ひたちなか散策


ふと思い立って突然決めた土日の旅。今回は茨城はひたちなかに行ってみようかと。

旅の目的は何となく海鮮が美味しそうなところと、釣りができれば…と。ノリ的には完全にぶらり途中下車の旅的なローカル電車に乗って終点まで行ってみる。

東京駅で駅弁を買って昼メシを食べながら水戸の次の駅の「勝田」というところまで行く。ここがひたちなか市の中心っぽい。てっきり「ひたちなか」なんて駅があると思ってたんだけど、どうやらこの勝田がそれっぽい。

ちなみに今回でやっとわかったんだけど、ひたちなかって常陸那珂なんですね。なるほど。

勝田駅からひたちなか海浜鉄道湊線っていう電車に乗って終点の阿字ヶ浦駅まで。去年乗った銚子電鉄も良かったけど、今回もまた地方のローカル線が田園を抜けて海岸線に出る感じが最高。クセになるわー。この阿字ヶ浦ってところは海水浴場っぽいんだけど、まだ海開きじゃない?のと台風が近づいてたっぽいので人が全然居なかった。まぁ都会の喧騒から離れたくてこんなところまで来てるんだから混んでないに越したことは無い。とりあえず空気が良い!そこから釣りができそうなポイントまであるこうかなー?なんて歩いてたところで見つけた神社からパワーを感じてしまったのでとりあえずお参り。ここは「酒列磯前神社」という神社でどうやら大洗にある磯前神社と兄弟っぽいところらしい。入ってみてわかるけど、パワースポット感が半端じゃなかった。そこから海の方に降りて沿いにずっと歩いてたんだけど、歩道がないwそもそも無いっぽいのは人が歩かないからだろうか?完全にバックパッカー気分。途中で見つけたバス停の時刻表を見て愕然。1日1回しか停まらないって・・・。今日行ったら帰ってくるの明日って事??
東京駅で買ってたおにぎりがカバンにあったので、海を見ながらおにぎりで小腹を満たす。おにぎりって絶対外で食べた方が美味しい。そして延々と続く海沿いの道をひたすら南下。磯っぽいところがなかなか見つからず釣りポイントが見当たらない…TTようやくたどり着いた平磯ってところの港でようやくキャストで見事一匹ゲット!20cmくらいのアイナメに似た「クジメ」ってやつ。よく遊んでくれるし重さもあるので嫌いじゃないやつ。一匹釣れて満足ですぐに竿をしまって次の目的地「那珂湊」へ。ここにはお魚市場的なのがあるとの情報をググってたんだけど、その前にせっかく何で名所っぽい反射炉のところを観に行ってきた。反射炉って言えば鉄腕DASHでまだ造り途中のやつね。サイズ感はあったけど、レプリカだったみたいで結構がっかりスポットだったかなー。草ボーボーだったし。

そこから市場の方まで歩いたところで「那珂湊焼きそば」っていうご当地ぐるめが食べれるお店を見つけてイン。考えてみたら電車で食べた駅弁からの食事だった。ただの焼きそばだろーなんて思ってたけど、これがめちゃめちゃ美味しくてテンションMAX。食レポは食べログ(https://tabelog.com/rvwr/takepunks/)にアップしときます。

宿にチェックインもまだだったのでそこから那珂湊駅にまた戻り電車を待つ。1時間に2本程度の電車の本数なので、一本逃すと30分くらいは待つことになるんだけど、そんなのにも慣れてきちゃって駅の構内を散策したりなんだかんだ時間は潰せた。那珂湊の駅には有名な猫がて寝てたけど見れてラッキー。

宿にチェックインしたらどうやら七夕まつりだったみたいですげーたくさんの屋台やら人やらでごった返してた。そんな雰囲気も楽しみながらちょっと外れたところに会った赤ちょうちんの居酒屋に飛び込んで良い感じの晩酌。旅の醍醐味。

いやしかしめっちゃ歩いたな。軽く3時間は歩いてたからなー。いい運動になったとは思うけど、それ以上にたくさんの発見があったと思う。知らない街を歩くのとか超楽しいぜ。

ひたちなか。なかなか奥深い街だったなー。

八食の打ち上げ

10時チェックアウトだったけど起きたのが9:45。超バッタバタで飛び起きて準備。

昨日は八食のアフターパーティーのBBQに参加予定だったのでとりあえず荷物はフロントに預けさせてもらって、釣り竿だけを持って出発。宿から本八戸の駅まではちょっと距離もあったけど何となく時間もあったので散歩がてら歩いてみた。

一応Googleで電車の時刻表も見てたから1時間に一本くらいしか走ってない単線の列車にちゃんとライドンからの陸奥白浜を目指す。前日までの曇天からバッチリ青空が出た最高のBBQ日和。

みんなは12時過ぎくらいに集まるとの事だったので11時前には現地近くに到着して釣りを始める。あのあたりは釣りスポットとしては超萌えスポットなくらいにヤバイ。朝から晩までやっても飽きない場所だなーって思えた。

