新宿ACB 〜ACBABY!! vol.20

朝は5時に起床。そこからチェックアウトして結局色々な交通機関を考えたんだけど、乗り換え無しで一発で空港まで行けるバスを選択。一つ隣の駅からの出発だったので20分ほど歩いてバスライドン。そこで1時間ガン寝して空港。

飛行機の飛ぶ時間よりも2時間早く着いてしまい時間を持て余してしまったけど、ラウンジも早朝すぎて開いておらずしゃーなしで手荷物検査を抜けた先のベンチで時間を潰す。

で、飛行機にライドンして離陸を覚えず爆睡、着陸の衝撃で起きる。ここで1時間強の睡眠確保。

結局宿での1時間と足して3時間ちょっとくらいしか休むことが出来ず、家に帰って荷物を持ち直してすぐにACBに向かう。昨日はZOMBIESTARZのライブ。

出演バンドも多い日でリハも無かったので開演ギリギリに到着。まさかの俺がZOMBIESTARZで一番早く会場入りという優等生。そして一発目はex.ELEPHANT OF MUSICのヒデオの新しいバンドrootrunkってバンド。相変わらずのヒデオ節だけど、何かそれが懐かしくて心地よくて、やっとバンド形態で見れたなーって感じが嬉しかったかなー。嫌いじゃない。

Break the Lineも前の八王子の花ちゃん企画ぶりかな?UPPERのユウヤのベース弾き語りとかもあったり何気に濃いメンツ結構揃ってたな。そして本番。

昨日のセトリは以下。
1.キミヌクモリオモイ
2.10colors
3.五つ目の季節
4.Magic Hour
5.それぞれの日々に

このZOMBIESTARZでは初めてプレイした「それぞれの日々に」はV/A ACB2013っていうオムニバスに収録されてた一曲。最近スタジオで温めてた懐かしい曲。この曲はケンタ時代の最後に作った曲で、チヨンも叩いたし、今はレンジュが叩いてるっていう3世代超えた曲なんだなw

昨日は本番前まで結構眠気がMAXだったから酒で何とかキープしてたけど、実際本番になってステージ立ってギター持ったらあっという間にアドレナリンで全部吹き飛んでいった。身体は軽かったし素直に動いた。

考えてみたら3日間自分のアンプでない箱のアンプと一瞬で向き合うみたいな3DAYZだったけどすごく勉強にもなったし、むしろそれが楽しかった。そういう緊張感って嫌いじゃ無い。

もちろん自分のアンプを持って行っていつも通りのセッティングで・・って方が楽かもしれないけど、箱の特性とかホールの音の跳ね返り具合とかってその日その場所に行かなきゃ何もわからない情報だからね。対バンの音聞いたり、色んなアンテナで自分の音をイメージして、それをセッティングの時にサッと作る。これも楽しみの一つなのかもな俺は。

終わって次のハイファイコーヒーズはゆっくり観れた。というよりようやくじっくり良い距離感で観れた。ベースレスになってからは2回目?くらいだけど、ベースレスだからこその「良い形」のバンドを観れた気がした。歌が生きてるバンドだわー。

zan80zってバンドも前から名前だけは知ってたんだけど、すげーかっこよかった。イイロックしてた。そしてPETAさんは相変わらずの説得力のあるプレイ。酒が進むw

俺が自分で言うのもおこがましいけど、PETAさんもまた自分のバンド以上にエネルギーが溢れてて、ステージに立ちたい気持ちがあるからこうやってソロでも活動している人。生粋のエンターテナーなんだと思う。そういう意味ですごくリスペクトしている。

打ち上げでも少しお話させて頂いたけど、ホントみんなに愛されてる人なんだなーって改めて思った。やっぱ30年以上この現場に居れる人って、並大抵の人じゃないんだよな絶対。そんなパワーをグイグイ感じた。マーもつながっているので、またZOMBIESTARZでも一緒にやりたいって思った。

23時過ぎで流石に体力が限界を感じてしまったので、俺のスリーデイズはそこで終了。3日間機材車も無しに毎日ギターや荷物背負ってあっち行ったりこっち行ったりしてたのも久しぶりかもな。20代前半を思い出すわ。

