遂にドローン購入

昨日は朝イチで落とし物をしてしまった。携帯の充電器やら何やら入ってるポーチ。家にあるかなー?なんてかすかな願いを込めて帰宅したけど有らず…。これから沖縄いかんとならんのにまた諸々揃えなきゃならんのは面倒だわー。そして警察また行かんとならんか・・。

夜はCATSのリョウとサシで呑み。レコ発もいよいよ来月で終わり。その後の話しとか諸々。

焼酎のボトル一本とって2時間位喋って終了。まー実のある話はできたんじゃないかな。後は自分達次第。

結局のところ俺はアドバイスはするけど「あーしろ、こーしろ」は言わない。そもそも自分のバンドの責任くらい自分らでどうにかしろよって思うわけさ。子供じゃないし。俺の良くないところかも知れないけど少なくともSHACHIはそんなスタンスで動いているので。

そう言えば昨日遂に衝動買いでドローンに手を出してしまった。

と言っても簡易的なサイズの物で全然高額なものじゃないけど、まず考えるより慣れろって事で触ってみようって男の子気質。

やはりバッテリーの重さ問題がつきまとうっぽくて長時間飛行はまだできず、5〜10分飛べば終了って感じ。

まだ外で飛ばすのは怖いから家の中でやってたけど部屋の壁にぶち当たりまくりw思った通りに全然行かずこんなまま外じゃ無理だわーって感じ。

ちょっと慣れたら今週末の沖縄で海でもーなんて思ってたけど、その前に海に落として終了しそうな勢い。

ドローン奥深いわー!でも楽しー!

資格とかちょっと興味湧いてきちゃったし、マジで勉強しようかな…なんて。

おつかれさんでしたー。

OVER LIMIT @横浜F.A.D

オバリミのメンバーとちゃんと挨拶したいと言われてたサンボブのユウスケを横浜に連れて行くタイミングでGWだったので昼は釣りに。

ユウスケと行くのは一月ぶりか。前はちょくちょく行ってた気がするけどお互いバンドも忙しくなったってことだわな。良い事。

とは言え昼の釣りは釣れないジンクスがあるからなるべく釣れそうなところに行こうと今回は三浦半島の城ヶ島に向かうことに。品川から京急で三崎口まで行って、そこからバスで30分ほど。

余談だけど、今回の選択肢に入れてた横須賀フリー切符みたいなのはまさかの1000円も値上がりしてたので却下。前は往復の切符、バス乗り放題と横須賀のメシが付いて2000円くらいだったからね。それがあったら東京からも近いし横須賀でも良かったんだけどなー。残念。

いやしかしさすがGW。天気も悪くない感じだったので人はすごかったなー。しかもわかってはいたけど三崎口駅~城ヶ島までのバスは道の混雑でだいぶ時間かかったわー。マジこんな日はマイカーなんかじゃなく公共の交通機関使いましょうー。ってうちらも機材車走らせますがw

良い潮風も感じて最高な息抜き。釣果はボウズだったけど3時間くらいずっと釣りに没頭できる時間を作れたのが幸せ。

城ヶ島のお店の終了は早く17時には殆どの店が閉まって観光客も居なくなる。帰りのバスは本数も少ないけど混んでいないので余裕で座れてラッキー。

三崎口までまた戻り、そこから京急とJRを乗り継いで横浜F.A.Dへ。イベント自体が結構早い時間からのライブだったので最初の2バンドを見逃しちゃったけど、SPLASH、SKALAPPERは見る事ができた。

SKALAPPERは気づけば去年のGWにSKALLHEADZとかと一緒に金沢行ったぶりかな??新しい音源も出してリリースツアー中らしく福井からがつがつやってるスタンスがかっこいいよね。お土産ももらっちゃったのでじっくり聴かせてもらおうと思う。

そして今回レコ発でトリだったOVER LIMIT。フロントに並ぶ3人のメンバーが全員服が黒で「ローディーかよ」って突っ込んでおきましたwにしてもやっぱりマサヤの声の存在感ってスゲーなーって改めて感じた。ヴォーカル力ってものにもつながる部分だと思うけど、声が抜ける人ってうらやましいなー。