結局1時間半ほどやってようやく一匹釣り上げてテンションMAX。・・が、その後三陸だけに昆布が結構大量で、釣り針がめっちゃ引っかかるのを引いてたらまさかの竿折れ・・・。もう3本目だわ折ったの。しかも今回は完全に自分が悪いかな・・って感じだったからちょっと凹み。ま、一匹だけでも釣れてたのが不幸中の幸いってやつだわ。

と言う事で釣りは終了でみんながはじめ出したBBQの方へ向かう。

ザッと見渡すと若いバンドマンだらけ。演者の中じゃ俺が一番年配だったんじゃないか?ってくらい。それでもみんな気を遣ってか色々話しかけてくれてホント嬉しかったわ。主催の田村くんが唯一同い年だったのもギリギリセーフなラインだったかもなw

余るほどの肉と海鮮が延々と焼き続けられ、若い連中はマジで良く食べるw見てるこっちがお腹いっぱいになっちゃうわ。それにしても天気は太陽も出て最高な夏景色。今年一番夏っぽい事してんじゃないかなー?って。

そう言えばROXXのユキさんが連れてきた犬のリリーがめっちゃなついてきたw動物アレルギーなので気がたくさん付いちゃうと大変なんだけど、昔飼ってた自分とこの犬っぽくてめっちゃかわいかった。

帰りはInterlooperのフミヤが市内まで送ってくれたので無事に八戸市街まで戻ってこれた。本当に八戸のバンドマンはみんな親切すぎる。もっとたくさん絡んで色んな話したいなーなんて思う。今回も来なかったけど会いたい奴もいるし。

お土産は市内のスーパーで地元の人が買うものを地元の人が買う価格で買いたかったので適当に味噌と出汁とせんべい汁のせんべい。これさえあれば家に帰っても八戸を思い出せるw

そこから一旦荷物を預けていた宿に戻って鞄を持って新幹線の駅がある八戸駅へ向かう。市街からはちょっと離れたところにあるからバスを利用。こういう路線バスって地名とか降りるバス停の名前とか全然見えなかったり、方向がわからなかったりと結構ハードル高いんだけど、無事にたどり着けた。

新幹線のチケットは混雑することを見越して結構前に駅ねっとトクだ値みたいなので買ったんだけど、これがなんと時間変更不可らしく、結局3本くらい早いの乗れたはずか最終の新幹線まで待ち・・・。さすがに疲れと睡魔が半端じゃなかったので駅の隅っこのベンチでちょっとだけ爆睡。

最終日はなんだかんだで有意義な時間の使い方できて良かったかなー。車が無いから不自由かなー?なんて思ってたけど交通機関とかちゃんと利用できたし、フミヤにも助けてもらえたのもあって何とかなったわ。

また来年も八戸行けるように。色々頑張らんきゃな。もっともっと八戸の事を知りたいなーって思えた今回の三泊四日の旅。

お疲れさんでしたー。

横須賀ランガン

写真 2015-11-15 8 35 51朝は4:30起き。とにかく早えー。結局3時間ほどしか寝れなかったので移動中も極力目を閉じて朝6時前の品川に向かう。あいにくの天気は雨模様。

昨日はユウスケと久々に釣りに行く約束をしてそこで合流。少し遅れそうだとのユウスケと少し早く着きそうな俺だったので朝飯ーって事で品川名物の品川丼。

すげー何でもない立ち食いそばのかき揚げ丼なんだけど、これ食べると昔品川の港で荷揚げとかやってたのを思い出して懐かしい気持ちになれるので、時間があって小腹が空いてる時はちょくちょく食べる。考えてみたら20年以上ある港湾労働者メニューだわな。

とかしてる間にさほど遅れずにユウスケも到着したので、京急の乗り換え口で切符を購入して京急に乗って横須賀方面、浦賀を目指す。

今回買った切符は「ヨコスカグルメ切符」なるもの。これは往復の電車賃、横須賀周辺の電車とバスが乗り放題、横須賀周辺の何軒か選べる横須賀ネイビーバーガーまたは海軍カレーの無料チケット付きで2000円と言うもの。ホントにお得なの?とか考えちゃうけど、実際メチャメチャお得です。多分1000円以上得したわ。

浦賀までは約1時間位だったかな?7時過ぎに到着した浦賀はまだ雨模様だったので、駅前のコンビニでユウスケはレインコートを購入。俺は何となく丈が短そうだったので次のコンビニを目指す。

いきなりバスに乗ってポイントまで移動しても良かったんだけど、自分の目で細かいポイントまで見ていきたかったのでそこから歩いて海を目指す。

30分くらい歩いてかな?ようやく釣りの出来そうなテトラポットなポイントを発見して早速キャスト。ただ、まだ雨も上がってなかったのでかなり危険度の高いスポットだった。が、自分もユウスケも見事に一匹目ゲッツ!幸先の良いスタートだったな。昔の俺らだったらボウズだったんだろなw

