実は沖縄の離島は初めて。神様の島久高島へ行ってきた

朝8時にマスターたちが泊まってるホテル集合だったので、7時過ぎにアラームを掛けて頑張って起き、ホテルの朝食を食べて向かう。ホテルの朝食が思った以上にいい感じで逃すのは勿体無い気持ちは貧乏性。

ところが8時にロビーに行ったところ誰もいない…。まさかと思ったけどとりあえず待ってたら全員集合したのがまさかの8:50頃。マジ前日の打ち上げも長ったしもう一時間多く寝たかったわ。

そこから弾きたがりのメンバーで借りてた車に乗って久高島に向かう船が発着する南城市に向かう。那覇からだと西海岸から東海岸までの横断だし、時間も平日九時頃だったので結構道は混んでて出港時刻ぎりぎりに到着。なかなかバタバタはしてたけど、船に乗っちゃえばこっちのもんってやつだ。

今回は釣り竿も持って行ってたのでここでも釣りを。一応神聖な島なのでネットで情報を見てたけど、釣りOKっぽいし島のおっちゃんがやってたのでその横でやらせてもらうことに。

みんなは自転車乗って北の方まで走ってくるっぽいのを言ってたんだけど俺は釣りしながら待ってることに。これはこれで楽しいし。

っと目の前でおっちゃんが水色の見たこと無い魚釣り上げてたので、これは…なんて思ったけど結局坊主。でもすげー魚群を観ることもできたし、めっちゃきれいな海で一人で竿ふってるのとか癒やしだったなー。

島には2時間半くらいのステイで戻ってみんなはBBQをやりに行くとのことだったので、自分は帰りの飛行機のタイミングもあったし途中の豊見城辺りで降ろしてもらってお別れ。一瞬の島滞在だったけど、このところ瀬戸内海の島行ったりとか島好きになってきてるのでめっちゃ良かった。また色んなとこ行きたいかな。

朝飯から何も食べてない14時過ぎだったけど丁度降ろしてもらったところからお気に入りのそば屋があったので歩いてそこまで向かう。こうやって歩くのはきらいじゃないけど、次回来る時はレンタカーかな?とか思うとちょっとだけワクワクする。

そこから寄り道なんかしながらもモノレールの赤嶺駅まで歩いて宿に戻る。

途中を流れる久茂地川の水がごっそり減って干上がったのを見て大潮のパワーを目の当たりにした。この潮の引きじゃ魚はいないだろうと諦め。

宿で荷物を受け取りタクシーに乗って空港へ。何だかんだで手荷物持ってウロウロするの好きじゃなく、早めに搭乗手続きを済ませてしまったせいで1時間半くらい空港で時間を持て余してしまった。まぁ遅刻ギリギリで慌てるよりいいか。

飛行機は定刻通りで19時くらいに飛んで21時半くらいに東京に着く便。これより後だと帰りのバスとかが混むのを学習済みなので一つ前をチョイス。いつもならここでビールとか呑んじゃうところだけど、YUKIDOKEからの流れもあってちょっと身体のこと考えてお茶にしといた。

飛ぶ頃は曇天の那覇だったけど、雲の上は裏切らない。見事なトリコロールカラーの夕日のグラデーションは最後の贅沢だった。

そんな夢の島から持ち帰った戦利品の数々。今回は太郎のオススメで島らっきょうを大量に仕入れてきた。こいつを浅漬けにしていただこうと思う。去年の秋にも行ってたからマジで半年に一回のペースで行ってる沖縄。最近行き過ぎな気がするけど、行けば行くほど好きになる魔法の島。

今回は会いたい連中に結構会えたのが満足。俺の中ではYUKIDOKE TOURのテンションのまま沖縄に行ったから長いGWだった感じ。幸せなバンドマン生活だぜよ。

さぁいよいよ現実に戻るとして、今度の日曜は富山でフェス!すぐだw

ONEFES楽しみだー

おつかれさんでしたー