あとペーターも良いパフォーマンスだったと思う。メンバー的にはグイグイ行きすぎちゃってるような感じがあるかも知れないけど俺は結構そんなの好きなので。

終わってからしばらく出演者たちとワイワイ話混ぜてもらったりして打ち上げは出ずにまっすぐ帰宅。FADからは中華街駅があるので一本でサクッと新宿まで出れるので何気にアクセスが良い。23時半くらいには家に帰って風呂入ったらそのまま寝ちゃった。

真昼間から外で釣りやったり遊んでた一日だったからなー。でもいい息抜きが出来た一日かと。GW前半は色んなリフレッシュが出来たんじゃないかと。

そしていよいよ後半に向けてスイッチ切り替えて。

YUKIDOKE TOUR2018始まりますよー。東北の皆さんよろしくですー!

お疲れさんでしたー。

OVER LIMITミーティング

      昼は奈良観光。震災前のもう8年以上ぶり。前回は確か土砂降りの中での観光で傘買ったの覚えてるわ。今回は超快晴。

とりあえず腹ごしらえしようかと思ったんだけど、微妙に時間が早すぎて店がまだだったので先に東大寺の大仏を見に行く事に。やっぱ大仏さんのご利益はマストでしょって事で。

いやしかし天気が良かったのもあると思うけど、外国人がめちゃめちゃ多かったな。特に韓国人が多く感じた。日本人観光客が半分であとの半分が外国人ってくらいの割合にすら見えた。

そう言う図式は少し変わりつつあるのかもな。鹿せんべいあげてるのも外人さんの方が多く思えたし。

しかし久しぶりの大仏はやっぱ癒やされたわー。あんだけ人で溢れてる中でもその神秘的な壮大さが超パワースポット。日本人で良かったわーって思える瞬間。こういう史跡巡りはホント昔から好きだわ。父親の影響なんだろうな。

東大寺って何気に駅前から離れてて荷物はコインロッカーに預けてたけど2時間前後の徒歩だったわけでだいぶ疲れた後の昼飯は天スタ。奈良県民のソウルフードらしいラーメン。今までの奈良滞在では完全にスルーしてたんだけど、ようやく食べれた。

夜は大阪でオバリミのメンバーとミーティングする予定だったので近鉄で一旦大阪に出る。1時間かからないくらいの移動だったと思うので新宿〜八王子くらいの感覚なのかな?思ったより奈良って大阪に近いんだよね。

宿はアメ村に近いところでネットルームみたいなのを発見したのでとりあえずそこにチェックインして荷物だけ置いてきた。釣具とかも持ってたので荷物多かったし、手ぶらで遊べるって何かすげー開放感あってテンションアガるし。

そこからちょっとだけ時間があって串かつでも食べようかなーなんて思ったのでなんばから新世界まで歩いてたらなんとまさかのコスプレ大会みたいな感じの日本橋がすげー事になってたw

新世界の入り口で迎えてくれる通天閣は相変わらずの表情。あのレトロな感じが大阪の下町感溢れてて好き。

そのお久元に見つけてしまったこちらのゲーセン。俺らが小学生の頃に流行ったようなアーケードゲームがズラリ!あの頃の名機はほぼ勢揃い。もちろんプレイしてるお客さんもほぼ俺ら世代wこれおっさんたち萌えるわー。こういうセンス大好き!というか後世に残すべき歴史財産だと思うぜ。

串カツ食べて外に出たら辺りは暗くなってて通天閣がライトアップ。くぅーたまんないこの観光感。普段大阪にライブで行ってもこんな時間の使い方最近出来ないからね。昔はよく「オフ」って時間を作って1日遊んだりしてたけど、よくそんな時間の使い方出来てたなと感心する。

そこから少しだけ時間があったのでTwitterでジャガーがいる事を確認した上で庄内に向かう。ジャガーズでドッグを。いつもアポなしで行っちゃって申し訳ないwそしてホントは電撃酒場GORIまで行きたかったんだけど、ちょうど入れ替わりのタイミングでGORIさんが東京でライブだったからGORIは営業しておらず。残念!しかし庄内ホントいい街だよなー。