久しぶりに体力を使いまくった感があったけど、心地よい疲れ。風呂入ってベッド入ってそのまま寝落ちだった。それくらい楽しかったってことで。

ホントおつかれさんでしたー。

ゾンビ三昧

昨日はZOMBIESTARZの17日のライブに向けたスタジオ。持ち時間を確認してセトリを組むのがメイン。このところ演る曲が固まりつつあったので17日は久しぶりの曲をセトリに組み込んでみることに。

というか、スタジオの予定を忘れてたレンジュはまさかの45分遅刻で到着。それでもざっくり合わしていつもどおりくらいの時間で終了。

マーは予定有りだったみたいでそのままトンボ帰りだったけど、俺とレンジュとレンジュの幼馴染と一緒にいつものゾンビミーティング。

先週もスタジオからのミーティングだったし、土曜日はライブだったし、このところ週2くらいでゾンビのことやってるなーなんてみんなで話してたけど結構活動してるな実際。

そう言えば先日の上田のライブからTシャツを販売し始めたんだけど、そろそろ通販とかでもちゃんと取り扱わなきゃなー。売れんのか知らんけどw

まぁそんなこんなで毎週ZOMBIESTARZのライブがやれるなんてこれはこれで面白い。こうなってくるとまた新しい曲作らんきゃなーなんて衝動にも駆られる。バンドってそんなもんなんだな。

昨日はレンジュの今後の事とか色々聞けたし、気づけば結構濃い酒をスタジオよりも長い時間呑んでたw

帰り道に中野の駅の改札内でSEVEN STEPのケイタとばったり。改札の外だったら間違いなく呑みに誘ってたな。それくらいテンション高めの夜だった。

今週末は札幌2本とACBで一本の3連チャン。俺なかなかバンドマンしてるなー。

そう言えば17日のACBの公演のOPEN/STARTの時間に訂正があったみたいですー。こちらが正解らしいのでお間違えなくー。

おつかれさんでしたー。

上田Radius 〜Soul of sound Vol.100

ゾンビ号は無いので、レンタカーでそれぞれを拾って最終でマーを池袋でピックアップして東京を出発。土日ってことで関越に乗るまでの下道もそこそこ混んでたな。

上田までは予定で2時間半くらいの計算。ちょい混みだったけどほぼ予定通りの13時半に箱に到着。考えてみたら前回もZOMBIESTARZで行った上田だったから駐車場とか地理はほぼ頭に入ってた。俺の記憶力もまだまだ使えるかな。

リハまで少し時間があったので、みんなでご飯を食べに街を散策してたらまさかのNiCRUSHのダイジロウとばったり遭遇。ほんと2分前くらいに「ダイジロウに連絡しなきゃなー」とか言ってた矢先だったのでマジびっくりしたわw街狭すぎるだろw

一軒目に目指した蕎麦屋は有名店過ぎちゃって並んでるくらいだったのでスルーで空いてそうな蕎麦屋にギリギリイン。リハ前とかリハ後とかってちょうどメシ屋の休憩時間にかぶることが多いので開いてるお店を探すのも一苦労。結構歩いたなー。

無事にメシにもありつけてからの箱に戻ってリハ。ZOMBIESTARZではアンプを持っていかないので箱のものを借りるんだけど、RADIUSはMarshallのJCM900のABスイッチ型のやつでキャビの状態も結構良かったからさっくり音は作れた。マーは念入りにチェックしてたけど俺とレンジュは一瞬だったなw

からの天気も良かったので店の前でたむろしながらThe Keystoneのメンバーと世間話。ドローンを練習で飛ばせるところあるかなー?なんて探したけど、何気に上田って住宅が密集してるのでスペースが見つからず断念。

そんなこんなでライブが始まる。名古屋から来てたBACK TO THE NYっていうバンドが気になったのであとで話してたらどうやら元々知ってるバンドでACBとかにも出てるバンドだった。色んな所でつながってるんだなー。

そして自分たちの出番。なるべく喋りすぎないようにしよう…って思ってたんだけど、マーがいい感じでエンジンかかってたなーwZOMBIESTARZのコンセプトは「バンドマンの初期衝動」だからね。音楽って楽しい、ライブって楽しいを体現できればと。昨日のセトリはこちら。

