弾きたがりJAPAN TOUR2019名古屋場所は今池ハックフィンにて

朝は6時くらいに名古屋駅からちょっと離れた笹島ライブっていうところに到着する。そもそもこのささしまライブってとこ何も無いんだけど何なん?って思って調べたらどうやら線路の反対側は色々ZEPPとかあるエリアなんだね。

朝から昼までは釣りをやろうと計画してたので、名鉄に乗って中部国際空港セントレアがある常滑ってところまで一気に下る。方向的には逆なのかどうかはわからないけど、7時台の平日名古屋駅なんて超通勤ラッシュだったわ。

電車で1時間もかからずに常滑に到着。よくよく考えてみたら常滑って競艇の町だったわ。だから名前も知ってたし妙な親近感あったのかも。

天気も良かったので結構良いオーシャンビューで釣果はゼロだけどマイナスイオンに癒やされまくった。釣果報告は後日fimo(http://www.fimosw.com/u/takepunks)にて。

港町常滑を散策してて気付いたんだけど、陶器の町らしくてそこら中に招き猫とたぬきの置物があった。セトモノもそう言えば愛知県のその辺りの産地だったっけ。

昼すぎには名古屋に戻ってきてリハまでの時間が少しあったので本気のリハに入ってきた。スタジオはSHACHIでも何度か使ったことのあるところでアコギも借りれたので1時間半ほど歌いこむ。ゾンビの新曲の練習もしたかったしナイスタイミング。

そして16時半くらいにハックへ行き、やる気ある隊の太郎と黒さんと合流して1軒目のリハ開場へ。そう言えば昨日は豊橋からISAACのユウイチとKNOTの店長のびーちゃんが出演枠で来てくれた。今回はいつも参加してくれる名古屋勢がことごとく都合がかぶったとの事で出演者はいつもより少なめだったからこういう参加はホントありがたい。

そんな少出演者のため今回は一番目の出番をかって出る。まだアコースティック仕様が仕上がりきっていないゾンビの新曲を披露だったがこれは酷い感じだったわ。まず自分のものになるまでやりこまなきゃだなと反省。ちなみにタイトルは「Mynority」でした。

もう一曲は弾きたがりでずっとやらせてもらってる「MagicHour」。今回はNOSE GRINDのシュンが酔っ払ってかめっちゃ気に入ってくれてZOMBIESTARZってバンドに興味を持ってくれた。名古屋まで行った甲斐があったわーw

昨日は名古屋勢としてヒデタも参戦してくれて最後にきっちり歌ってくれたので何だかんだ締まった。こうやってライブハウスとの交流が続いていることは悪いことじゃないと思うから、次回はもうちょっと出演者も集客もがんばらなきゃなと反省の多い今回の公演だった。懲りずにまた出てほしい。

終わってから更に打ち上げで久しぶりに今池の味仙に行ってきた。もちろん台湾ラーメンを真っ先に頂いたけど、どうやら「エイリアン」と言うとんでもない辛さの注文方法が存在するらしく罰ゲーム的な一杯がテーブルにやってきてたwチャチャオが結構食べてたけど翌日の肛門エラー注意だわマジ。

結構ガッツリ3時くらいまで盛り上がってたなー。黒さんも終始ゴキゲンだったし良かった。

後は内輪ノリにならないようになるべく外の空気が入る環境を作る事を頑張るのみだな。次回は太郎が作った伊勢のライブハウスBARRETで弾きたがり。

その前に7月3日にACBで弾き語り。アコースティック増え始めてます。がんばります。

おつかれさんでしたー。