弾きたがりJAPAN TOUR2019の沖縄公演は今の場所では最後の那覇outputにて

よく利用する宿だったけど、初めての朝食付きのプランだったのでどんなもんかと様子を観に行ったらすげーいい感じで思わず食べすぎてしまいそうなのをギリギリで止めておく。沖縄なんて食べ物が楽しみで来てるのにこんなところでお腹いっぱいになったら夜までもたない。

YUKIDOKEの疲れはずっと残ってたけど、昨日はしっかり寝れたので結構スッキリした感じ。ホントは朝釣りでも行こうかと思ってたけど、睡眠を選んで正解だったかな。

昼くらいにちょっと早く着いた太郎から連絡があったので一緒に御飯を食べに行くことに。昼飯もだけど、基本沖縄の定食って量が多い。朝飯食って昼飯食ったらいよいよ晩飯まで何もいらない感じ。

が、大の男二人で那覇の平日昼間にやることなんて有るわけもなく、とりあえずお腹いっぱいになったのを少しでも減らすために太郎と国際通りの裏の牧志あたりのディープな町を散策。これが結構楽しかったw

からの行きつけの公設市場のメシ屋でのんびり乾杯してリハのリハという弾きたがり的な呑みがスタート。

17時からはOutput近くの居酒屋で正式なリハがスタートするって事でみんなと合流。

そう言えば那覇Outputの閉店の件は急だったし衝撃だったなー。まだ具体的な次の話はないっぽいけど、このタイミングで弾きたがりだけどライブハウスに行けたのは良かったと思う。十三のファンダンゴと言い、ライブハウスの入っているビルの老朽化問題ってこれからももっと増えそう。これも時代の流れなんだろうけど寂しい。

昨日もまた沖縄のいつもの連中から新顔まで幅広かったし、何より自分が最初に行った沖縄公演の時よりも内地組との距離は近くなったんじゃないかな?ようやく弾きたがりの醍醐味的な部分をご理解頂けてるような気もする。そもそも呑むの嫌いじゃない県民だと思うし。

個人的にはやっぱISWのマーくんやトモヤ、少年レジスタンスのミナトや翔くん、去年つながったHICとか仲間の元気そうな顔を見れてよかった。

昨日はSeaskyの一曲。先日の知事選もあったし、辺野古の話もあったしで自分的な沖縄へのメッセージを歌えればと。でもぶっちゃけホント1曲じゃ何も伝えきれないなと反省。やるならちゃんともっと尺のある時にやるべきだなと。

基地反対とかもちろん平和に越したことは無いので思うけど、単純に潰せとも思ってるわけじゃなくて、きれいな海を汚してまで新しく作ったりする必要は本当にあるの?とか、もうちょっと縮小することはできないの?とかそういうのをキチンと議論してから移転とか作るの話しじゃないのかな?って思うわけです。作ることを急ぐ意味が俺にはまだわからないので。

米兵が全員悪者だとも思わないし、基地で働く日本人も居ると思うからその人達の生活も考えなきゃならないわけだし。ただもうちょっと色んなプランの話ししても良いんじゃないかな?って思うんだよね。ずっと昔から。

まぁ何か変な空気にしちゃうつもりも無いので、俺はそんな意見を持ってる人ってことをステージで言えたら良いかなくらい。

そんな幹部連中も羽を伸ばしてゴキゲン。打ち上げは居酒屋だったけど座りきれないくらい人が集まっててこれ平日だよね?ってくらいの大盛況。沖縄いい街だわー。

最初に行った時は朝の5時位までガンガンやってたけど、今回は二軒目に食堂で〆て4時くらいで終了だった。前日たっぷり寝てたからそんな時間まで大丈夫だったけど、翌朝早いし響くだろうなーなんて思いながら就寝。

長い一日だったけど、沖縄にいるのに那覇の中心部でずっと遊んでた一日。これはこれで弾きたがりの醍醐味なんだけどね。良い交流ができたんじゃないかな。

来年の弾きたがり沖縄は今あるOutputでは無くなってるとは思うけど、早いタイミングで次の場所が決まって営業が始まってたら良いなって心から願ってる。そもそも自分らがやってることはライブハウスを応援する活動だし。

心地よい疲労感と満腹感。

おつかれさんでした。