1.Challenger
2.キミヌクモリオモイ
3.10colors
4.MagicHour
5.五つ目の季節

そこからのThe KeystoneとSPREADがガチ過ぎて普通にテンション上がった。The Keystoneは先月のYUKIDOKEぶりだったし、SPREADもSAKAIMEETINGぶりだったからそんなにスパンの空けずに見れたのもあって曲がぐんぐん入ってくる。説得力がある。

そしてラストは地元上田のALLROUND。久しぶりに見たけど相変わらずやってるなー。ホント上田で頑張ってくれてる心強いバンドマン。こういうバンドが地方でライブハウスを守ってシーンを作ろうと頑張ってる姿はマジカッコいい。相当な覚悟がなきゃできんからね。

そんな流れで箱で打ち上げだったんだけど、自分の周りは年齢層高めwZOMBIESTARZはレンジュがいるのでレンジュには若い層の方に行ってもらって俺はアダルトチーム側でマイペースに。

っと、仕事終わりのダイジロウとアニキらNiCRUSHのメンバーが登場。安定のハイテンションで楽しませてくれるわコイツらw

ただね、ホントはこいつらに一番NOBの鎌田のためのイベントに出てほしいんだな俺は。だって俺らにこのNiCRUSHを紹介してくれたのがNOBの鎌田だからね。お前らが直属の後輩だろ?って。そんな想いはガッツリ伝えたので来年こそはどんな形であれ長野で会いたいかな。

昼からずっと呑んでたので流石に体力の限界は2時過ぎにきてしまったので、まだ呑んでそうなレンジュを残して俺とマーも終了。すごく有意義な酒も呑めたし、上田って街を楽しませてもらえた。やっぱり足を運ばなきゃ見れない景色ってのはあるよ。そう言えば便所の前にすげー懐かしいポスターが貼ってあったのでパシャリ。地方のライブハウスあるあるの「ずっと貼ってあるポスター」。コイツらも今何やってるんだろうなー…。

おつかれさんでしたー。

パイン会 feat.ZOMBIESTARZ

朝は7時半から健康診断。体重は前回より3kgダウンくらいでいい感じ。目や耳も前回値とそこまで変わらず。強いて言えば尿酸値がちょっと高めだったけど、これは夜寝る前にトイレに行かなかったのが原因かと思うので、その辺りは許容範囲ってことで今年も無事に終了。

歌舞伎町にある健康診断センターみたいなところで毎年やってるんだけど、今年から新しい建物に変わった。ちょっと距離が離れたけど、ぶっちゃけ以前の建物も結構きれいだったのになんで新しく作り直す必要があるんだ?なんてバブリーなニオイぷんぷん。

受付とか設備の数とか増えてたのに、多分働いてる子らがみんなハジメマシテ的な感じなのか上手いこと流れがまだできあがってない感じ。更には健康診断受けるくらいの人って俺も含めポンコツ多めだしwまー言っても年に一回しかやらんからね。

ということで朝の9時には診断は終わって結果待ちだったので前日の鬱憤を晴らすべく歌舞伎町に繰り出して朝から焼き肉wそんな時間でも開いててくれるお店がある歌舞伎町はさすが。ま、ホストとキャバ嬢だらけですが。

夜はZOMBIESTARZのスタジオで中野へ。土曜日の上田公演に向けた練習と確認だったけどそこそこできてたのでいつものようにまきで終了。そこからパイン会の約束だったので先に呑んでたパインとHOTCAKE PATIENTのマサと合流して中野でパイン会。

なんだかんだ中野近辺なの俺かレンジュくらいだったから終電前にはサクッと終わると思ってたんだけど、だいぶ盛り上がっちゃって気づけば全員タクシーコースじゃんて。

健康診断終わった途端にこれだからな俺w

まあ一日くらい良いさこんなのも。

いやしかし打ち上げでも無いのに盛り上がってたなー。6月10日のイベントについて色々マサの考え方とかも聞けたし、今後につながって行くものであればいいかな。今年もそうだけど来年以降のまた何か面白いことにつながっていけばいいなーって思う。

