弾きたがり東京支部会 〜 hopesign TOUR2018

昨日は仕事を16時半に早上がりさせてもらって高円寺に向かった。hopesignのツアーで東京高円寺公演を自分が主催で組んだイベントだ。

普段やってる弾きたがりでは持ち時間が短いので1〜2曲なんだけど、こういう日は弾きたがりの看板でも30分近い時間があったりするので、いつもより曲数がプレイできる。そんな日をちゃんと作りたいなって思って開催。

今回は北海道からhopesignが東京にツアーで来るって話で、これはやりたいってなって組んだ経緯。hopesignのツアーサポートは何度かやってるし、個人的にも好きなアーティストなので。

ここに弾きたがりで一応良心枠に属するミカシュンこと三上隼を誘って弾きたがり色を出しつつもイベント全体のクオリティをグッと上げてみた。

さらに弾きたがり色だけだといつもと変わらないなーと思って、SPLASHのコイケと3SET-BOBのアコースティックセットに声を掛けてみた感じた。

開場は金曜日だったので18時半と少しだけ遅めに設定して、仕事帰りの人でも来れるように考えてみた。で、19時にまず自分が出番。集客的にもきついところは自分が頑張るしか無いので・・。

昨日は、

1.ゴミ
2.ONE
3.Magic Hour

の3曲。もっとやるつもりだったけどタイムを見てたらあっという間にそんな時間だった。喋りが多かったのかなー…。色々反省点はあったな・・・。ゴミで初めてカポを使ってみたんだけど、やっぱもっと練習しなきゃだめだなー。

そう言えば演奏中にチューナーを落としてしまったんだけど、遂にご臨終っぽい…。カツンって落ちただけなのにだめっぽいわ…ショック。

SPLASHのコイケはギターのケンタを連れてきて2人でのプレイだったけど、さすがのヴォーカル力は良かったなー。終わってからコイケもケンタも一人でもやってみたいっぽいこと言ってたのはいい影響なんじゃないかな。弾きたがりの本編にも誘ってみようかなw

ミカシュンは相変わらず耳に残るナイスメロディ。そう言えば年齢の話で若いのは知ってたんだけど、まだ25歳?って焦り。というか出会ったのが20歳くらいの頃だったわけかー。時が立つのはえーなー。

で、サンボブのアコースティックセット。考えてみたらちゃんと見たの初めてだったけど、このスタイルで最近ちょこちょこやってるらしくて場慣れした感じはあった。まだ課題はありそうだったので終わってからアドバイス。まぁ俺がとやかく言えるようなレベルではまだ無いけどw

そしてhopesign。ホントはもうちょっと演奏時間あげたかったんだけど、出演数とか全体の流れを見てたら申し訳ない感じになってしまった。それでもきちっとやることやっていってくれるステージは良いよね。ケンタが結構刺激受けてたのは嬉しかった。こういうアーティスト同士の科学反応とかも主催者の楽しみなんだな。

終わってからくらいのタイミングでOWEAKのダイスケも顔出しに来てくれたり何やかんや金曜の夜は満喫してたなー。こんな感じでワイワイやってる雰囲気がもっと伝われば遊びに来てくれる人も増えるのかなー?なんて思うけど、如何せん知名度がまだまだ低いので…。がんばります!

反省点は多かったけど、こんなのもちょこちょこやっていきたいなーって次に繋がればと強く思った。

ありがとうございましたー。

弾きたがりJAPAN TOUR2017 ~沼津編

昨日は弾きたがりの沼津公演だったが仕事終わりに行くパターンで調整していたのでいつも通りな感じで仕事を片付けて急いで東京駅へ向かった。

弾きたがりのグループLINEがあるんだけど、公演当日はこのLINEが本当に騒がしい。というかリハに参戦で来てない時はメチャうらやましい感じになる。本当はリハから行きたいんだけどさすがに毎月平日に休みを取らなきゃならないのは厳しい・・・よな普通。

