下北沢シェルターのMINAMI NiNEの企画「KIRISHIMA NIGHT」で2019年最後の都内ライブ

昼前には起きる。前日がっつり遊んじゃったけど十分寝れたので結構スッキリはしていた寝起き。昼飯はUbarしてその間に支度をして昼前には家を出発。

一足先に下北入りしてスタジオに入る。下北の街は「イカまつり」っぽいのをやってたみたいで超イカ臭い(笑)

スタジオは予定通り2時間弱入ってセトリはきれいにまとまった。今回から1ヶ月限定のクリスマスソングも合わせてみた。チヨンが入って最初の頃に比べたらだいぶ安定感は増したんじゃないかと思うけど結果はライブ次第。

シェルターのすぐ近くのスタジオだったので、そのままみんなで移動して搬入。シェルターの日曜日は昼の部もやってるみたいで搬入時間を過ぎてたけど結構シェルター前が混み合ってた。更にオープン時間が早かったのもあってかリハ時間がかなりタイトに組まれてて主催のMINAMI NiNEがリハ無しというタイムテーブルを出してきたくらい。というか主催なんだしやればいいのにって思うよ。そんなとこ遠慮するもんじゃないよwまぁそれくらい気をつかう奴らなんだよな。

と言う事でリハはウチラが最初だった。すぐに機材をセッティングして音を出し始めたんだけど、モニターが何か調子悪い感じだったのか、最初全然聞こえず最後の方でいきなり聞こえるようになったんだけど…まぁ最終的に音が出てきたから大丈夫か…って感じだったけどちょっと不安要素ありだった。キャビはややハイ抜けが良い感じだったので少し抑えめに。ステージが高いのでお客さんの耳にもそのままキャビの音が飛んでいくから痛いくらいは最前の人きついと思うので。

リハ後はカレンダー用のアー写撮影。出来上がりは・・・お楽しみに!

そんなこんなしてるうちにオープンして一発目のFILTERが始まった。前回は1年以上前になっちゃうけど柏でHOTSQUALLのイベントで対バンしてそれぶりだったけど、相変わらず良いねー。あのファンクな感じのノリがホールをいい感じに温める。

SABOTENは出番前だったので楽屋側から見させてもらったけど、昨日といいここ最近のSABOTENは気合が倍くらい乗っかってる。レコ発ツアー中ってのもあるだろうけどシェルターの温度が一気に上がった。

そして出番。今年最後の東京って事で最初っから気合が入りすぎてちょっと演奏は荒めになっちゃってた気がする。反省点は多いけど良いテンションでライブはできたんじゃないかと思う。モニターは案の定というかリハの最初の状態に戻っちゃってたけど、まぁできないわけじゃないのでそこまで気にせず。それよりテンションが勝ってたって事で。

疾走物語とかONEとか久しぶりにやった気もする。

終わってからすぐに片付けを済ませて缶ビールを一本空けながらMINAMI NiNEを楽しませてもらった。

メジャー行ったりどんどん環境が変化してるMINAMI NiNEだけど、今が一番自由にやりたい事やれてるんじゃないかな?なんて思った。レコ発でも無いイベントで曲の縛りとかも特に無さそうだし、自分らのイベントをシェルターでやってトリやってるんだから勝ち残った感あるな。

昔よりもグイグイ来るお客さんも増えた気がするし、何より堂々とライブできてるのはそれなりの場数を踏んできたからだと思う。この世代の連中がこうやって固まっていくのを観てるのは楽しいし、自分らもまだまだ負けられんわーってケツに火がつく。

そう言えば昨日は結構仲間のバンドマンが駆けつけてたなー。そういうのもさすがMINAMI NiNEの実力だと思う。そんな中超忙しいはずのプピリットパロの福も遊びに来てくれた。こないだの横浜の後でちょうどこの日がオフだったみたいでわざわざ来てくれた。

そんな福を打ち上げでSABOTENのキヨシに紹介した。なんとなく共通項があるような気がしたんだよなー。嗅覚的な。少しは興味持ってくれたみたいだったから、来年あたりに3バンドで一緒になにかできたら面白いなーなんて勝手に想像してた。

打ち上げは遊びに来てたマーがいつも通り場を盛り上げてたし、終始良い空気感だった気がする。FILTERとももっと距離が縮まったと思うし、横の繋がりがまた少しずつ広がっていくのは嬉しい。

何だかんだ結局家に帰ったのは2時前くらいで長い一日だったけど、充実した一日だった。そんな日を提供してくれた、声を掛けてくれたMINAMI NiNEにマジ感謝。今年ラストの東京公演はホント気持ちよく終えれた。

今年は残す所あと3本!全部楽しもうと思う!

お疲れさんでしたー。