俺とSABOTEN

月曜に発表されましたSABOTENとのツーマン。思った以上に反響があったみたいでやっぱり嬉しい。言ってもその1週間前の3/25(日)もSABOTENは名古屋でSTUNNERのツアーで一緒なんだけどね。てことはまぁ同じことやらないよなってなる。

SABOTENはホント出会いは古いなー。新宿ACBでリョウスケがやってたイベントでSABOTENとしては初めてブッキングしてもらって、その時はまだ力士とか入ってるデモテープだったなー。

実はキヨシのやっていたSABOTENの前身バンドで対バンしてた事をその時に聞かされてびっくりしたのも覚えてる。前身バンドからSABOTENまででだいぶ年月空いたからな。

それがもう2000年くらいの出来事だと思うから今年で・・・18年目とかかー。

え?SABOTENは19周年とか言ってなかったっけ?あれ?てことはホント出来たばかりのSABOTENと対バンしてたってことかー。

そういやあの頃のドラムは後のMARGALINEのドラムになったユウスケだったな。そんでMARGALINEのドラムがサケだったな。そんな時代があったなー。まさかのトレード事件だったからなw

滋賀の堅田にあったハックルベリーって箱でSABOTENのレコ発に一緒して、そこで初めてHi ROCK HiのCDを手にして衝撃を受けたなー。めっちゃ良い音源だしてるじゃんかーって。

そのCDを上手いこと流通に流せてないような相談を受けて、そこから丁度自分が初めたばかりのレーベルDUSTBOX RECORDSで出すことになったんだよな。

俺のレーベル入ってからは特に指示することも無く、自由にやらせてたなー。でもその時にリリースしてくれたNO RAIN,NO RAINBOWも名作だったよなー。

でもそんな感じで野放しにしてたからかあっという間にメジャーに行っちゃったなー。まぁ本人たちが選んだ道だし、止める理由なんてあるわけもないので本人たちの意思に任せて見送った感じだったかな。

それから少し距離を置きながらもちょこちょこ一緒にやったりしてて、ようやくこっちに戻ってきたタイミングでAFRICAN MARTENSのスプリットだったな。それきっかけでAFRICAN MARTENSってツーマンイベントやったりとかするようになったのかもな。

で、うちらの解散の時ももちろん駆けつけてくれたし、復活の時も即答でOK出してくれたバンド。チヨンが入ってからも変わる事なく昔と同じままのSABOTENはこれから先もSHACHIにとって大事な仲間だし相棒なんだろうな。

2016年の夏には渋谷で一緒にステージに立つツーマンとか初めての試みやらせてもらったりとか俺らに無茶振りして来るのもSABOTEN。いつもギリギリになって言って来るからな。今回はまた何かやらされるのかな?なんて期待はしてるけどw

まぁ何はともあれ仲の良いバンドと一緒にやれる機会が多いのは嬉しい事だ。また人生の楽しみが一つ増えたって事で。

4月1日が”嘘みたい”に良い日になったらいいな。

お疲れさんでしたー。

OVER LIMIT @大塚Hearts+

あれだけ一日中呑んでたのに朝は結構スッキリ起きれたのは完全にウコンのおかげだと思う。ただ、明らかに体力は使ってるはずなので体内的なダメージはあるんだろうな・・

そんな夜はOVER LIMITが東京でライブだってことで大塚のHearts+って箱へ観に行って来た。

大塚にライブハウスって他にもあった気がするけど、山手線沿線だけどあんまりライブハウスってイメージがある街じゃないから何か新鮮。大塚って駅降りたの10年以上ぶりだと思うわ。20年以上前に大学受験で謎に大塚の駅から帰った覚えはあるけど。

どうやら大宮にあったHeartsが西川口に移転して、さらに大塚にもできたっぽい。ということで新参的なライブハウスでないことは理解。地下への階段を降りてドアを開ければ結構綺麗な造りの空間。アイドルとかも使ってる箱っぽくて居心地良さそう。

昨日は前から気になってた絶叫する60度っていうバンド?が主催してるイベント。まさかのトリ前出演だったけど、すげー人気だね。というかMVではバンド形態だったからてっきりバンドだと思ってたら2人組のアイドルユニットなんだね。個人的に生演奏でんバージョンを観たかったなー。にしてもエネルギッシュですごい。フロアのお客さんたちも。楽曲のギターリフとかコッテコテで好きな感じだったから次はバンド形態の時に観てみたいと思った。