と言う事で新幹線に乗る前にビールを購入で公演の途中から参戦するのに追いつけるように頑張る。沼津は三島まで新幹線なので「こだま」っていう各駅停車の新幹線。のぞみとか乗ってれば三島通過なんて東京から30分ほどなのに1時間ほどかかるのがこだま。小玉?児玉?どれなんだろね。

三島駅での乗り換えで一本早いのに乗れたので沼津には20:30に到着。予定では21時くらいかな?と思っていたので早く着けて良かった。それでも見れなかった出演者の内容は#弾きたがりのハッシュタグで流し読み。

言っても7時から始まったイベントに1時間半後に到着したわけで中盤より後の到着。MCワタナベは見れたけどほとんど見れず。それでもhopesignは間に合った!良かったわー。

昨日の題目は
1. reFlap(指弾き)
2. MagicHour
以上2曲。

MCか打ち上げでも言ったんだけど、2曲で弾きたがりを表現しようと思って違う曲持って行こうとか思ってても、やっぱり聴きたいって曲をやった方が良いんじゃないのかな?とか弾きたがりには葛藤はつきものw

ぶっちゃけ途中参加だったのでお酒もちょうどいいくらいに入ってて良いテンションだったかもやっぱリハから呑んでるのは体力的にも辛いんかもね。

がんばって作った新聞は横に置かれてた。ちゃんと見てねーw

で、終わって軽く箱で打ち上げ後は近くのお店にて打ち上げ。パッと見渡せば20代の連中が結構いて嬉しかったな。うちらが保護者的な歳だってのは全然かまわないんだけど、秩父のミカシュンとか三重のタロウとかが中堅としてちゃんと先輩になってるのとか微笑ましい。

ちょうど3年前?の沼津公演からスタートした俺の弾きたがり人生。沼津が毎回節目な感じなんだけど、あの時に比べたらだいぶ若年齢化もできてるような気がしてる。この活動が「ライブハウスって楽しい場所なんだ」ってのにつながればいいなって思ってる。そう言うコミュニケーションの場所であればと。

ま、傍から見たらただの呑みイベントみたいにしか見えないかも知れないけど、通ってくれてる人、バンドマンにはだんだん伝わってくれてるような気がしたって事かな。

何となく満たされてリミット2時過ぎくらいまで楽しませてもらって俺は宿に戻って終了。時間で言ったら5時間くらいの凝縮された時間だけど、こんな5時間も大きな5時間になればよいかなと思えた夜。

お疲れさんでしたー。

hopesign @喜楽 music warehouse

昨日は仕事終わりで高円寺の喜楽 music warehouseというライブハウスに顔を出してきた。北海道からhopesignがやってきたのだ。

とりあえず何も食べてなかったので新高円寺で降りてからの前から気になってたラーメン屋さんへ。こんな時間しかあいてない店だったからちょうど良かった。

ライブハウスまでは高円寺駅からでも新高円寺駅からでもそんなに変わらないんじゃないか?って距離。そもそもそんな場所にライブハウスがあったのなんて10年近く住んでるけど知らなかった。ってか高円寺ってホントこうやって音楽する場所たくさんあるよなーなんて改めて感じた。

昨日のライブハウスは階段3階。エレベーターは無い雑居ビル。1Fも2Fもライブハウスみたいで、すべてのフロアから音が鳴ってたスゴイビルwま、言っても爆音な感じのライブじゃなくて程よい音量のロックな箱だから大丈夫なのかな・・。そうやって考えるとうちらはだいぶ爆音系の箱でやってるよなー。

ライブハウスの広さ自体は普通のバーくらいな感じ。入って特に受付も無くカウンターで入場料を支払ってインな感じ。椅子も用意されていたので取りあえず一杯目の酒だけ購入して席に着く。

昨日はex.WATER CLOSETえっくんが色々口をきいてたみたいなんだけど、自分が到着した時間がちょうどhopesignの前で終わってとりのバンドだったのでえっくん見れず。

