Take out bright @高田馬場PHASE

仕事終わりで高田馬場へ。前のSHACHIのスタジオぶりだけど電車で行くのは久々だったかな。

晩飯食べてなかったので途中にあった前に気になってた激辛のラーメン屋に寄ってから向かったんだけど、辛さ的には食べれるくらいだったけどお腹の方が暑い感じで箱について汗をかく失敗。

着いたとこでVELOCITYが最後の音を出してるタイミング。見たかったわー。でもモニターでも結構人が入ってるのがわかった。

TOBのシンゴから数日前に連絡があってツアーファイナルの招待を受けた。実はライブ自体にもSHACHIで誘ってもらってたんだけどワンマンのタイミングだったので断った経緯があった日。

春にようやくTOBがアルバムをリリースすることが出来てすぐにCDも持ってきてくれたし、やはりバンドにとってレコ発とかリリースってホント大事なポイントなんだなって改めて感じた。ホールでは酒まみれの客が暴れ回っててまるで初台WALLの光景。それでもPHASEでやる意味があったんだろうな。

知ってた曲もあったけど新曲多め。考えてみたら今のメンバーになってからはしっかり見れたの初めてじゃないだろうか。泥臭い感じは変わってないし、やはりワンツアーの結果もあるだろうけどひとまわり大きくなってる感がある。そんな説得力のあるステージだった。

終わってからVELOCITYの坂もっちゃんとTOBのメンバー、ユウキにヒマワリを渡して、新宿ACBにまっすぐ向かう。

ACBのほうはパイン仕切りの弾き語りイベントで相当数の出演者がいたみたい。行ったときにはすでにラス前のSUPER COLAの土井ちゃんで、その後ONE’S TRUTHのノリが歌って終了だった。見たらわかる感じのグダッとした感じだったけど、ライブハウスが楽しい空間ってことには違いないし、俺は嫌いじゃない。まぁ弾きたがりで慣れただけかもしれんけど。

俺が行った時点で23時前くらいだったけど半分くらいは居たのかな?結構ワイワイしてたので入り込んで一緒になって打ち上がらせてもらった。こんなイベントをサクッと組めちゃうパインも流石だわ。

結局の所翌日が早かったのでそこで終了だったけど、ホントは沖縄からトモヤとかが来ててそこから一緒に呑もうか的な話をしてたんだけど、流石にそこは厳しそうだったので昨日は終了。こうやってイベント事が集中する日ってたまにあるんだよなー。大阪ほどじゃないけどw

おつかれさんでしたー。

本気度

昨日はちょこっと残業してたらよい時間になっちゃったので帰りに高円寺で一杯引っ掛けてきた。ちょうど帰るくらいの時間にサッカーの日本代表戦が始まるくらいで高円寺の街が少しだけ静かに感じた。

試合が始まったくらいで今度はキャッチの呼び込みも「代表戦やってますよ!」に変わって街がそわそわし始める。気にならないわけは無いのでもう一軒…ってなってしまう。

結局1点入れられたところで諦め帰宅。

家に帰ってから結果だけ見ようとテレビつけたらロスタイムのパス回しシーンで何か残念な気持ちになっちゃったな。確かに結果オーライだし決勝トーナメント上がれるけど「じゃ応援してたうちら何だったの?」ってなるわな普通。

まー言ってもワールドカップのことよくわかってないし俺が言うような事じゃないとは思うけど何かモヤっとした夜だったなー。次のベルギー戦をスカッと勝ってくれれば帳消しなんだろうけどw

音楽やってるからか何となく「手抜き」って言葉に敏感なのかもなー。そういう風に見えるものが苦手なのかなー。実際そうじゃなくても。我武者羅に見える方が好きなんだろうなー俺。

もちろん自分に対してもね。そんな歌を歌ってるような気もするし。

さーワンマンまであと2日。高めて行かなきゃなー。

おつかれさんでしたー。

ワンマンの曲順を練る

昨日はヒマワリの先行配信リリース日。思ったよりたくさんの人が反応してくれたのは嬉しかった。Viva La Youthぶりに世の中にリリースって言葉を使った気がするけどやっぱ気持ちいいねこの響き。

お客さんからもそうだけど、たくさんのバンドマンからメッセージを貰ってテンション上がったわー。こういうの超嬉しい。

そして酒田の仲間から今年もまたさくらんぼが届きましたー!うれしー!もうそんな季節なんだなー。

夜はスタジオでワンマンに向けた曲順の確認。今回はチヨンにたたき台を作ってもらってヒデタに手直ししてもらって、それをみんなで確認しながら最終的に組立上げた。

ぶっちゃけ相当な曲数なんだけど、それをどう組み立てて行ってどう表現するかとか全体の流れを考えてとかマジで大変な作業。もちろん3公演とも違うセトリを考えているからまだ大阪の分しか出来ていない。