そしてオバリミ。平日の大塚のライブハウスに結構お客さんも多い中で、安定の熱量放てるOVER LIMITはやっぱ好きだわー。ペーターもいい感じで馴染んできたし何より楽しそうにプレイしてるのはいいね。

今回このタイミングでベストアルバムを出して、昔の曲を掘り下げたりしてレパートリー増やしたり、オバリミってバンドの事を改めて全部観れたりと、ペーターも俺も勉強になってると思う。そしてもっと惹かれて行けばいいなーって思ってる。

俺にできることは未知数だけど、昨日はホールから観たオバリミを終わってから軽くアドバイスしてサクッと箱を後に。何気に大塚から帰るのも遠いので。

 

 

CATS EYEの”キョウダイゲンカ”リリース

いよいよCATS EYEの新譜がリリースされた。ぶっちゃけこの話自体は去年の夏前から進んでいたプロジェクトで、OVER LIMITのリリースに併せてレーベルで2枚同時リリースとかできたら良いねとか色んなワクワクする事を考えてたんだけど、何やかんやで計画通りになんて行かず、やっと昨日がそのリリースとなったわけだ。

リリースなんてものは発表してから2〜3ヶ月で世の中に商品が出回るわけだけど、その水面下で半年以上前から色々計画が進められているもの。その下準備が無ければホント事故るからね。

その下準備って結構地味な作業が多く、パソコン仕事がほとんどなのでこの冬前くらいに流石に外出先でも触れる環境作らなきゃ・・ってなってMacを購入したってこと。だいぶ投資してるよな俺自分にw

オバリミがレーベルに加わったのもあって一年通してレーベル業ってものに携わる時間が増えた。自分の時間なんてどんどんなくなってきているけど、その分やりがいもめっちゃある。まだまだ結果が出てないから大変なことは多いけど、ひとつひとつ楽しんでやっている。

まぁだからこそバンドにも本気で向き合って欲しいんだよな。

実は俺のレーベルなんかは踏み台で良いから早く自分たちで独り立ちして欲しいのが本音。レーベルのブランド力なんかよりもバンドのブランド力だと思うんだよな。SHACHIはずっとそうやってきたし。そう言う力を身につけてくれたらいつでも飛び出して行って欲しいと思ってる。

だから自分のやるべきことはバンドを育てることかなと。自分の知ってるノウハウはもちろん全部伝えるし、やれることは全部メンバーにやらせる。それでも足りない部分はさらに「頑張れば良い」ってね。

他のレーベルに比べたら俺なんて全然厳しくないかもね。嘘さえつかなければバンドのカラーには俺は口出ししないし、サウンド面も自分たちで考えさせる。だってそもそもそれが良いと思うからCD出すんだし。

そんな想いも詰まって今回の音源がリリースされたってわけだ。赤ちゃんが産まれたって例えよりも、娘を嫁に出す親父の気持ちって言うか。

こっから先はバンドが頑張るところだし。

いよいよレコ発も始まるしね。全国にこの音源を広めて帰ってきて欲しい。

CATS EYEをよろしくお願いします。

CDよ行ってらっしゃい。

前日ちゃんと東京まで帰って来たおかげでいつも通りの月曜日を迎える。世間は月末って事でバタバタはしてたけど順調な滑り出し。

昨日はちょうどCATS EYEのIMCの発注が来てたので、その商品をまとめて倉庫に出荷作業。こうやって注文が入るのはやっぱ嬉しいね。早いところ俺の家にある在庫を片付けて欲しいもんだw

先日の大阪のライブの時もそうだったけど、CDが売れるとか売れないとかもちろんレーベルからすると死活問題な部分でもあったりするけど、アーティストにとっても作品を形にするっていう作業の話になるわけで、自分たちで節目を作る機会を失ってなーなーになっちゃうアーティストも出るんじゃないかな?なんて不安もある。

やっぱりひとつの物に詰め込むって作業がCD制作であり、バンドの中で喧嘩したり同調したり色んな思いをぶつけ合って完成する大切なものなんだよな。ジャケット一つにしても手抜きとかホント嫌だし、細かい文字一つまでチェックしてリリースするわけで、見て欲しいとかよりも「こだわりたい」気持ちが詰まったものかと。