いやしかしやっぱhopesign好きだなー。ギターの音なのかなーあのクラシックギターのナイロン弦の音。とあのマイナーコードのさみしさのマッチング。最高だわ。CDも聞いてるから知ってる曲多いし楽しめる。北海道からなのに結構な頻度で東京に来てくれるからこうやって生で見る機会があるのは嬉しいよね。

さらに今回のツアーは沼津が弾きたがりで対バンなのでもう一回見れる。

前に東京に来た時に泊まるところ無いなら言ってくれれば泊めれるよって伝えておいたので、今回は終わったら家に泊まりに来る流れになっていたので俺は先に帰って家を片付けておく。

実は裏番組のACBで、おい、そこの道あけろの海太の最後のライブがあったんだけど、そっちは後約束だったので俺は先約の方へ。確かに見たかったけど、俺は次に期待してるよって事で。さみしい気持ちはあるけどね。

そんなあっちこっちでライブだらけの金曜日。高円寺新しくライブハウスビルがあったことを知ったり、まだまだ発見の多い今日この頃。

お疲れさんでしたー。

hopesign @高円寺稲生座

写真 2016-05-13 20 40 47昨日も仕事の合間に歯医者に行ってきた。前日見つかった怪しいところを診てもらうために。

怪しかった歯ってのが昔に神経を抜いてる歯なので、痛みを感じないからどれくらい進行してるのかがわからない。それもあって診てもらうことにしたのだけど、やはり虫歯だった。それ見つけた俺歯医者なれるなw

今回は小さい虫歯だったので削ってプラスチックで埋めてくれた。さらに八戸でマイクにぶつけて少しかけた前歯も うまいこと削って処置してくれた。この歯医者ホント仕事早くて助かる。

と言う事で俺のデンタルミッションはこれにて終了。無事に週末を迎える事が出来たぜよ。

夜は北海道からhopesignが関東にツアーに来てるって事で見に行ってきた。高円寺の稲生座ってライブハウスはあるのは知ってたけど入ったのは初めて。小さいバーに無理くりステージがあってそこでアコースティックとかができる感じの造り。カレーも出してるみたいで狭い室内にカレー臭が立ち込めてた。ドリンクはバーみたいな感じでいろいろあったので芋の水割りを頂くことに。

いやしかしホントhopesignカッケーな。俺普段はマイナーコードの曲とかあんまり好きにならないんだけど、hopesignは別物なんだよなー。何ていうのか雪国の哀愁みたいな感じがある。一人でクラシックギター片手に全国廻ってるスタンスとかホントパンクだわ。

公演自体はツーマンの最初の出番みたいな感じだったので、hopesignだけ見て新しい音源もゲットして出てきてしまった。次の出番の人は先にリハをやってる時にちらっと見れたのでw

写真 2016-05-13 21 00 33何だかんだであっという間に過ぎた感じがした一週間だったな。前週がGWでやる事溜まってたからってのもあるだろうな。

一週間お疲れさんでしたー。

弾きたがり東京支部会 @高円寺AMPcafe 〜hopesignツアーサポート

昨日は仕事終わりで高円寺のAMPcafeにて弾きたがりの東京支部会だったので、19時には仕事を切り上げて会場に向かった。

俺の弾き語りなんて本当にまだまだ全然なクオリティなので自信を持ってお客さんを集める事ができないのが悔しい。特に昨日みたいに遠方の仲間が来てくれてる時に動員的な力になれないのは辛い。