そんな有意義な話ができた夜だったかな。

おつかれさんでしたー。

ZOMBIESTARZのスタジオ

昨日はZOMBIESTARZのスタジオに入ってきた。

6月はライブが2本もある。マジ奇跡だ。でもこうやってやる場所をもらえる事にバンドマンとしての誇りはあるし、大きなチャンスをいつも感じている。一本も無駄な日なんて無い。

もちろんSHACHIとは活動スタンスも全然違うし、ゆるいところはゆるいけど、すごく初期衝動に素直なバンドなのかなって思う。だからメンバーもそれぞれ自分のフィールドを持った人間でやってるわけだし。

昨日はレンジュは終わってからのミーティングに来れなかったのでマーとサシ飲みだったんだけど、お互いの近況報告がマジ多いw

でもマーの方も色々環境が変わったり動き始めたりといい話が沢山聞けて良かった。そういうのにこのZOMBIESTARZっていうプロジェクトが上手いこと使えるのであれば本望。なかなか良い情報交換も出来たし、ZOMBIESTARZでも面白そうな事できたらイイなーなんて思う。このバンドにはこのバンドにしか出来ないこともあると思うし。

まずは6月9日の上田。この日はSPREADもKeystoneも居て、それぞれ熱い価値観でやっているバンドを前に自分達は何を伝えに行くのか。何を持って返ってくるのかとか結構考えたり。

あ、そうだその上田の日からまさかのZOMBIESTARZの物販が追加になります。内容はお楽しみって事で。

写真はスタジオ出たところで見つけた謎の看板。スゲー気になるw

おつかれさんでしたー。

 

久々のゾンビ練

昨日は久々にZOMBIESTARZのスタジオに入ってきた。ちらほらっとライブも決まりつつあるので早く発表しちゃいたいところでもある。

仕事終わりでACBに預けていた楽器を引き取りに行ったらちょうどThe KeyStoneがレコーディングをしてた。コーラス録りに誘われてたんだけど、スタジオがあったのでタイミング合わずで挨拶だけしてきた。

そこから中野に向かう。マーはいつもの様に先にスタジオに個人練習で入って復習をしてた。真面目だよなw俺も復習しなきゃ超不安なくらいのレベルだったけど、実際に音を出してみたら身体に染み付いてる感じでスラスラっと出てきたからOKかなと。

それよりもレンジュがいい感じに仕上がっててびっくりした。テンポ感とかタイトな感じとかスゲーハマってて気持ちよかった。最近SCUMGAMESでも叩いたりとかしてて器用な活動してるよなーって思うけど、ゾンビの時はすごくのびのびやれてるっぽくて俺は好きかも。

そもそもゾンビ自体がそう言う「バンド楽しいよなー」的な初期衝動でやっていけたら良いなーって思ってる活動だからみんなすごく肩の力が抜けてて良いのかも。

昨日はとりあえずレパートリーを一通り通してみたんだけど、レンジュになってからもう8曲もできるようになったんだね俺ら。ぶっちゃけ8曲もプレイできる時間は全然もらえてないのでレパートリーとしては十分なんだけど、昨日は久しぶりに一曲追加してみたり。

思ったよりも感触良くて早くライブやりたいモード入っちゃったなー。

終わってからは恒例の呑みだったけど、マーも元気だったし色々話は盛り上がった。お互いそれぞれの環境がある人間が集まってるバンドだから近況報告聞いてるだけでもネタが尽きない。気づけば良い時間まで呑んでたけど昨日はちゃんとみんな帰れたみたいだしOKかなと。

なかなか充実した夜だったなー昨日は。こんな夜は色んな意欲が湧く。

そう言えば朝JAFの会員証が届いてたんだけど、どうやら車も持っていないけどもう10年も会員らしい俺w考えてみたら10年前のYUKIDOKE TOURの時にPumpkin’Busの車が故障してそのタイミングで会員になったんだよなー。懐かしい思い出。

という事で5月のGWはYUKIDOKE TOUR2018開催。そっちの方もよろしくです!