そんな「こだわり」の部分を見てもらいたくて、こうやってCDを作り続けるんだろうな。だから少しでもこの行動に興味を持ってくれる人が居てくれる事、増える事がとても嬉しい。そんなのを手伝いたくてレーベルやってるわけだ。

ぶっちゃけホント毎度のことながら自分のレーベルは赤字だらけ。プラスになんてこれっぽっちもなっていない。もちろん俺の頑張りが足りないんだけどね。だからやることは明確。思いついたことを片っ端からやれば良い。まずはそれだなと。

CATS EYEのリリースがいよいよ来週に迫った。金はないけど気持ちはある。それこそインディーズ魂。というかそれしかない。

やれる事全部やって取りこぼしのないように。そして後悔のないように。

がんばりましょうー。

お疲れさんでしたー。

新譜到着!

昨日はいよいよ春くらいの動きを決め始めて来た。週明けにはお楽しみの発表もしなきゃだし、準備することは大量。全然おさまらない俺の繁忙期w

21時くらいに仕事を切り上げてサンボブのユウスケを誘って近所の中華屋で軽く乾杯。ちょっとして仕事終わったSPLASHのコイケも合流して終電くらいまで軽くちん。気づけばこのパターン先週と一緒だなw

そう言えば午前中にCATS EYEの新譜が届いた。それを仕分けして流通に発送する作業。このできたばかりのCDのダンボールを開ける瞬間はいつになってもワクワクだよなー。誰よりも早く製品版のジャケットを見れるこの優越感というか。

ということでこの感動はメンバーと共有しようとちゃんとLINEで写真を送ってあげる。

ここまででとりあえず流通作業はひと段落。先日の雪のおかげでバイクでうろちょろするのにも怖いし、ガラガラ引いて持っていくのとかも結構な重労働。

同じタイミングで届いたMacの電源。純正じゃないんだけど、こんなのが今の時代にはゴロゴロ安く売ってるんだね。さすが中国。昔なんかそんなのないから1個買い足ししただけで1万とか当たり前だったからね。大助かり。

とりあえず無事に納品も終わり、まだやることはあるけど一つずつ順調に片付いて行ってる感はある。2月7日のCATS EYEの新譜リリースに向けてあと少し!頑張りますー。

お疲れさんでしたー。

Dodge’75

昨日は中野でスタジオだったCATS EYEにタワーレコードのコメントカードを渡すミッションがあったので夜は高円寺へ向かう。二日連続の高円寺とか久しぶりかも。

外は寒かったので嵐坊で鍋をしばきながら時間を潰して無事キャッツのメンバーにカードも渡してミッション完了。ちょうどいいくらいだったのでそのまま帰るか・・と昔のGEARの入ってたビルの前を通ったら何と1Fの韓国料理屋も閉店・・・

あれ?っと思って張り紙見たらどうやら今週いっぱいでこのビルが終わりっぽい。ということは、この5Fに入ってるDodge’75は?って不安がよぎる。

Dodge’75と言えばSTARLAND EXPRESSの時のポスターとかアー写で使わせてもらったダーツのあるバー。その後も高円寺で呑んだ後の「もう少しだけ・・・」な時によく使わせてもらっていた高円寺で一番見晴らしの良いバー。ACB再開の話がある時もアンドリューと林さんと一緒に行ったこともあったかな。

とりあえず5Fに上がって見るとダーツやってる声も聞こえて来たしいつも通り?な感じ。ただマスターに聞いたらやっぱり今週末で終了らしい・・。

考えて見たらあの忌まわしい火事からあのビルはガラッと変わったんだよな。それまでいつも通り賑やかでGEARと20000Vという高円寺を代表するライブハウスが2軒も入ったビルが一夜にして廃墟みたいな感じになっちゃった。ショックだったよなー。

その後放水の影響とか言って地下に入ってた2軒のライブハウスは閉店に追い込まれ、2Fの火元の居酒屋と共に入り口を封鎖されるという何とも異様な光景。

それでも頑張って営業を続けてた5FのDoughもいよいよビルの取り壊しって事で立ち退きらしい。

まぁ言っても建物の老朽化とか閉鎖したままのテナントとかじゃ土地代とか勿体なさすぎる訳でしょうがないんだろうけど、やっぱりDoughのあの高円寺を上から見下ろせる景色ってのがなくなっちゃうのはさみしいな。好きなスポットだっただけに。