まぁ実際にライブやってみて色々見える部分があると思うから、後は大阪次第かなと。

にしても、クアトロでやろうと新神楽でやろうと演る曲数とか全然変わらないわけで、距離が近いか遠いか、会場が大きいか小さいかくらいの差しか無いわけだ。提供するうちらは気持ち的に何も変わらない。

たっぷりSHACHIを楽しんでもらえるように頑張るのみ。なかなか濃いセトリが組み上がったし。

色々準備してたのも大詰め。ワンマンまで後3日!

よろしくどうぞー!

ヒマワリの音源

昨日はヒマワリの音源の配信開始の前日だったんだけど、バタバタでギリギリになってしまったのもあって0時きっかりのオープンにはならなかったみたいで関係各所に迷惑を掛けてしまいました…申し訳ありません。

とりあえずセットアップは完了しているので、後は各配信先から配信されるのを待つのみって感じです。せっかくライブ前に配信をスタートさせたんだからそこまでには間に合って欲しい気持ちです。

という事で半端じゃなく毎日やることに追われながらもバンドマンしてるぜって充実感はめっちゃある今日この頃。イイか悪いかは結果次第で自分判断じゃないかも知れないけど、インスピレーションも結構いい感じで湧いてるのでこういうときは制作欲ってのが高まってたりする。

夜はヒマワリのCDのジャケットが届いてそれの組み立て作業で内職。とりあえず新神楽に発送する分だけでもと急いで組み立てる。こんな作業すら遠足の前日みたいでワクワクする。

考えてみれば昔からこんなワクワクが好きだったかも。デモテープをライブの前日にダビングデッキで大量にコピーして、ジャケット切って組み立てて、翌日のライブで何本配れるかな?なんて考えながら作業してたっけ。もう20年以上前から同じことずっとやってるわ。バンドの楽しみってそこなんだろうなー俺。

そういう意味では今回このヒマワリの音源をリリースするってことには色々初心に戻る部分が多い。今のSHACHIでまた最初からやってる感も再始動して3年でようやく実感が湧き出した感じかな。

ワンマンまであと少し。というよりは7月はワンマンだらけ。たっぷり楽しんでこようと思う。

FENICEの事務所にて

昨日の夜はFENICEの事務所に行ってきた。FENICEと言えばSHACHIのレーベルun-doの母体の方の会社で九段下に事務所がある。靖国神社の目の前のレーベルだから日本で一番日本の中心に近いインディーズレーベルかとw

新宿から九段下までの移動はなかなかめんどくさく地下鉄を2本乗り継ぐ。途中で売ってたワゴン販売のプリン屋さんで何となく社長の安藤さんにお土産を買って行く。

事務所は在庫のCDが山積みになっていて、SHACHIだけじゃなくてDUSTBOX RECORDSのCDやその他たくさんのCDが置いてある。SHACHIの昔のとかあると

「早く売りきらなきゃな・・」

なんて気持ちになるけど、中にはすでに在庫が切れてるものもあっていよいよベスト盤とか作らなきゃならんか??的なのをちらっと感じたりもする。

他にも一回解散した時に俺の家に保管されてたSHACHIの昔の写真とかもごっそり置かせてもらってたりしてたので、その辺も引張出してきたり。

どんな使い方ができるかはまだ未定だけど、置いておいたらただの置物だけど自分ら次第では宝物にも成り得ると考えれば面白いかも知れない。そんなのも数点頂いてきた。

そして昨日はいよいよ夏モデルのTシャツをリリース!これが7月1日の新神楽のライブから販売開始になります!「LIKE THE SUN,BURN YOUR HEART」です。

SHACHIのことを昔から知ってる人も、最近知った人にも聞いてほしい「ヒマワリ」が2018年のテーマ。ワンマンに向けていい感じで上がってきてる。

今度の日曜は思いっきり楽しもうと思う。

よろしくどうぞー!