ZOMBIESTARZ新年会

前日きっちりエイコちゃんに送り届けてもらえたおかげで朝はバッチリいつもどおりのスタートが切れた。天気予報では名古屋は雪とか言ってたけど東京はなかなかの晴れっぷりだったな。

夜はZOMBIESTARZのメンバーと特に用が合ったわけじゃないんだけど、予定が全然決まらないので一旦飲もうかと新年会を企画。

場所は昔のZOMBIESTARZが育った高田馬場。ここの方がみんなの距離が平等に近くなるし、マーも帰りを気にしなくても大丈夫だと思ったので。いやしかし久しぶりの馬場はやっぱアウェイだなーw

レンジュは残業っぽかったので最初は自分とマーの二人でサシ呑み。お互い近況報告するほど時間が空いてるわけじゃないけど話題は尽きんなw

1時間ほどしてレンジュが到着して色々話していく中で今年はどんな感じになるかなー?みたいな話しを。

いやしかし相変わらずこのメンバーといると初期衝動のまんまな感じが良い。夢見たいな話とかばっかりしてて全然現実みがなかったりもするけど、バンドってこういうスタンスも大事だよなーなんて改めて感じたりすることが多い。

たぶんお互いそれぞれのバンドを一生懸命やりながら、こういう息抜きの部分も持っていれる事は良いのかもしれない。そういう位置付けかなと。

まぁ簡単に言えば打ち上げで仲の良い連中が意気投合して「何かやろうかー」ってノリかな。

そんなZOMBIESTARZを今年もよろしくですー。

お疲れさんでした。

渋谷club asia ~YOLO-Vol.8師走SPECIAL!!-

午前中は通販の発送業務…。平日のライブだったので有休を使ってたんだけど、ほぼ通常通りの起床からの身体の動かし方。まぁ朝は弱い方では無いのでこれくらいの作業をしてる方が1日のウォーミングアップにつながるのかも。

PC作業のついでZOMBIESTARZのでもを10枚ほど焼いておく。というのも何気にデモの配布分が終了してしまって配る音源すらない状態だったので・・・。さすがに手ぶらはね・・と言う事です。

そんな事してたので結局昼飯食べるタイミングも逃してバタバタで家を出る。平日の昼間は昼間で新宿~渋谷間は結構電車の中も混んでいる。楽器持ってうろうろするのはホント辛いわー。

平日の渋谷を歩くなんてあんまりないんだけど、ふと気づいたのが結構老人多いんだね渋谷。師走だから?結構急いで箱に向かってたから前に歩くスピードが遅い人が多くて困った‥。んー東京の人混みホント嫌いだわー。

と言う事で滑り込みで昼1時半入りギリギリ。

2時に顔合わせがあったんだけど、仕事を早めに切り上げて来てくれたマーがいて助かったわー。今回のイベントはex.VIVASNUTのドラムを叩いてたみっさんからの紹介で呼ばれて行ったんだけど、ホントに知り合いが皆無の日だったので超居場所がない。さらには物販席にすら椅子が無い。楽屋も後半の有名っぽい人たちが占拠・・・。居場所内ってこういう事ね・・・。

時間通り2時半オープン。ぶっちゃけこんなど平日の水曜日の渋谷で14時半から人来るのか?って思うよね。そりゃそうだ。俺だって有休使わなきゃこんな時間に渋谷のあんな場所に居ることはできない。そうやって考えたらバンドマン大変だよなーがんばってるよなーって思うわ。俺もだけどw

で出番は18時半。もうその頃には結構立ちっぱなしで足がパンパン。それでも今年2度目のasiaのステージは何か縁すら感じちゃったわ。昨日のプレイは今のところ定番の5曲。まずはこの5曲を覚えてもらったりする方が先かなと。来年はもうちょっとレパートリー増えればと思うけど…。

終わってから最初に出てたバンドの子がCDを取りに来てくれたのは素直に嬉しかったなーw

うちらの後のバンドはみんな有名な人たちばっかりだったみたいでバンドって言うかユニットって言った方が良いのかな?リズムマシンとかMacとか使ってかっこいいヤツ。レーザービーム飛ばしてるバンドとかマジ男の子心超くすぐられるわw

そしてWSS?。WHY SO SERIOUS?を訳すとこうやって書くみたい。結構へヴィ系のバンドが多い一日だったけど、その中ではWSS?はロック色強く見えるのはみっさんが叩いてるからかな?でも人間味があって好き。ヒップホップの要素とかも持ちながらもロックのテイストはベースにある感じがどこかしらの共通点を探せそうな気がして気になってるバンドなんだよね。

