弾きたがりJAPANTOUR2019にて初めての東北の地、宮古カウンターアクションへ!

朝は10時にチェックアウト。平日真っ昼間の盛岡から宮古までは下道移動で2時間くらい。いわゆる山越えだ。

途中でトイレと昼飯で道の駅に立ち寄ってみたり。

しかしこの山越えなんだけど、みんなスピード出しすぎだろ…自分は法定速度で走ってたけど、ビュンビュン抜かれていく感じ。あんな山道なのに…。

今回の運転のお供のiPodは3.6milkとSKALAPPERがかなりゴキゲンな感じで掛かってくれた。天気も良かったし、自分的にはドライブのテンションが上がる音楽だなーと。

何やかんやで13時頃に一旦カウンターアクションの場所までたどり着く。

みんなとの合流までに時間があったので、今回は竿も持ってきてたので海を探してもうひとっ走り。何となく地形的に釣りができそうな場所がありそうな重茂って半島の方に向かってみた。

詳しい釣果は釣りブログの方にアップするけど、現地に行ったところで地元のおじさんに声をかけられれて、この辺りの港も津波でやらえた話を聞く。震災からこれだけの年月が経っても未だ工事中の箇所はたくさんだ。まだまだ東北への支援ってのは必要なのは明らか。

冴えない昼釣りを適当に切り上げて、カウンターアクションの方まで戻り、入時間まで少し時間があったのでコインランドリーに行く。コインランドリーなんて何年ぶりだろう?なんだかんだで長期出てるのも久しぶりなんだなーってしみじみ。

洗濯中の待ち時間は隣のスーパーで刺し身を買って腹ごしらえ。こうやって地方のスーパーを回って地物の魚を食べるのが超楽しみ。

洗濯終わりでカウンターアクションに戻ってみんなと合流。外看板にこんな風に書かれるとちょっとテンション上がるよね。

リハは太田社長のもりもりへ。こんなに肉食べたの久しぶりなくらいガッツリ肉を食べさせて頂いた。リハだとどうしても気を使ってしまうので、次回はプライベートでも行きたい焼肉屋さん。

そしてもどって開会宣言。

今回は初めての東北巡業って事で、まだ知られていない弾きたがりというイベントを自分たちがちゃんと伝えてこなければと言う使命。前回の三重では不甲斐ないライブをしてしまったので今回は酒も入れず真剣モード。

出演者はいつもよりだいぶ少なめで、本編自体は2時間くらいで終わってしまったけど、何となく足跡残せた気がするので、また来年以降でだんだんこの文化が広がっていけばいいなって思った。何より太田社長がめっちゃ喜んでたのは嬉しかった。

終演後はこれまためちゃめちゃ旨い地魚を出してくれるお店で打ち上げ。もちろん運転があるから酒は入れなかったけど、十分にテンションも保てたし堪能できた。

写真手前のどんこのたたきが肝も一緒にたたかれててマジ絶品。白身魚系が美味しそうだったので冬場が良いのかな?なんて思うけど雪は怖いのでそんな簡単な話じゃないとは思うけど…。

色々早く終わって、23時前には車に戻ることができたのでそのまま出発することに。ただ外は結構な土砂降り…。

マジでちょっと危険じゃないか?ってくらいの雨だったけどこれも試練と超安全運転でその中を走る。幸い同じ方向の車が少なくて煽られる事も無く自分のペースで運転できたのは良かった。

3時間ほど走って夜中の2時くらいにひとあくび来たので、仙台手前の松島辺りのPAで仮眠を取ることに。これくらいで休んじゃう方が逆に楽だと言うこともわかった。

…初めての街宮古は何となく地形や街の雰囲気が伊勢より南の鳥羽とか志摩辺りに似てるなーって思ったけど、どっちもリアス式海岸なんだな。というかリアス式海岸ってうちらのファースト出したレーベルじゃんw何か親近感。

次はもうちょっと地理を勉強して行きたいなー。

お疲れさんでしたー。

(累積生涯走行距離:2703.2km)