それでも来てくれた仲間を待ってのスタート。昨日演った曲は

1.ONE
2.smile
3.seasky
4.magic hour

以上の4曲。普段の弾きたがりだと2曲だから単純に倍な感じか。にしてもやっぱりアコギは慣れないのでプレイから何から全然なクオリティだわ…反省点しかない。

からのOWEAKのダイスケは相変わらずマイペースな感じで俺と一緒に弾きたがりパンク枠を支えてくれる。

ラピスは相変わらずハイクオリティなステージだ。こういうのを見ちゃうと反省材料がどんどん増えていってしまう…。まぁ何よりも一に練習二に練習って訳だな。

で、えっくん。ex.WATER CLOSETだけどSHACHIでは対バンした事もなく、この弾きたがりを通して繋がって仲良くなった。ギターの腕は神級で見てるだけで笑っちゃう。ある意味本気で弾きたがってる。コレにブルースハープの組み合わせだから自然と酒は進むよね。ってかここもhopesignと繋がってたとかミラクル。

hopesignは去年の弾きたがり札幌公演で一緒に演ってその場で一目惚れしてCD買ってその後ずっとiPod入れて聴きまくってスルメみたいにたくさん噛んで後味楽しんでた。本当は昨日はお客さんで行ってお酒呑みながらライブだけを楽しもうと思ってたほど。

今回演った曲は新曲が半分くらいだったのかな?知ってる曲は半分程だったけどやっぱり良かったわ。俺が一目惚れしただけあった。間違いない。

公演が終わったタイミングで携帯を見たらまさかの仕事ミッションで手元にPCが無かったおかげで余計時間がかかっちゃって話する時間が減っちゃったのは悔しかったけど最終的に色々話せて良かった。

何となくダイスケたちとはもうちょっと呑みたいモードになったのでhopesignを駅まで送ってから駅前の居酒屋で反省会。昨日は金曜だったけど高円寺の街は大人しかったな。

家に帰ったのは2時過ぎてたな。2日ほど酒を控えめにしてたから結構きたなー。ま、程々楽しめた一日だったから良かったって事だね。あーもうまたhopesign見たいわー。

弾きたがりツアー2014 @札幌KLUB COUNTER ACTION

写真 2014-10-15 6 32 45朝4時半起き。5時にはバイクで羽田に向かう。バイクを手にしてから環七まっすぐで羽田空港にバイクで行く事を覚えてかなり空港へのアクセスが楽になった。帰りの日に酒が呑めないのを除けば大嫌いな満員電車とか始発・終電とかを気にしなくていい心のゆとりは最高だ。

早朝過ぎたので結構お腹が空いてたんだけど、魅力的な空港のメシ屋はまだまだ始まっていないところも多かったので、俺はコンビニでおにぎり+ビールの軽食。今回はJALで特に預ける手荷物は持っていなかったのでタッチアンドゴー(?これってANAだっけ?w)で保安検査をパス。

写真 2014-10-15 9 06 16ちょっとだけ時間があったのでラウンジへ直行。考えてみたらど平日。ラウンジはサラリーマンで溢れかえってた中、俺みたいな私服のだらしないやつがラウンジに居るのはホント「場違い」だと思うわ。ま、そんなの関係ねー・・けどね。30分くらいのステイから時間になって搭乗。札幌までの飛行時間は2時間くらいだったけど、ちょうど持っていたkoboが大活躍。最近変わったルールで「電波を発さない電子機器の使用OK」ってのは俺から言わしたら当たり前だろ?だけど、まぁ規制緩和はウェルカムだ。

写真 2014-10-15 10 04 18という事であっという間に札幌到着。空港~札幌駅までは空港直結の駅のため外気に触れることが無く、札幌駅に着いて外に出た瞬間に実際の温度を体感。冬ですw

写真 2014-10-15 10 17 31早朝の便での移動だったので、全然時間があったのでここんところバタバタしてて入れなかったスタジオに入ってアコギの練習しようとカウンターアクション近くのスタジオをネットで検索してイン。シーラカンスとかっていうスタジオだったと思うけど、凄く綺麗な手作り感満載のスタジオ。ただ、東京よりもスタジオの料金は高かったなー。東京って物価が高いイメージあるけど、逆に地方のほうがこうやって高いケースもあるんだな。でも、スタジオの子がロリクレのジーンズ履いてたの見て凄く親近感を感じちゃったw