いやしかし13時から10時間くらい箱にいてほとんど座ることなく立ってたのはまじでハードだったわwほんとは打ち上げまで行こうかーなんて思ってたんだけど、22時超えたくらいで結構ピークがきちゃったのでやっぱ終了・・。ドアウェイの中で色んな人と話しとかしたかったけどね・・。とりあえず一番若いレンジュに任せて俺は後日ってことで・・。

長い1日だったけど何か普段見れない渋谷とかシーンをたくさん見れた1日で収穫はそれだけでも十分あったかな。来年のZOMBIESTARZのスケジュールは何も決まってないけどwSHACHIでは得られない物をここで何か得れれば良いかな?なんても思う。

誘ってくれたWSS?のみんなに感謝だ。お疲れさんでした!

 

財布を新調

昨日はZOMBIESTARZのスタジオ。週中の水曜日に渋谷でライブって事で。これが今年ラストのライブだね。スタジオで「あれだけPINESのお誘い全部受けてたのになー、ACB呼ばれなかったなー年末」みたいな会話wま、用なしって事ですね。

それでも呼んでくれたWHY SO SERIOUS?はex.VIVASNUTでドラム叩いてたみっさんが新しく加入したバンド。2度ほど見に行かせてもらって、メンバーとも少しだけ話をさせてもらったくらいだけど、こうやって声を掛けてくれて年末の大舞台に立たせてもらえるのはとても光栄。何かをつかんで帰ってこなきゃね。

って意気込みはあったんだけど、先日の磐田のライブ終わりでメインギターを機材車に積んだままにしてしまったためまさかの家の作曲用のレスポールカスタムでのプレイとなってしまったZOMBIESTARZ2017年ラストライブ。メンテとか全然やってなかったのでとりあえず音は出たものの家に帰ってからやる事が増えたわーw

でもこうやって家にあるギター引っ張り出して、たまにはデカい音でかき鳴らしてあげなきゃせっかくのギターがもったいないからね。良い機会だし、家のギターもいい音鳴るんだぜってアピールできたら面白いかな?なんてポジティブに考える。実際弾きやすさはあるし形も気に入ってるので。

23時前に終わったスタジオ後は通常運行のミーティングで家に帰ってきたのは0時過ぎ。阿佐ヶ谷の駅前の大木がクリスマスツリーになってて綺麗だった。

そう言えば昨日は新しく買い替えた財布が届いた。ホントはお店とかで買えば良いんだけど、そう言ったお店に行く時間がこのところなさそうだったので。

自分が財布を買うタイミングっていつだろうー?って思ったけど、大体チャックが壊れたり破れたりとか「使えなくなって」からのことが多い。今回もチャックが閉まらなくなってしまったため。

というのは表向きの理由で、何となくチャックが壊れて閉まらない財布持ってたらお金が逃げて行っちゃいそうな気がしたので、ちゃんと閉まる財布にしようと。

で、色々選んでたんだけど、結局のところ自分の今使ってるものが一番サイズ感も使い勝手も良いなーってことでまさかのリピート買いwまぁ次つぶれたら別の考えることにしましょう。

と言う事で年末に向けてゲン担ぎも含め2017年は「商い」も意識したレーベル業務。

来年も更なる飛躍の年になるように色々頑張らんきゃな。

お疲れさんでしたー。

超楽#30 @新宿ACB

前日はスッと寝たおかげで結構元気に起きれた朝。そう言えばキッチンのシンクの下の下水管から臭いにおいが出てたので不動産屋に連絡したところすぐに水道屋さんが来てくれるとの事だったので午前中はその修理を依頼。

前に住んでた家も同じようにシンクの下水管がイカれて臭いにおいがしてたから聞いてみたらどうやらその部分ってゴムパッキンで10年くらい古くなると劣化してどうしてもこんな感じになるらしい。だったらそもそも引っ越しのタイミングでちゃんとそこ新調しとけよなって思うよね。まだ住んで半年くらいなんだし。

あ、そう言えば昨日はいらなくなったカウンターテーブルを初めてジモティってアプリで出品したんだけど、ものの30分くらいで引き取ってくれる人が見つかってテンションMAX。すげーなアプリ。