晴れの中野

マジで前日送ってくれたFILTERのメンバーに感謝。ガッツリ昼くらいまで寝ることもできて体力回復。前日の雨は嘘みたいに上がっていい天気。とりあえず洗濯機を回してザッと干す。

先週くらいに届いてた投票用紙。昨日は杉並区長選挙があったので、家を出るタイミングで投票所へ。ライブが被ることが多いので大体は事前投票だったりするんだけど、今回はタイミングがあったので投票日に行く事に。こんな一票だって世の中のためになるのであれば大きな一票。

昨日は月イチのユウヤと国Pと呑もうって言ってた会があったので、昼から中野のセントラルパークってところで乾杯。国Pはまさかの娘の遠足とバッティングだったみたいで今回は参戦出来なかったけど、ex.ROLLING MANのフサのところは来れたので今回はメンツも違った感じで面白かった。

中野のその辺りのエリアって元々軍用地?かなんかで国有地の空き地みたいなとこだったんだけど、俺が引っ越してからのこの10年くらいで大学がビュンビュン立ってめちゃめちゃ開発進んだとこなんだよな。まさか10年前にこんなところでビアガーデンみたいなのができてるなんて思ってもいなかった。

まぁこんな近いところでそこまで混んでないスポットがあるのは嬉しいかなー。今年の夏はまた使いそうだわ。

からの夕方前くらいには移動して駅前の居酒屋に。外は外で雰囲気は良いけど何もかもが割高だしw

みんなと別れた後で、先日の静岡のライブの時にUNCHAINのタニからワカの店が中野にあるよって噂を聞いてたので、せっかくタイミングだしちらっと寄る事に。ワカは高田馬場のスタジオを使ってたROBINGOOD FELLOW時代に良くバーに行かせてもらってたんだけど、そこをたたんでからあんまり会えて無かったので元気そうで良かったw

前日のオンと昨日のオフとで上手いこと土日を使えた気がしたし、こうやって息抜きちゃんとできてるのも悪くないなって思う。

いよいよ来週はワンマン。準備ごとが多いけどがんばります。

おつかれさんでしたー。

 

柏DOMe 〜ROAD TO ONION 2018

朝は11時半には家を出発。電車で柏まで向かうルートだったんだけど、ザッと調べただけでも2時間弱かかる計算。なかなか遠い。運良く電車はそこまで混んでいなかったのでちょこちょこ座らせてもらうことが出来て助かった。

13時過ぎくらいには箱に到着したらどうやら自分が一着だったみたいで誰も居ない。SHACHIの到着ももう少し掛かりそうだったので近くのラーメン屋さんに入る。

戻ったタイミングでみんな入りでそのまま準備してリハ。昨日はアンドリューがPAで入ってくれていたので安心感が全然違う。DOMeは初めての箱だったんだけど、音に関しては何の問題も無くサクッとリハは終了。

リハ後にFULLSCRATCHのメンバーに誘われて軽く一杯付き合ってなかなかいい感じのグルーヴが出たところでオープン。

DOMeって初めてだったんだけど、色んな導線がすごくちゃんとしてて居心地の良い箱だった。客席も後ろからの入場だし、2Fには逃げ場もあるし、搬入経路はちゃんと確保されてるし。機材をためておく場所とかもちゃんとあるから楽屋スペースもしっかりしてるし。ライブハウスの事をわかってる人が作った箱感が素晴らしい。

一発目はFILTER。ドラムのアキラは昔REDNEXというバンドをやっていて、一緒に熊本とかまでツアーで行ったりその後COUNTRY YARDに入った時も挨拶しに来てくれたっけ。なんだかんだで繋がってたけどこうやってまたバンドとして対バンはホント久しぶりだったし、お互いバンドをやってればまたこういう再会があるんだなーなんて感慨深いものがあった。こんなチャンスをくれたホスコにマジ感謝だな。

そしてうちらの出番前にフルスクラッチ。先にもらってたタイムテーブルではうちらの方が先の出番だったんだけど、アンドリューのPAとか諸々の事情でうちらがトリ前という流れになったっぽい。いやしかしあの自由な雰囲気はホント羨ましいよ。ZOMBIESTARZでやりたい事がもしかしたら近いかも知れないけどwみんなそれぞれのバンドもやったりしながらの器用な連中なんだよな何気に。

で、うちらの出番。思ったよりもあっという間に出番だった気がした。昨日はちょっとメロディック寄りなセトリを組んでるつもりだったんだけど、アカマからのリクエストでROCK’N ROLL SUPER STARに差し替え。結構こういうぎりぎりの曲変更ってあるけど、これもこれでライブの楽しみのひとつなんだよな。予定通りじゃない良い感じの緊張感っていうか。

オニオンのイベントは実はちゃんとこうやって呼んでもらえたのは初めてかも。仲間のバンドがたくさん出てるのを横で見ながら羨ましいなーなんて思ってたイベントだけに、こうやって呼んでもらえたことがホントに嬉しかった。そんな想いも込めて柏のステージに残せたらいいなーって伝われと全力投球。