そこからアメ村に戻ってペーターと合流。ちょっとしてジュンとマサヤが合流。マサヤはこういったミーティングの時はずっとタイミングが合わず来れなかったんだけど、今回は時間を作ってきてくれた。・・が、まさかのグッサンが体調すぐれずでダウン・・。大丈夫かー。

マサヤのタイミングでまさかのAT-FIELDのチヒロが通りすがりで一緒に参加w逆に他のレーベルの人のやり方とかも聞けて勉強になったな。こういう交流会系のも面白いかもって思った。

そんなこんなで、諸々の計算話とモチベーション話をしていい感じに高まったんじゃないでしょうか。こうやってみんなで話しながら価値観を揃えていくのは大事かといつも思う。今回はちょうど去年リリースしたベストアルバムの打ち上げ的なタイミングだったのも良かった。

マサヤとチヒロは終電のタイミングだったけどテンション上がったウチラはそのままBuddyへ。21時くらいに通った時には開いてなかったけどどうやら深夜のお店みたいな感じになってるんだねwと、そこでATのアキヒロにもばったりwアメ村のAT率高いな!

結局すぐ1時すぎくらいで体力の限界来ちゃったので黒霧のボトルは入れたけどほぼ振る舞い酒で終了。ま、久しぶりにバディ行けたしね。ホントはあの朝方ツイートされる「今日もアメ村元気です」に写りたかったけど無理だわー・・・

いやしかしお腹いっぱい濃い一日だったなーwおつかれさんでしたー!

 

 

CATS EYE 〜キョウダイゲンカレコ発 @新宿ACB

昨日はCATS EYEの新作「キョウダイゲンカ」のレコ発に行ってきた。考えてみたらACBも久しぶりだったな俺。

バタバタの中で向かったのでちょうどCATS EYEの出番前の到着でSTUNNERとGoodMorningMomは見ることができなかった。これは残念。

という事でド頭からCATS EYEを見ることはできたんだけど、何か色々と考えさせられた。

今回の音源を作るにあたって8月くらいからずっとレコーディングとかジャケット制作とか、プロモーションとかやってきたわけなんだけど、そう言うのがサラサラっと流れて行っちゃったっていうか。

レコ発ってもっとレコ発感があって良いんじゃないかな?って思ったのは俺だけかな?

自分らが20歳の頃はCD作って、リリースして、ツアー回ってみたいなのが全然当たり前じゃなくて、ひとつずつ手探りで試行錯誤しながら作り上げていく感じだったけど、CDリリースが増えていたる所でレコ発ライブなんか目にしだすと、他のバンドと同じようにやってればいーじゃん?なのかなありきたりのMCとか、ありきたりの流れとかが増えた様な気がする。

もちろん月次なんて言葉はあるけど、レコ発ってそのCDができるまでのエピソードとか、新曲の思い入れとかそんなのも伝わったらイイなーって思うんだよな。じゃなきゃ普段のライブと何ら変わんないし。

まぁそもそも普段から「今日しかできない事」をやってればそこで特別になんて考えなくても良いのかも。そう言うのがもっとビシビシ伝わるライブをしてほしいなって思ったので終わってからメンバーに伝えた。

こう言うの言うと偉そうとか思われるかも知れんけど、誰かが言わなきゃならないんなら俺が言えば良いわけだし、自分のレーベルだしね。

それにしても相変わらず仲間が多いバンドだわ。それはホント感心する。結局ACBのパインも林さんもいたので気づけば始発まで付き合っちゃったわ。

これから始まるツアー。一回りでも二回りでも人間として大きくなって帰ってきてほしいな。がんばってちょうだい。

おつかれさんでした。

レーベル個人面談

昨日はCATS EYEのレンジュと差しで呑んできた。ZOMBIESTARZでもドラムを叩いてもらってるし器用なやつだ。

初めて会ったときは結構何を考えてるかわからない感じだったけど、CATS EYEを通して色々話ししたりすることが多くなってきたらなんとなく色々としっかり物事考えてるやつんだなーって思えるようになってきた。