そんな話をマスターとしながら気づけば最後のお客さんでしたw

今週の土曜日まで?らしいけど、ほんとひょんなタイミングで前を通って気づいてよかった。なんか縁を感じちゃったな。また新しいお店をオープンするんだったら声かけて欲しいしな。

お疲れ様でしたー。

CATS EYEのインタビュー

昨日はCATS EYEのインタビューに立ち会ってきた。

実はCATS EYEはDUSTBOX RECORDSとしてインタビューを受けるのは初めてだったな。何度かそんな機会は無くは無かったんだけど、色々吟味してたらこんなタイミングまで童貞にしてしまった。

取材は激ロック。こいつらはやっぱり激ロックでちゃんと認知される様なバンドになってほしいなって願いも込めて。

雑誌媒体選びとかも色々考えるわけだ。お金が余ってればやれるもの全部やればいいじゃんって言えるけどそんなに懐事情に余裕は無い。となるといろんなものの中から最良の選択肢を探し出さなきゃならない。

インタビューなんかやらなくてもいいとか、意味がないとか言う人もいるかも知れないけど、俺は昔の人間って言われちゃうかな?でもこういう経験をちゃんとすることが大事だと思うんだな。

ぶっちゃけこんなインタビューっていう機会が無いと曖昧なままのイメージでリリースしちゃうアーティストとかいると思う。インタビュアーに根掘り葉掘り聞かれてそれに自分の言葉で答えるって言う試練を与えることによって、メンバーが改めて理解したり、言った自分も発言の責任を感じたりするもんなんだよね。

もちろんSHACHIにでも言えることだし、自分のレーベルのバンドにもそれを感じて欲しい。だからこうやって機会を作ってわざわざインタビューしてもらうんだ。そんなのインタビュアーの力借りずに自分でやれよって言われたら正論かもね。

でもそうやって起こしてもらった文章をくだらないとかいう言葉で片付けないで、色々汲んで読んでもらえたらそのバンドのことをもうちょっと興味持ってもらえるんじゃないかな?って期待してる。何かアクション起こさなきゃ機会すらもらえない弱小インディーズレーベルだからね。

初々しいインタビューだったけど、自分たちの言葉で色々受け答えしてるのとかもっと経験させて上げれたらいいなって思った。

いよいよ2月7日に新作リリースのCATS EYE。今回の激ロックのインタビュー記事は2月に発刊される激ロックの誌面に掲載されるのでぜひチェックして欲しい!

そしてCATS EYEの事を知ってほしい。

よろしくです!

 

 

レーベルだから

昨日はCATS EYEのレンジュを抜いた3人と中野で会ってきた。リリースに向けての動きの中で価値観がかみ合っていないと感じた事があったので。

俺もバンドマンなのであまりバンドの決定事項や良かれと思っている事には口出しや干渉はしたくない。自分も言われるのは好きじゃないので。

そもそもミュージシャンなんてのはクリエイターなんだし、その生み出したものにプライド持ってるわけだしね。

ただレーベルとなると少し話しは変わってくる。今はOVER LIMITも動いていて複数バンドのブランドなのだ。その中の一つのバンドが良いと思ったセンスも、レーベルというブランドが納得いかないのならそれはダメなのだ。それは俺が言わないとダメな部分だし。

そういう意味で俺が甘かったなと反省。やっぱ俺がカッコいいと思うものにこだわりたいし、そうでない物は出せない。ジャケットに載せる文言ひとつにしてもそうだ。俺の価値観。

バンドが自由にやりたいならやればいい。俺が推さないならロゴは載せないけど。ってなるわな。その代わりロゴを載せたものは全力で責任持って推す。

そんな事にただきちんと向き合いたいだけ。レーベルは任せとけば何かをやってくれる便利な大人じゃないし、お金持ちのスポンサーでも無い。ましてやなんでも許してくれる親でも無い。