とりあえずそのポイントで狙った獲物を捕らえて答え合わせができた訳で次のポイントを探して歩き出す。こんな時にGoogleMAPはめちゃ役に立つ。地形を見ながら道を選んで漁港にたどり着く。

基本あの辺りは釣り禁止が結構激しく書かれていたので横の方でコソッとやってる。そもそもエサ釣りのおっさん達がエビの死骸とかゴミをそのままにしたりして港を汚すからうちらみたいにクリーンにやってる人間が迷惑するのもあるのだ。サーフィンも野外フェスも釣りもゴミはちゃんと持ち帰ろうぜ。まず日本人なら。

そこではユウスケが確実にセオリーヒットをさせてからさらに観音崎方面に歩く。あの辺りは第三海保って言って戦時中に海の要塞にしようとして関東大震災で崩れ落ちたエリアなので海には無数の人工的にえぐられた岩とかが多く魚の集まる魚礁になりやすいのか、魚が目に見えてたくさんいた。

写真 2015-11-15 10 48 28途中の大きな橋から海を見下ろしたら魚の群れが見えたので橋の上からキャストw…ときっちり釣れたのはフグ。上から見てウジャウジャと言う表現が正しいくらいの大量なフグ。超遊ばせてもらったわ。

結局歩いて浦賀から海沿いに観音崎まで4時間ほど歩いて遊んだんだな。そこからフリーパス発動で横須賀駅方面にバスで向かう。

横須賀の駅前は前までかぼちゃ屋でライブの時くらいしか行った事は無かったけど、釣りをやるようになってからの方がよく行ってる気がする。そこでフリーパスのお食事券発動。

写真 2015-11-15 12 39 44行ったのはかぼちゃ屋の目の前にあるTSUNAMI本店。店名は色々言われる時期もあったかもしれないけど、外観から美味そうなオーラ出まくり。真昼間だけに少しだけ行列はできてたけど15分もしないくらいで通された。

写真 2015-11-15 13 14 49初の横須賀ネイビーバーガーだったんだけどこれが半端じゃねー旨い!サイズはマックの三倍くらいかな?何よりビーフがやべーくらいの肉汁。自分でかけるケチャマスだから不味くなるわけもないwいやーあれをお食事券で食べれたのはマジお得。ちなみに定価は1000円超えるくらいのセットね。

そこから少し休もうかと汐入駅前のダイソー寄ってからのドトールで一服。ここまでで1万5000歩くらいは歩いたかな。

写真 2015-11-15 14 58 39若いユウスケはすぐに回復したのか次の釣りに行こうとなり、何となく割引も付いていた猿島に向かう。前にストンピンの野外をやってた三笠公園って言う海っぺりの公園横の乗り場から猿島へは片道15分くらいのフェリー。

写真 2015-11-15 15 39 45最終の戻り便が17時に対してうちらの乗る船は15:30に出航だったので単純計算猿島に滞在できるのは1時間あるかないかくらいwそれでも釣りをやろうとする所は完全釣りキチだわな。

写真 2015-11-15 15 49 12船の上で島の地図は頭に叩き込んで、到着と同時に一目散にヨネノネとかいう岩場を目指す。パンフレットだとここも釣りポイント。島の端から端まで早歩きで10分かからないくらいだったかな?本当ならもっと雰囲気を楽しむべきはずなのに見向きもしんかったなw

写真 2015-11-15 15 56 09と、そこで10分しないくらいでいい感じのヒット!アイナメ系のクジメって魚は20cmくらい。俺らが使ってるセットならなかなかの獲物にテンションマックス!

狭い釣り場だったので早めに切り上げて次のポイントのオイモノハナとか言うとこに行く。パンフレットではこっちの方が釣りはやりやすいと書かれていたけどどっちも変わらんだろ?ってイメージだった。

行った時間帯があまり良くなかったのか生命反応はゼロだったけど、前から歩いてきた親子がデカめのイナダを持って歩いてきてたくらいだから居なくはないんだろうな…と。

写真 2015-11-15 16 44 02結局あっという間に最終のフェリーの時間になってしまったのでサクッと切り上げて三笠公園に戻り、そこから歩いて横須賀中央の駅まで。こんな道のりも釣れた日は足取りが軽い。

帰りに横浜に降りてユウスケも一緒にちょいと呑む約束もしてたので途中下車。考えてみたら昼はバーガーで肉だったので夜は魚かな?と調子に乗って駅前にあった四十八漁場って所へイン。

値段の割には大したこと無かったけど、結果魚にありつけた満足感でオーライ。

で、そう言えば横浜で途中下車した時に切符が出てきたのを思い出して、まさか…と思って入れてみたら入るじゃん!帰りの方向なら途中下車もOKなんだねこの切符!半端ねー!

写真 2015-11-15 22 25 12結構疲れもあったので21時には横浜を切り上げたけど家に着いたのは22時過ぎ。そこから何やかんやしたけど23時には寝てたな。そりゃ1日で3万歩近く歩いたんだからいい運動だったわ。釣れたし疲れたし満足で一杯の夜だったわ。