大きかったのは前に俺がヘルプでCATS EYEを弾いた時に東京から九州まで車で移動だったんだけど、その時に結構色んな話ができたことかなー。長崎から東京に上京するくらいの時の話とか。

CATS EYEはもともとスリーピースでドラムもタクパンってやつが叩いてた時に知り合ったバンドで、レンジュはあとから加入したメンバーだったな。SHACHILDRENのCD出すくらいのタイミングで加入して確かあれはレンジュが叩いてないかくらいのタイミングだった気がする。

そこから絡み始めて当時はまだ20代前半でイケイケだったような気もするなwそんなレンジュが大人になったのか、はたまた環境がそうさせたのか結構しっかりした考え方できるようになったんじゃないかな?なんて思う。

まぁその辺はZOMBIESTARZで一緒にライブやったりとかもしてるから感じるものもあるのかな。こうやって差しで呑んで結構色んな話ができるようになったなーなんて思った。

いよいよ3月2日の金曜日にはCATS EYEの新譜「キョウダイゲンカ」のレコ発初日も控えてガッツリやってきてほしいからね。

気づけば3時間くらい話し込んじゃったけどお互い近所なので結構良い時間に切り上げれたかな。

まぁたまにはこんなレーベル個人面談もまた必要なのかなーなんて思った。

おつかれさんでした。

俺とSABOTEN

月曜に発表されましたSABOTENとのツーマン。思った以上に反響があったみたいでやっぱり嬉しい。言ってもその1週間前の3/25(日)もSABOTENは名古屋でSTUNNERのツアーで一緒なんだけどね。てことはまぁ同じことやらないよなってなる。

SABOTENはホント出会いは古いなー。新宿ACBでリョウスケがやってたイベントでSABOTENとしては初めてブッキングしてもらって、その時はまだ力士とか入ってるデモテープだったなー。

実はキヨシのやっていたSABOTENの前身バンドで対バンしてた事をその時に聞かされてびっくりしたのも覚えてる。前身バンドからSABOTENまででだいぶ年月空いたからな。

それがもう2000年くらいの出来事だと思うから今年で・・・18年目とかかー。

え?SABOTENは19周年とか言ってなかったっけ?あれ?てことはホント出来たばかりのSABOTENと対バンしてたってことかー。

そういやあの頃のドラムは後のMARGALINEのドラムになったユウスケだったな。そんでMARGALINEのドラムがサケだったな。そんな時代があったなー。まさかのトレード事件だったからなw

滋賀の堅田にあったハックルベリーって箱でSABOTENのレコ発に一緒して、そこで初めてHi ROCK HiのCDを手にして衝撃を受けたなー。めっちゃ良い音源だしてるじゃんかーって。

そのCDを上手いこと流通に流せてないような相談を受けて、そこから丁度自分が初めたばかりのレーベルDUSTBOX RECORDSで出すことになったんだよな。

俺のレーベル入ってからは特に指示することも無く、自由にやらせてたなー。でもその時にリリースしてくれたNO RAIN,NO RAINBOWも名作だったよなー。

でもそんな感じで野放しにしてたからかあっという間にメジャーに行っちゃったなー。まぁ本人たちが選んだ道だし、止める理由なんてあるわけもないので本人たちの意思に任せて見送った感じだったかな。

それから少し距離を置きながらもちょこちょこ一緒にやったりしてて、ようやくこっちに戻ってきたタイミングでAFRICAN MARTENSのスプリットだったな。それきっかけでAFRICAN MARTENSってツーマンイベントやったりとかするようになったのかもな。

で、うちらの解散の時ももちろん駆けつけてくれたし、復活の時も即答でOK出してくれたバンド。チヨンが入ってからも変わる事なく昔と同じままのSABOTENはこれから先もSHACHIにとって大事な仲間だし相棒なんだろうな。

2016年の夏には渋谷で一緒にステージに立つツーマンとか初めての試みやらせてもらったりとか俺らに無茶振りして来るのもSABOTEN。いつもギリギリになって言って来るからな。今回はまた何かやらされるのかな?なんて期待はしてるけどw

