りさボルト&Hysのツアーセミファイナルシリーズで名古屋ハックフィン

朝は6時位に起床。久しぶりに車中泊ってやってみたけど結構寝れるもんだな。ただこの時期はやっぱ毛布とか持ってたほうが正解だったな。

風呂はアペゼっていうサウナに入りに行ったんだけど、ここってSHACHIで初めて名古屋行った時からずっと使ってた健康ランド。昔は「サウナフジ」って名前だった。建物の中の構造とかはほぼ変わってなかったけど、当時居た客のおっさん達はそのまま爺さんになったみたいに全てが高齢化してた。昔のゲームコーナーは麻雀ルームになってたし(笑)

風呂は60分コース目一杯使ってサウナも入ったりかなりリフレッシュできて最高。その後少し朝の今池を散歩してから駐車場に戻りまた少し寝る。

昼ちょっと前にまた起きて今度はマッサージを30分ほど受けに行く。界隈いかがわしいお店も何店舗化あるけど、中国系のグイグイ揉んでくれるマッサージも結構あるので評判をググってから乗り込む。風呂入ってサウナ行ってマッサージとかマジ休日のお父さんみたいだけどw

そこから昼食後にSHACHIのスタジオ。このところこうやって毎週ヒデタともスタジオに入れてるのはとても良い。新曲の方もようやく固まり始めたし、早く俺のも着手しなきゃな・・っと。

昨日はこのところやってない曲を少し多めに取り入れてみた。東海地区のライブが結構多かったので何本も観に来てくれる人も楽しめる感じが良いなーと思ってセトリは組んでみた。

今池のスタジオだったのでリハ後はすぐにハックまで移動して搬入。すでにりさボルトとHysはリハ中で、ユタ州も搬入済みだった。

リハの転換はバンドセットではないのであっという間で自分らのリハになる。PAは黒さん。このところ黒さんにやってもらうことが多いんだけど、めちゃめちゃやりやすい。外音のバランスは良いのに中にはしっかりギターが聞こえる絶妙な感じとか、楽器の音が生きてるのに歌がちゃんと前にあるのとかさすがバンドマン。

こういう安定感、安心感が老舗ライブハウスの強いところだと思う。

リハ後に開演まで1時間くらい時間があったんだけど、みんな外に出ちゃったのかホールにはりさボルトとHysとのぶとと自分の4人。みんなでスマホいじってるの見て何か笑えてきたので話しかけるわそりゃ。帰りが車の運転じゃなければ酒でも呑んだだろうけどそうもいかないので箱のゼロイチ呑みながら色々会話できたのは良かった。

開演して一発目はユタ州。MC中に聞いてびっくりしたけどユタ州もりさボルト達との対バンは初めてだったんだね。そんなに久しぶりに見た感じはしなかったんだけど、のぶとの髪の毛が伸びすぎてて気になった(笑)それにしてもどこで見てもきっちり仕上げてくる空気感はさすが。名古屋はまだ弱いんですとか言ってたけど、中部TRACKとかブギーとかの流れを考えれば名古屋が一番マッチしてそうな気がするんだけどなー。

そしてスリーマンの真ん中で自分ら。一曲目は久々の道しるべ。始まり方とかも少しだけ変えてみたり、自分らなりの新しいアプローチを織り交ぜたりと緊張感を持ってやれた。あと自分的に前回の荒かった部分を修正して落ち着いてプレイできたんじゃないかなと。

持ち時間が40分ももらえてたので久々な曲とか色々やれたのも良かった。スリーマンだから少しゆったりMCできたりとか(笑)

言っても自分らもユタ州と同じくりさボルト&Hysと「対バン」するのは初めてなわけで思い出は全然無い。ただ、ヒデタは弾き語りとかで何度か一緒にやったことがあるみたいだし、自分も弾きたがりで乾杯したりと繋がっていないわけではない子らだったので、そこまで距離は感じてなかったのは事実。

今回のお誘いもLINE繋がってるんだからLINEしてくればいいのに男気(女気って言葉はあるのかな?)かわざわざ直接電話してきてオファーしてくるという熱量。おかげでメモってる情報間違えちゃったし、やり取りを見返すこともできなかったと言う昭和な感じになっちゃったけど(笑)

何かそういうのに弱いのかなー俺。というか熱量があるものが好きなんだろうなー。

そんな熱量たっぷりのりさボルト&Hysのライブは実に良い空気感だった。本人たちも言ってたけどバンドセットの音圧にはかなわんとか言ってたけど、熱量ってのはそういうのじゃ無いから。それは生で見た人しかわからんのだろうけど。大体そんなの言い出したら竹原ピストルとかMOROHAのあの存在感は何なんだ?ってなるよねwどんな音圧なんかより一瞬で持っていく空気感、熱量の方がよっぽど人を引きつけると思う。それはバンド形態の俺らも同じ。

初めて見た時よりも緩急がすごくついててググって引き込む瞬間が要所々々あったのはツアーやって沢山のライブをやった経験値だろうな。偉そうな事言うけど、大きく成長してたと思う。

そんな連中にこんな大事な日に呼んでもらったことはホント嬉しい。2020年もまたちょこちょこ絡めたらいいな。個人的には来週の弾きたがりのファイナルでも会えるからまぁ絡めてる方かも知れんけどw

打ち上げは近所の中華屋でメシ上げ。23時半には現場を離れ、深夜0時には名古屋を出発。

帰りもソロ運転のつもりだったのでチヨンは普通に呑んでもらってた。帰り道はなんとなく頭にイメージできてたのでナビは要らないかな?とナビなしに挑戦。ぶっちゃけ道とか分岐は迷わないんだけど、予定到着時間が全然見えなくて果てしなく感じてしまったのでルートを見る見ないは関係なしに時間だけわかるようにナビは必要かなと感じた。

朝4時過ぎには無事家まで帰宅。一日酒も飲まなかったし、名古屋からぶっ通しで運転でも全然大丈夫だったのは色んな意味で自信がついた気がする。

キャストが少ない一日だったのでその分キャスト同士の距離が近くなれた一日だった気がする。良き日に呼んでもらえたことに感謝。そしてSHACHIもまだまだがんばります!

お疲れさんでしたー!

(累積生涯走行距離:7446.15 + 350 = 7796.15km)