そしてラストはHOTSQUALLがバッチリ千葉をまとめ上げてくれてた。千葉の兄貴分的な感じがイイんだよなー。こうやって地元ってエリアでガッツリやれてるホスコはホント素晴らしい。こういうのの積み重ねで地元密着のフェスができてるわけで、そんな一日に誘ってもらえた事がホント誇り。3連チャン中日だったみたいだけど疲れなんか全然無しのアゲアゲな感じとかいいよねー。最前のお客さんの顔もステージ横から見えたけどみんな目がキラキラしてたし。

終わってから外でrootrunkのヒデオと一緒にフライヤー配りやってたけど色々声かけてもらえて嬉しかったなー。ああやって直に反応聞けるから終わってからのビラ配り楽しいんだよなーw

打ち上げは近所のカレー屋でみんなで激辛食ってヒーヒー言ってたのが笑えたw俺なんかは辛いの好きだからむしろ大歓迎だったけど。隣に座ってたFILTERの高野と二人で辛いのの処理班やってたw

ホントは23時過ぎには帰らないと終電だったんだけど、そんな雰囲気でもなくFULLSCRATCH号が乗っけてくれるって話してくれてたんだけど、話してた高野がどうやらFILTER号が俺の方向と同じ感じだったので乗っけてくれるって言ってくれて家まで送ってくれた。マジ感謝しきれんくらい感謝!おかげで1時台には家に着くことも出来た。もうFILTERには頭が上がらない関係に。

SHACHIとして久々の柏で、なんだかめちゃめちゃ愛を感じた一日だったなー。バンドやっててよかったなーって素直に思えた夜。

おつかれさんでしたー。

森智義 @東新宿LOVE TKO

仕事終わりで歩いて東新宿を目指す。西新宿から東新宿までは徒歩で20分ほど。電車に乗っても地下鉄の乗り換えとか面倒だし歩けばいっかってなる。金曜の大久保界隈は未だ韓流ブームなのか女の人で溢れてる中を抜けて明治通りに出る。この辺まで来ると落ち着いてる感じ。

そもそもLOVE TKOなんて箱は初めて聞いたわけで、そんなとこにできるとこあったんだって感じ。TKOって東京の略なのかな?細い階段を下った先にドアがあり開けたらいきなりホール。奥にカウンターがありチケットはそこで支払い。

入って一発目でいきなり森智義の出番。ちゃんと時間どおりに行けてよかったわ。仕事帰りのサラリーマンっぽい20代くらいの子らがたくさん居たのは結構衝撃だったなー。こういうところに人って集まってるんだーって。結構お客さんも入ってた。

森智義の聴きたかった曲はだいたいやってくれたし、お酒の曲を急遽作ったとか言いながらなかなか仕上がってたのとかホントすげーと思うわ。そもそも声のトーンが好きなんだろうなー俺。満足のステージだった。

からの二番手の人はまさかの手品師だった。なんだかんだで弟の手品を見慣れちゃってて、どうしても手品をまっすぐ見れない自分がいるんだよなー。明らかに怪しいのとかすぐに分かっちゃうのでwまぁココイチみんな盛り上がってたからこれはこれでエンターテインメントとしては大アリなんだろうな。こんなひねくれた俺が申し訳なくなってくる。

そして最後の出演者はひたすら酒のんでロックンロールな若者だったなー。俺が若い頃にこんな年上の人いたら嫌だなーって思っただろうけど、こうやって若者がこんなのをやってるのは笑ってみてられる自分がいるんだなーなんて不思議な感覚だった。メッセージが伝わる音楽というよりは雰囲気を楽しむ音楽ってのもあるってことかな。

にしても酒が進む夜だったかな。そんな風にライブハウスを楽しむことが出来たのは普段弾きたがりで「ライブハウスでお酒を楽しむ」って事に慣れてるからだろうな。でもそれが本来あるべきライブハウスの楽しみ方なのかも知れない。

そんなライブハウスに多分今年の新入社員であろうみたいな、メガネかけて髪の毛黒くて髪型おとなしくて、スーツ着てみたいな子らがたくさん集まって背伸びした酒のんでケラケラ笑ってるのとか日本もまだまだ捨てたもんじゃないよな。