そんなこんなで15時入りだったACBへ向かう。天気すげー良かったなー。

昨日はパインの主催イベント。メンツは8バンドと結構濃い感じだったけど、ほとんどが初めましてなバンド。this isは酒田からレコ発でこっちに来てるツアーって事もあってうちらも誘われた感じだった。

自分らのリハは無かったんだけど、ちょうど大阪のレッドマンモスというバンドがリハをやっていた。THE SKIPPERSのジャガーがバイトしてるGORIって居酒屋のマスターの居るバンド。ジャガーから何度かバンド名を聞いていたくらいだったけど、実際にバンドを見たのは初めて。明らかに先輩なのは分かったので挨拶をしに行ったんだけどすごく気さくな兄さんたち!

とかしてるうちに開場、開演。オープン前から演者みんながワイワイしてるすごく雰囲気の良い一日なのはパインのおかげだよな。

なんやかんやで早い出番だったけど、マーがギリギリの到着でそんなに酒も入らずのステージが逆に良かったみたいw先月の八王子よりはきゅっと締まったライブができたつもりだけど、相変わらず羽伸ばしすぎな気もするwま、バンドマンの初期衝動って何だろう?とかを突き詰めたことやりたいなーって思っているのでまだ試行錯誤中。ホールのお客さんの笑顔が正解です。

昨日のセトリはこちら。
1. challenger
2. キミヌクモリオモイ
3. 10colors
4. Magic Hour
5. 五つ目の季節

25分のセットでしゃべるからこれくらいしかできんよねw次回は新しいラインナップを追加できればと。

 

からのthis is。今回久しぶりにじっくり見たけど、すげー良くなっててびっくり。ドラムが替わったりとかバタついたところも見てたけど、こうやってツアーを廻って太くなってきてる芯みたいなのがようやく見え始めてきた感じ。だからこそアドバイスできる部分はあったので打ち上げでそこは伝えた。

そしてレッドマンモス。昨日のMVPだったなー俺の中で。「生き様」なんだよなー。「この人たちどんな人生歩んできたんだろう?」とか興味がわく人柄って言うか、そこかカリスマでありアーティストオーラってやつなんだろうなー。メチャ出てた。さらに音源も無料配布とか!やばいわー。

で、楽しみにしてたのがHOTCAKE PATIENT。何気に何度も観る機会があるのはラッキーな自分だよな。あの北欧系の切ないメロディがマジ染みるw

ケツのTORNADOはメンバーからも言われたけど高円寺ROOTSぶりらしい。だいぶ久しぶりだったけど、向こうがうちらのことなんかを覚えててくれたことが嬉しいw

終わってからの箱打ちはレッドマンモスのGORIさんとたくさん話ができてメチャ笑わせてもらった。やっぱみんなが慕う先輩ってのはこういう人なんだーってどんどん興味がわく。ちょうどこないだジャガーと話をしてたんだけど、今度大阪行ったらマジで庄内行きたいなー。電撃酒場GORI行きたいわー。

箱打ちの終わり際くらいに若いバンドマンがたくさん挨拶しに来てくれて「昔SHACHI聞いてましたー」なんて嬉しい事言ってくれたけど、「だったらもっと早く言って!」ってのが本音ですwもっと話たくさんすればよかったなー。

二次会はアルプス登山だったんだけど、三階だったのとギターを階段の踊り場に置いてくれなんて雑な事言われちゃったので呑まずで帰ってきちゃった。いやーさすがにあんな酔っ払いだらけのところで目の届かないところに楽器は置けんわ。

最後のぎりでGWに対バンしたMistyのメンバーも来てくれたから呑めたら面白かったのになーなんてちょっと後ろ髪ひかれながらの終了。

いやそれでも十分昼間っから楽しませてもらったから体力的には限界だったけどね。それにしてもホント下から上まで年齢層の幅が広いイベントだったのはやっぱパインっぽいわ。うちらもうちらで何かを残せれてれば良いけどね。

ZOMBIESTARZだからできる立ち位置みたいなのが何となくわかってきたような気もするからまた今後も呼ばれればやろうか的なスタンスかな。レンジュもマーも楽しそうだったし良いかな。

新しい発見も多かった一日。お疲れさんでした!