DUSTBOX RECORDSは俺っていう人間のブランドだからね。舐められるもんならそりゃオイオイってなるし、そんな俺から離れてくバンドなら追いもしない。

俺だって自分の人生の貴重な時間を割いて色んなことやってるんだと。暇じゃ無い。

でもレーベルのみんなで良い景色見れたら良いじゃんって思うから頑張れるわけだし。

ふと仲間のレーベルオーナーのこと思い出して、アイツならどうするのかなー?とか考えた夜。まだまだ課題満載。頑張らにゃなー。

レーベル作業DAY

朝は結構スッキリ起きたので溜まっていた洗濯物をやっつけて昼飯も冷蔵庫の残り物で作り上げる。まぁぶっちゃけ冷蔵庫にあるものでメシを作れちゃうくらい材料が入ってたってことだからね。

昼に前日Amazonで注文したラミネートフィルムが来たので、それで「2CDPOP」っていうものを製作。名前の通りなんだけどCD2個分のサイズの横長の宣伝用POPの事で、コレはセンスとかも要る作業。こんなのもインディーズなので完全手作り。

何気にこの作業って結構ヘヴィで40個作るのに3時間くらいかかったかな。ラミネーターの機械も業務用とかじゃないから出て来るスピードとかめっちゃ亀だしwそれでも「これを一人でも見てくれたらいいなー」なんて思えばそんな作業が何一つ苦にならない。跳ね返ってくるのはすべて自分たち。

そこから諸々の書類整理とか。結構溜まってたなー。要らないものを処分してたらゴミ箱いっぱいになったけど、それくらい余分なもの溜め込んでるんだなー自分・・・。

夕方くらいに郵便局に不在票が入ってた荷物を取りに行って、そのついでに証明写真。そうそう10年のパスポートが6月に切れてて失効しちゃってたので取り直しって事で。初めて韓国行ったのが10年前ってことかー・・。

と言うか最近の証明写真ってのは+100円のオプションで「美肌モード」なんてのがあるのね。やっちゃったけどw

20年前のパスポート写真と、10年前のパスポート写真とが残ってるけど、やばいな俺の顔・・・。そして髪型・・。てことで年始くらいにまたちょっと韓国でも行ければなーなんて計画中。夏の約束があるからね。

そんなこんなで家の近所から一歩も出なかった一日だったな。晩飯も作ったし最近自炊がちゃんと増えてきていい感じ。メリハリ大事だよな。

結局なんやかんやで作業を続けて夜中の3時くらいに終了。やーたまの休みも休みじゃないなーやること満載。まだまだ続くぜー。ってかいよいよオバリミのリリースも近づいてきたしがんばるぜー。

お疲れさんでしたー。

オバリミのトレイラー作り

昨日はSHACHIのスタジオ。週末から続いてる寒波がマジ凄くてバイク乗ってたら太ももが凍っちまうんじゃないか?ってくらい寒かった。

こんな日はスタジオに行っても最初の20分くらいは手がかじかんでマジ動かないw

昨日は23日の高円寺に向けてのセトリ作りと12月のライブに向けた練習。いやいや最近の口癖みたいになったけど、ワンマンやりたい・・・。

というのもやれる曲はどんどん増えてるんだけど、それを披露する機会が少なすぎる。ライブの本数もそうかも知れないけど、一本あたりのライブでできる曲数とかもやっぱり限られててマニアックな選曲とか一応はやるけどそれでもやりきれてない曲とかは年に1回やれればいいくらいの確率だったり・・。

そんな鬱憤も晴らしたいので来年はそう言ったSHACHI企画をどんどんやっていけるように頑張りたいな。

遅い時間のスタジオだったので帰ってメシ作って・・って感じにもなれなかったので近所のつけ麺屋で晩酌して帰宅。

夜はOVER LIMITのトレイラー作り。これがお店で流れるんだーなんてワクワクしながら作ってる。今回の作品はホント集大成的なものだし、まだ自分のレーベルから出して3作目でこんな大作に携われるのは幸せかもな。俺も頑張って広めていかなきゃな。

そう言えば最近話題になってる保湿クリームのヒルドイド。これマジ俺普通に医療用に使ってる方なんですが、こういうの勘違いされると困るんだよなー。って言うか使うやつもそうだけど、それを処方する薬剤師ってその説明してお金もらってる職業なのにちゃんとしなきゃってなるわなー。単純に値段上げたりとかで対処できるとは到底思えんのだけど・・。マジ迷惑ー。

気づけば夜中。また先週みたいに寝る時間が少なくなると体調崩したりしちゃいそうだからちゃんとしなきゃなーなんて思う。

まぁ毎年のことながら師走は忙しくなるな。

おつかれさんでした。