今週のZOMBIESTARZは新曲二曲の仕上げにかかる

昨日の夜はZOMBIESTARZのスタジオだった。前回のスタジオは体調不良で飛ばしてしまったせいで新曲づくりの日程がひとコマ減ってしまっていたのは完全に申し訳ないことだったわ。

ということで気合い入れて今回は2時間みっちりスタジオ。新曲の合わしだけでこんだけしっかりスタジオやったのもしかするの今のメンバーになってから初めてかもw

それくらいマーのテンションも最高潮な最近。スタジオ自体が20時半からと少し遅めにスタートしてたので打ち上げもコンパクトな感じだったけどいつもどおり。こういうテンション感が近いからゾンビはそんなにスタジオ入れてなくてもやりやすいのかもな。

みんなと別れてから高円寺に寄って、前にSTARLAND EXPRESSのアー写撮影でお世話になったDodge75が最近移転したって情報を仕入れてたのでそっちも顔だしてきた。深夜のバーに一人でいくとかそんなタマじゃないんだけどここだけは特別なのでw

相変わらず最上階で高円寺をちょっと見渡せるところってのが良いよね。前より少しだけ狭くなったのかな?でもテーブル席もあったし居心地は相変わらず良いと思った。またタイミング合えば行こうと思う。

そう言えば、昨日はまた訃報が入ってきた。こんな立て続けに仲間を失うとかもう意味がわからんくなる。

ニュースやワイドショーでは有名人の人が亡くなったりとかって話題はちょこちょこあるけど、言っても身近では無い話はそんなに考えさせられるところまで行かないが、こうも身近な人間でしかも自分より若い連中が立て続けに居なくなるのはホント辛い。

アラタの件はまだ全然信じられないし、つい先日元気にギター弾いてたの見てたばかりなのでもう会えないとか自分の中で理解ができない。たぶん俺と同じような感じになってるバンドマンもたくさんいると思うけど。

人間ってどうあがいてもいつかは尽きる命だし、幸いなことに自分はまだ両親ふたりとも健在なので、身近な家族を失うってことをまだ経験してないから、今後訪れるそういう事も考えさせられたりする。

今目の前にいる仲間や大切な人が、当たり前のようにいることが当たり前じゃなくて幸せだということ。

そして自分がいま生きていることがどんだけ幸せなことか。

とか。

二日連チャンでこんなこと考えてたら斜め下を見ちゃいそうになるので、この二日間は結構酒を入れてしまった。まぁ仕方ない。

失ってしまった仲間は帰ってこないけど、残された自分たちは強く生きて幸せにならなきゃな。

おつかれさんでした。