そんな土俵でプレイできる森智義がちょっとうらやましくも思った。

いい夜だったなー。

お疲れさんでしたー。

プピリットパロ @渋谷TSUTAYA O-WEST

仕事終わりで渋谷に向かう。ラッシュアワーのJRはホントに嫌いなので裏ルートのバスで渋谷を目指しなるべく人のいないとこを歩く。

着いたところでちょうどアシュラシンドロームがやってた。ちょうど先日久々に五弦に行った時にアシュラのMV見てたから超タイムリーだった。

転換中はDB芸人と呼ばれるドラゴンボールのキャラに扮した芸人がMCで入ってるんだけど、なかなかいい感じで会場を盛り上げていた。俺なんかはそもそも漫画も読まないし、ちょっと前のドラゴンボール世代だから言ってるセリフの半分くらいしかわからなかったりしたけど、みんなにはどストライクな感じだったんだろうな。

ドリンクを追加で買いに行くくらいのタイミングでPAN。MCでも言ってたけど絡み無かったんだねwそういうところに飛び込んでいくPANの姿勢って昔から何も変わってない。そうやって常にベースアップをしているバンドがPANなんだよな。聴きたかった曲も聞けたし、結構たっぷり曲もやってくれて満足。

プピの前もまた芸人さんたちが盛り上げに来てくれて、からのライブ。このツアーのすぐくらいにうちら対バンしてたよなーとか思い出したり。PANも言ってたけどきっかけはうちらも同じようにギターの福から熱量たっぷりのメールをもらって、気になったから俺は一回呑みに行って、そこから距離縮まって一本一緒にやるのを決めたっけ。

とにかく池袋のAdmって箱からぐんぐんのし上がっていってO-WESTまで上り詰めた感がすげーあったステージだったし、芸人さんとのコラボとかも多分福のアイデアなんだろうなーなんてキレ者感をひしひしと感じた。素晴らしいエンターテインメントだった。普通に見入っちゃったなー。ステージ短いって思ったくらいだし。

いやしかし良い意味で「ノッてるバンド」ってのを観た感じがしたなー。本人に言わしたら多分「必死です」って言うと思うけど、そうやって必死にやってるからこそ見れる景色だと思うんだよな。渋谷の平日をああやって形にできることってホントすげー。そしてそこに自分が立ててない事に悔しい思いもたっぷりある。

終演後に裏に行かせてもらってアシュラのナガやPANのカワさんと話も出来た。ヒマワリの音源も渡せたし。何か知ってるバンドたちのイベントだったからこそ刺激受けるものが多かったなー。ワンマンに向けて良いものを持って帰って来れた気がした。

今週は柏。そしていよいよ大阪のワンマンが10日を切った。追い込んで行かなきゃな自分を。

がんばりますー。お疲れさんでした!

レインコート

昨日はSHACHIのスタジオ。いつもどおり梅ヶ丘に向かう予定なんだけどあいにくの雨。いよいよ梅雨っぽい季節になってきた。

スタジオのある日の朝に雨が降ってるときは結構憂鬱。夜の時間帯のスタジオなので、電車移動だと帰宅ラッシュ時の電車に乗らなきゃならないので楽器持ちは超ひんしゅく。

あとは移動もやはりコの字型に電車移動するよりも、ストレートにバイクで行けるほうが時間も全然違うわけで、やはりバイクを選択したいところ。

が、やっぱり雨かー・・・ってなる。

ちょうど出発くらいの時間に雨が少し霧っぽくなったので、その隙きを狙って環七のドンキホーテにイン。そこでレインコート購入。

すげー昔に買ったのはもう前のバイクを処分した時に捨ててしまっていたので、ぶっちゃけちゃんとしたレインコート買ったのなんて20年ぶりくらいかも。ドンキホーテだからってのもあったと思うけど、2000円くらいでバイクで乗れるくらいのを帰るのはかなり助かる。

色も色んな種類があって選べたんだけど、流石に迷彩色とかバイク乗るのにわざわざ目立たない格好してたら危ないだろって思うwということで一番目立ちそうなオレンジ色をチョイス。この歳にもなるとそんなド派手な色でも動じない。むしろ命には置き換えれない。

てことで長靴とレインコートというフル装備でスタジオへ。久しぶりにそんなフル装備したから「ホントにこれ濡れないのかな?」とか不安になる。そしてマジで全然濡れてなくてテンション上がる。やっぱレインコートすげー!

考えてみれば釣りに行く時にも使えそうだし、雨とか気にせずにバイク乗れるし、何で今までこれ持ってなかったんだろう?ってくらいだな俺。

この歳でレインコートに感動してしまった夜だったw

今週末の柏もがんばりますー。

おつかれさんでしたー。