演してくれた。先日の23日の打ち上げで一緒に呑んでる時に弾きたがりの話題が出て、カズみたいな存在こそ弾きたがり適任とオファーしてみたところちゃんと来てくれた!嬉しいねwそして期待通りのパフォーマンスで会場を沸かしてくれた。来年は地方にも連れて行きたいかなw

そしてマーは不在…。マスターから何度か「マーはいつ来る?」って聞かれましたが俺も知らんのでw今年は何本か来てたのにファイナルに来れないってのは残念だったねー。また来年もよろしく!

そして打ち上げはダイスケと結構ガッツリだったかな。ここへきて近所のダイスケと呑むか?って感じだったけど何気に最近ちゃんと話できてなかったからなー尽きない。そう言えば弾きたがりにも参戦してくれたKYARA店長の安藤も紹介してもらった。

あ、あと今年一年間みんな当たり前のように使いまわしてるギターはミカシュンのギターだからねwちゃんとお礼言わなきゃ。そもそもミカシュンはアコギでツアー廻ってるわけだから商売道具を借りてるわけだし、ホントは弾きたがりで1本くらいみんなでお金出しあって買っても良いんじゃないかなーって思って提案はしてみたけど軽く流れちゃったみたいで・・・。何かあった時に困るのミカシュンだしね・・。来年の課題だな。

まぁそんな感じでこれだけたくさんの個性的なアーティストをまとめ上げるのは結構大変なんだけど、これってやっぱり継続は力なりでやっていく事で認知されていってライブハウスが楽しい場所になればよいなーって思うので続けては行きたい活動。

来年は新曲も披露出来たらよいかな。

またこれからもよろしくです。

お疲れさんでしたー。

弾きたがり「諸国漫遊記」 @高円寺Amp cafe

昨日は仕事終わりで高円寺Amp cafeにかけつけで弾きたがりの「諸国漫遊記」。いつもの弾きたがりとはちょっと趣向が変わって1人30分くらいの持ち時間をもらえてのステージ。普段以上にじっくりアーティストを見れるちょっとお得な日。

ちょうど今年の沖縄公演でも出てたEyokoが本州ツアーを廻るって事で、太郎とミカシュンが弾きたがりからのサポートとして一緒に廻ったツアーと言う事で「諸国漫遊記」って名前がついてたっぽい。

いつもの弾きたがりは1,000円のチケットも今回は1,500円と1.5倍の内容って事だね。

行ける時間がギリギリくらいになりそうだったので出番は3番目にしてもらった。一発目のミカシュンのちょっと始まったくらいでぎり到着できた。滑り込み。

太郎なんかはいつもはレモン酎ハイの唄しかやってないイメージだったけど他の曲とかも結構良いんだな。個人的には太郎のギターが好き。

で到着後1時間くらいであっという間に自分の出番。前日に曲をまとめて一夜漬けでコード替えたりとかの作業してたのでレパートリーはいつもよりも増やすことができてセトリはこちら。

1. Piece
2. reFlap
3. Smile
4. Magic Hour

そろそろ弾き語りで10曲くらいできるようなこともやろうかななんて思うけど、そんなに聴きたくもないか俺の曲wでも10曲やっても飽きない、楽しめる弾き語りができる人にならなきゃならんなーって思う。ので日々精進。がんばりますー。

からの山梨からのaroで、沖縄からのEyoko。

Eyokoがfacebook上げてくれてたからか何と20年ぶりくらいに地元のバイトの先輩からfacebookでメッセージが届いた。どうやら沖縄で繋がってたみたい。生きてればサプライズだらけの楽しい人生。

にしても良かったなー。個人的にEyokoの歌が好きで前に行った時にCDも購入済み。ジャジーって言うか普通のクラシックじゃないピアノってカッコよくて昔から好き。そう言うバーで一人で酒呑みながくつろぐのも悪くないなー。

そう言えば誘ったマーとおいそこ髙木も来てくれた。マーなんかは結局2次会まで参加で結構普通に楽しんでたなw

次回の弾きたがりは12月にいよいよ弾きたがりJAPAN TOUR2017ファイナル。一年の集大成。皆さんよろしくです。