深夜のバスタ新宿から夜行バスでまず神戸に向かう

昨日は高松への移動前夜。去年と同じルートで一旦新宿から夜行バスに乗って三宮まで行き、そこから更にバスを乗り継いで四国は高松に行く。

このルートで行くと平日なら7000円ほどで高松まで行けてしまう。更には移動時間を睡眠に使えて一石二鳥。時間があって狭い空間で寝ることが出来る人ならおすすめの移動法。

ちなみに新幹線+JRだと15000円くらい、飛行機だと13000円くらいの計算なので半額で行ける。弾きたがりは利益になる公演では無いのでいかに安く行くかも重要なポイント。

ホントは神戸までバスで行って、そこでレンタカーを借りて往復ってパターンも今年からはありかな?なんて思ったけど、酒呑むのはわかってたわけで瞬で却下…。

深夜のバスタ新宿はいつも混んでる。ここは平日でもそんな感じだから金土日とかはもっとなんだろうなー。同じように「いかに安く」を考えてる人ってたくさんいるんだろね。

ただちょっと前に比べると外国人の人は減ったかも。やっぱこの窮屈な移動は外人には向いてないのかもね。確かに異様な静寂とか文化的にあり得ない国の人っているんだろうな。

これも裏技かも知れないんだけど、行き先が大阪経由の三宮行の場合、三宮着で予約した方が窓側率高め。値段は大阪でも三宮でも確か変わらないので何れにせよ終点まで行く設定の方が良いのかも。

と言う事で窓際席確保で寄っかかって寝れるコース。

あと最近のバスって手すり無くなった?狭いから取っ払ったのかな?俺結構隣の人の肩とか当たってくるの気にしちゃうタイプなので手すり欲しいわー。「ここまでは俺の陣地」的な(笑)

最近は車移動がめっきり増えたので久しぶりにバス乗った感あったなー。そして寝てるだけで着いちゃうなんてホント運転手さんに感謝だ。

たまには良いなPCもスマホもいじらない深夜のバス移動。

お疲れさんでしたー。