写真 2014-10-15 10 32 50からの我等がボス遠藤さんにLINEしてみたら夕方5時くらいにみんなで会おうって話しになったので、そこまで時間があったから昼メシ探しの散策へ。今回の御題は「観光客が行かない地元の人が行く海鮮を食べる」。これは結構難易度高いかな?なんて思ったけどさすがは平日。いつもうちらが行く札幌って週末が多かったので人で溢れ返ってるイメージだったけど、結構歩きやすく学生やサラリーマンもたくさん居る「地元民の札幌」な雰囲気だった。

写真 2014-10-15 12 37 55そのおかげで人の流れに沿って歩いていったらアーケードが切れて・・・って行った先にあったその名も「河童寿司」wかっぱ寿司じゃないよw中に入ったら完全にカウンター+座敷3席のお寿司屋さん。そんなお寿司屋さんがやってるランチが700円しないんだからその時点で大当たり。俺知らなかったんだけど、北海道で「生ちらし」って言ったら海鮮丼なんだねwここにきて一発目から極盛りの海鮮丼ゲットだぜ!今回は引きが良かった。

写真 2014-10-15 12 24 18 からの遠藤さんたちとの合流までもう少し時間があったのでようやくチェックイン時刻になったホテルへ向かう。今回はカウンターアクションになるべく近いところって事でおさえた宿だったんだけど、ものの見事にみんな違うホテルでしたw

写真 2014-10-15 11 44 37先輩たちと合流してから「リハーサル」と言う名のスープカレーを食べに行こうって事だったので黒さんの泊まってたホテルの1Fにみんなで集合してからのカレー屋さんへ。ちょこんと俺もまぜさせてもらっちゃってるけど、まだ沼津から合流したばかりのひよっこですwでも優しい先輩たちはホント快くウェルカムしてくれるので居心地が最高です。それにしてもスープカレーはマジ量が激多いw昼メシからのスパンも短かったのでかなりの満腹・・。

写真 2014-10-15 17 47 50そこからみんなでカウンターアクションへ移動して顔合わせ。この弾きたがりは楽器演奏のリハーサルは基本的に無いのでとてもゆるい感じ。でも、こんなバンドマンの裏の顔でやれちゃうゆるいイベントが何だか凄く性に合う。

スタートまでちょっとだけ時間があったので一旦ホテルに戻ってZOMBIESTARZのCDを取りに帰る。沼津の時はここでまさかの寝堕ちでスタートに間に合わなかったと言う失態があったのでここは我慢wそして戻るとフルメンバーが揃って弾きたがりin札幌が開幕した。

写真 2014-10-15 18 36 49本州組みはレギュラーのex.MARGALINEのテルもなけなしのお金を叩いて合流。北海道組からはAIGHTのヒデ。AIGHTと言えばSHACHI時代に通ってた留萌でまだ高校卒業したばかりくらいのTRIPLE CLUTCHのヒデが現在進行形でやってるバンド。もう5年以上ぶりにあったんだけど、何だか相変わらずなのと顔つきが大人になったのとが何だか嬉しかった。5年ってホントでかいなー。

そういえば自分の前に出演してたhopesignという名前でプレイしてた彼がマジ衝撃過ぎた。衝動買いでCDも買ってしまったけど改めて聴き直してもやっぱり良い。すごいのを見てしまった。LOST IN TIMEの海北も偶然北海道に来てたって事で2曲ほど参戦wなんかアットホームで良かったなー。

写真 2014-10-15 23 30 49終わってからは根室港っていう居酒屋で海鮮打ち上げ。何だかんだ北海道の居酒屋自体も久しぶりかな?地元の人が連れて行ってくれる場所ほど信用できる居酒屋無いからね。激旨海鮮。終始和気藹々のこの雰囲気もまた凄く良い。自分より上の世代の先輩から20代前半の子らまでがみんなで笑える空間ってホント凄いなーって思う。そういう意味で先輩たちが現役で最前線張ってるのは良い刺激になるからやめられない。

写真 2014-10-16 2 51 04からのブログじゃ書けない札幌・すすきのの夜にみんなで溶け込んで行ったのであった・・。