上映初日のアントマンを歌舞伎町のTOHOシネマズで観てきた

昨日は公開初日のアントマンの映画を観に行ってきた。金曜日の混んでる日に映画館に行ったのは何度かあったけど、何気に公開初日に映画を見に行くのは初めて。更には給料日後の月末で歌舞伎町は大賑わい。

映画の開始時刻が22時前だったので、仕事終わりからそこまで少し時間があったので歌舞伎町の界隈で呑もうかと散策するがどこも混みまくってて中々店決まらずからの素晴らしいアングラスポットに突撃で居場所確保。

ただ、映画の前に沢山呑んじゃうとトイレがマジで近くなる。もう何度もそんな経験して学習してるはずなのに結局スタートの時間がそんなんだからしゃーなく呑むわな。

程よいくらいで映画館に到着。待合ロビーも結構混雑してたし、初日ってこともあってかいくつかある中でも結構大きめなシアターだったけどそれでもほぼ満員。MARVEL系は外人さんも結構多いイメージ。観るのは声をちゃんと聞きたいから絶対字幕なので外人が多いのかも。

いやしかし今回のアントマンも良かったなー。とりあえず前作のアントマンの映画と、アントマンが登場するシビル・ウォーはマストで見てたからすぐにキャスティングや小ネタを理解できた。

この一本の映画としても楽しめるストーリーだとは思うけど、ここまでのMCU(Marvel Cinematic Universe)を全部観てるかだけでも映画の楽しみは倍以上違うと思う。もうここまで来ると単純な映画の評論はあてにならないわな。

にしてもホントアメリカ映画の俳優さんの表現力って素晴らしいな。すごくその人の味を出しながらも映画の流れにきれいに溶け込んでる。あ、あと韓国の車のメーカーがめちゃプッシュされてたんだけど、あれもMARVELと韓国の繋がりの太さを象徴してるよなー。大きいスポンサーなんだろうけど、こういうところで夢があるものと自分の国がつながってるってのは盛り上がるだろうなー。

とりあえず感想としては早く次のMCUシリーズが見たい!ってなった事かな。作品として感動有りジョーク有りのバランスの良い映画だったな。

終わってからほぼ終電くらいの時間でエンドロールの途中で帰っちゃう人とか居たけど、MARVELはエンドロールの後のストーリーが超重要なんだけど、何で見ないのかな?って不思議になる。初日だからそのストーリー知ってたとは思えないし…。

終わってシアター出てトイレ行ったら男子トイレも長蛇の列。「何だ、みんな俺と同じくらいトイレ我慢してたのかw」ってなるわな。

翌朝が早いのはわかってたのでラーメンは我慢して、金曜の終電に乗って帰宅。余韻たっぷりの夜だったなー。

おつかれさんでしたー。