まぁ何はともあれ仲の良いバンドと一緒にやれる機会が多いのは嬉しい事だ。また人生の楽しみが一つ増えたって事で。

4月1日が”嘘みたい”に良い日になったらいいな。

お疲れさんでしたー。

OVER LIMIT @大塚Hearts+

あれだけ一日中呑んでたのに朝は結構スッキリ起きれたのは完全にウコンのおかげだと思う。ただ、明らかに体力は使ってるはずなので体内的なダメージはあるんだろうな・・

そんな夜はOVER LIMITが東京でライブだってことで大塚のHearts+って箱へ観に行って来た。

大塚にライブハウスって他にもあった気がするけど、山手線沿線だけどあんまりライブハウスってイメージがある街じゃないから何か新鮮。大塚って駅降りたの10年以上ぶりだと思うわ。20年以上前に大学受験で謎に大塚の駅から帰った覚えはあるけど。

どうやら大宮にあったHeartsが西川口に移転して、さらに大塚にもできたっぽい。ということで新参的なライブハウスでないことは理解。地下への階段を降りてドアを開ければ結構綺麗な造りの空間。アイドルとかも使ってる箱っぽくて居心地良さそう。

昨日は前から気になってた絶叫する60度っていうバンド?が主催してるイベント。まさかのトリ前出演だったけど、すげー人気だね。というかMVではバンド形態だったからてっきりバンドだと思ってたら2人組のアイドルユニットなんだね。個人的に生演奏でんバージョンを観たかったなー。にしてもエネルギッシュですごい。フロアのお客さんたちも。楽曲のギターリフとかコッテコテで好きな感じだったから次はバンド形態の時に観てみたいと思った。

そしてオバリミ。平日の大塚のライブハウスに結構お客さんも多い中で、安定の熱量放てるOVER LIMITはやっぱ好きだわー。ペーターもいい感じで馴染んできたし何より楽しそうにプレイしてるのはいいね。

今回このタイミングでベストアルバムを出して、昔の曲を掘り下げたりしてレパートリー増やしたり、オバリミってバンドの事を改めて全部観れたりと、ペーターも俺も勉強になってると思う。そしてもっと惹かれて行けばいいなーって思ってる。

俺にできることは未知数だけど、昨日はホールから観たオバリミを終わってから軽くアドバイスしてサクッと箱を後に。何気に大塚から帰るのも遠いので。

 

 

CATS EYEの”キョウダイゲンカ”リリース

いよいよCATS EYEの新譜がリリースされた。ぶっちゃけこの話自体は去年の夏前から進んでいたプロジェクトで、OVER LIMITのリリースに併せてレーベルで2枚同時リリースとかできたら良いねとか色んなワクワクする事を考えてたんだけど、何やかんやで計画通りになんて行かず、やっと昨日がそのリリースとなったわけだ。

リリースなんてものは発表してから2〜3ヶ月で世の中に商品が出回るわけだけど、その水面下で半年以上前から色々計画が進められているもの。その下準備が無ければホント事故るからね。

その下準備って結構地味な作業が多く、パソコン仕事がほとんどなのでこの冬前くらいに流石に外出先でも触れる環境作らなきゃ・・ってなってMacを購入したってこと。だいぶ投資してるよな俺自分にw

オバリミがレーベルに加わったのもあって一年通してレーベル業ってものに携わる時間が増えた。自分の時間なんてどんどんなくなってきているけど、その分やりがいもめっちゃある。まだまだ結果が出てないから大変なことは多いけど、ひとつひとつ楽しんでやっている。

まぁだからこそバンドにも本気で向き合って欲しいんだよな。

実は俺のレーベルなんかは踏み台で良いから早く自分たちで独り立ちして欲しいのが本音。レーベルのブランド力なんかよりもバンドのブランド力だと思うんだよな。SHACHIはずっとそうやってきたし。そう言う力を身につけてくれたらいつでも飛び出して行って欲しいと思ってる。

だから自分のやるべきことはバンドを育てることかなと。自分の知ってるノウハウはもちろん全部伝えるし、やれることは全部メンバーにやらせる。それでも足りない部分はさらに「頑張れば良い」ってね。

他のレーベルに比べたら俺なんて全然厳しくないかもね。嘘さえつかなければバンドのカラーには俺は口出ししないし、サウンド面も自分たちで考えさせる。だってそもそもそれが良いと思うからCD出すんだし。

そんな想いも詰まって今回の音源がリリースされたってわけだ。赤ちゃんが産まれたって例えよりも、娘を嫁に出す親父の気持ちって言うか。

こっから先はバンドが頑張るところだし。

いよいよレコ発も始まるしね。全国にこの音源を広めて帰ってきて欲しい。

CATS EYEをよろしくお願いします。

CDよ行ってらっしゃい。

前日ちゃんと東京まで帰って来たおかげでいつも通りの月曜日を迎える。世間は月末って事でバタバタはしてたけど順調な滑り出し。

昨日はちょうどCATS EYEのIMCの発注が来てたので、その商品をまとめて倉庫に出荷作業。こうやって注文が入るのはやっぱ嬉しいね。早いところ俺の家にある在庫を片付けて欲しいもんだw

先日の大阪のライブの時もそうだったけど、CDが売れるとか売れないとかもちろんレーベルからすると死活問題な部分でもあったりするけど、アーティストにとっても作品を形にするっていう作業の話になるわけで、自分たちで節目を作る機会を失ってなーなーになっちゃうアーティストも出るんじゃないかな?なんて不安もある。

やっぱりひとつの物に詰め込むって作業がCD制作であり、バンドの中で喧嘩したり同調したり色んな思いをぶつけ合って完成する大切なものなんだよな。ジャケット一つにしても手抜きとかホント嫌だし、細かい文字一つまでチェックしてリリースするわけで、見て欲しいとかよりも「こだわりたい」気持ちが詰まったものかと。

そんな「こだわり」の部分を見てもらいたくて、こうやってCDを作り続けるんだろうな。だから少しでもこの行動に興味を持ってくれる人が居てくれる事、増える事がとても嬉しい。そんなのを手伝いたくてレーベルやってるわけだ。

ぶっちゃけホント毎度のことながら自分のレーベルは赤字だらけ。プラスになんてこれっぽっちもなっていない。もちろん俺の頑張りが足りないんだけどね。だからやることは明確。思いついたことを片っ端からやれば良い。まずはそれだなと。

CATS EYEのリリースがいよいよ来週に迫った。金はないけど気持ちはある。それこそインディーズ魂。というかそれしかない。

やれる事全部やって取りこぼしのないように。そして後悔のないように。

がんばりましょうー。

お疲れさんでしたー。

新譜到着!

昨日はいよいよ春くらいの動きを決め始めて来た。週明けにはお楽しみの発表もしなきゃだし、準備することは大量。全然おさまらない俺の繁忙期w

21時くらいに仕事を切り上げてサンボブのユウスケを誘って近所の中華屋で軽く乾杯。ちょっとして仕事終わったSPLASHのコイケも合流して終電くらいまで軽くちん。気づけばこのパターン先週と一緒だなw

そう言えば午前中にCATS EYEの新譜が届いた。それを仕分けして流通に発送する作業。このできたばかりのCDのダンボールを開ける瞬間はいつになってもワクワクだよなー。誰よりも早く製品版のジャケットを見れるこの優越感というか。

ということでこの感動はメンバーと共有しようとちゃんとLINEで写真を送ってあげる。

ここまででとりあえず流通作業はひと段落。先日の雪のおかげでバイクでうろちょろするのにも怖いし、ガラガラ引いて持っていくのとかも結構な重労働。

同じタイミングで届いたMacの電源。純正じゃないんだけど、こんなのが今の時代にはゴロゴロ安く売ってるんだね。さすが中国。昔なんかそんなのないから1個買い足ししただけで1万とか当たり前だったからね。大助かり。

とりあえず無事に納品も終わり、まだやることはあるけど一つずつ順調に片付いて行ってる感はある。2月7日のCATS EYEの新譜リリースに向けてあと少し!頑張りますー。

お疲れさんでしたー。